飾り付け

2010年12月07日

ひつじ雲便り325:クリスマスツリーの日

う~ん、こんな日まであるのかぁと思った、今日は《クリスマスツリーの日》…1886(明治19)年のこの日、横浜・明治屋に日本初のクリスマスツリーが飾られたことに由来するらしい…正直「ふ~ん」な感想(-_-;)

デパートやホテルなど吹き抜けで、巨大クリスマスツリーを飾ってありますが、片付けとか大変そう…と思う私にサンタさんはやってこない気がします(笑)

ツリーにはいろいろな飾り付けをしますが、リースは「永遠の愛」とか意味があるんだそうです。キャンドルは夜を照らす未来の灯、星やベルはキリストの生誕を知らせるもの、赤いりんごは知恵をもたらす実であり、豊作の象徴。そして子どもが食べたいから飾っているのかと思っていたキャンディは、人と人の絆のお守りなんだそうです。そう聞くとキャンディのレイってなかなかいいじゃん!!とおもいますね♪

クリスマスツリーにはいろんな話がありますが、愛と感謝は絶対はずせないキーワードなんだろうな~と思いました☆


rohengram799 at 09:25コメント(5) 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ