離婚式

2015年07月07日

星雲便りNo.7:別れても好きな人

昨日は『サラダ記念日』でしたね。第10回目の《サラダ記念日・短歌くらべ》以前ポテトサラダにみかんの句がありましたが(第526号:サラダの国から来た娘)今年はこんな句が…!!


『それだけは郷に従えない義母のモモ缶入りの甘いポテサラ』(秋田県・なまはげ母さん)


いやぁ…お嫁さんのなんとも言えない複雑な心境が伝わってきます~まさかのモモ缶!! なにか果物を入れたくて、ミカン缶がなかったのでモモ缶だったのかしら? はじめて出された時の困惑ぶりもドラマのように脳内再生されますわ(^。^;) でも今ポテトチップスでも「もも味」とかありますよね……なんでそんなフルーツ系にこだわるのかわからない……(ーー;) 私が気に入った今年の作品はコチラです。


『カゴにとる手をふととめた春キャベツ 好きだったのはわたしじゃないのに』(千葉県・加藤智恵さん)

春キャベツが好きだったのは誰だったのか? 最初に浮かぶのはやはり「別れても好きな人」ですけど、もしかしたら彼岸に旅立った家族の誰かがスゴく好きだったのかもしれないし……突然「これ好きだったよな~」なんて思い出す食べ物ってありますよね。春キャベツのやわらかさは今は一緒にサラダを食べることもない、誰かの人柄をあらわしているのかしら? 



お別れ関連で……「離婚式」という言葉は聞いていましたが、結婚式の御祝儀よろしく「御終儀」もあるのですね。日本初の離婚式プランナーは寺井広樹さんという方らしいです。仲人ならぬ「裂人」(なんと読むのかわからない)が立ち会い、参列者が御終儀を持参するんだそうです。この方、2月29日を「円満離婚の日」(4年に1度訪れる2月29日に離婚した夫婦は「円満に離婚できる」として夫婦関係を見直す機会を作ることを目的)として日本記念日協会さまに申請、受理さたそうですが……葬儀屋さんより印象がよくない職業に感じるのは私だけかしら……。



コチラはくもり空の七夕になりそうです。皆さまの願い事が叶いますように!




rohengram799 at 08:08|PermalinkComments(10)

2012年09月14日

あかね雲便りNo.149:招待状

夜中の地震には驚きました!!私はトイレに起きたところで、急に大きな音がしたのでダンナが押し入れかタンスにゴン!!と寝相が悪くぶつかったのかと…(-.-)「テレビ、テレビ!!」とダンナが叫んでいましたが、しばらくは「?」でした…私、大丈夫でしょうか(--;)


沖縄にまた大型台風が接近しているとか……よくテレビの中継で飛ばされそうになりながらアナウンサーがしゃべっていますが、アレは危険なので止めるべきですね。


さて、私は今『三月の招待状』(角田光代)を読んでいますが、離婚式の招待状から話が始まります。離婚式…一般的になってきたのでしょうか? なんか仕掛人がいて、それに乗っかっているみたいで、私はあまり良い印象はないのですが(´д`)


「招待状」って言葉自体は好きですね~なんかオシャレなカードが手元に届く感じです。今の時期だと結婚披露宴のが多いでしょうか?


以前、ダンナに届いた招待状は、新郎・新婦の名字が同じで、住んでいる場所(実家)同じマンションの別の棟で……本当にこういうカップルってあるんだ!!と思いました(゜□゜)


女性からすると、自分の名字が変わらないのはどうなんでしょう?今の名字がキライだから違う名字になりたい!!という人もいるでしょうし、中には本人より名前が気に入って結婚した…なんて人もいるみたいですからf(^^;


そう言えば、上戸彩ちゃんが入籍しましたね。『金八先生』や『エースをねらえ!』『あずみ』のイメージが強いので、もう27歳で奥さまになるなんて、不思議な感覚です(笑)



rohengram799 at 20:47|PermalinkComments(11)TrackBack(0)
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ