骨まで愛して

2021年10月08日

鹿茸雲便りNo.9:骨 〜 『首の鎖』

昨晩の地震には驚きました。「震源地、ここかよ!」となりましたが、本棚が倒れることもなく停電にも断水にもならず、ケガもありません。皆さまのお住まいの地域、お知り合いの方々は大丈夫だったでしょうか? ご心配いただき、ありがとうございました<(_ _*)>


*****


『首の鎖』という本を読み終わりました。文庫本なのにシュリンク包装されて書店の棚にあって、そんなにヤバい内容なのかと思いながら、ホラーアンソロジーと一緒に購入した本です。コチラは単行本の説明ですが、文庫本の装丁も見ることが出来ます。
あまりおすすめ出来る内容ではないのですが。

https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000190802


地震の後、すぐに眠る気分にもならなかったので読み散らかしている本の中から『紫鳳伝』を手に取りました。ハートフルな『ハルさん』(*)を書いた人が中華アクション物(?)を…と思ってだいぶ前に買ったものです。

【紫鳳伝】
https://www.tokuma.jp/smp/book/b495111.html

人名、役職名、流派名、技名……とにかく読みなれない漢字がたくさんあって、名前なんだか技の名前なんだか、まだちょっと混乱しています。映像化したら華やかで面白そうです。流血まみれですけど(^_^;)


*****


読売新聞朝刊の『こどもの詩』に「骨までだいすき」という横浜の幼稚園年中さんの詩がありました。男の子かな?


「骨までだいすき」 坂詰 丈

おかあさんがしんで
おはかで骨になっても
骨までだいすきだからね


選者・平田俊子さんのコメント
「骨まで愛して」という昭和の歌謡曲を思い出しました。永遠の愛ですね。



まだ小さいので「死」というものがどんなものか、逝く人、遺された人のことなどわかっていないからこその無邪気な言葉だなぁ。「骨まで愛して」は私も浮かんできました。懐メロだ!

https://sp.uta-net.com/movie/4195/


あとこの都々逸も。

お前死んでも寺へはやらぬ 焼いて粉にして酒で飲む


*****


作曲家すぎやまこういちさんの訃報にまた昭和が遠くなった気がします。合掌。



(*)http://rohengram799.livedoor.blog/archives/50700502.html




rohengram799 at 08:55|PermalinkComments(6)

2013年08月24日

入道雲便りNo.26:コツコツと……

8月もあと一週間、天気は相変わらず不安定で島根県は豪雨だとか…局地的な大雨、なんでこんなことに…前月「島根の実家に帰るんです」と言って辞めたホールスタッフの女の子がいるのですが、大丈夫だろうかと心配になります。そしてこんなにムシ暑いのに、コンビニではおでんが売られていました!ちょっと早すぎないでしょうか(゜_゜;)買う人、いるのかな?


昨日から『白砂(はくしゃ)』という本を読んでいます。大学を目指し、働きながら予備校に通う今どき珍しい20歳の女性、高村小夜が一人暮らしのアパートで殺害されてしまいます。下谷署の目黒は相棒・山名と一緒に捜査に…。刑事さんには大学進学で京都でひとり暮らしを始める愛娘がいて、娘には弱い(笑)何となく『はぐれ刑事純情派』の安浦さんみたいです~理詰めではなく人の心の動きを追い、犯人にたどり着く感じ。部下との掛け合いも楽しいです♪タイトルはなぜ「しらすな」と読まないのか気になっていますが、読み終わったらわかるのかな?(・_・;?


『あなたへ』では散骨の話がありましたが、この本ではメモリアルペンダントが出てきます。ここ数年でしょうか、手元供養ということでお骨の一部を身につけられるアクセサリーに加工します…みたいなチラシを見るようになったのは。分骨とかも本当はよくないなんて聞いていた私には、それはどうなんだろう…という気持ちがあります。自分で出来ないので業者さんに頼むわけですし、お骨を預けて大丈夫なのかしらと不安のほうが大きいかなぁ。


関係ないけど、ワンちゃんの火葬をお願いしたら全然知らないワンちゃんたちの骨と混ざっていた…なんてニュースを思い出してしまったり。自分が亡くなった時にダンナや子どもたちにそうして身につけて欲しいかというと、そんなことも希望しないし……綺麗な骨壺に入れて欲しいという願いはあります!


あと昔は「無縁仏になってしまう」と言われれば、遠縁の人でもお骨を引き取りにきてくれたそうですが、今は骨になったら関係ないというように引き取りを拒否する関係者が多くなったというような事が書かれていました。物語ではありますが、現実でもそう違いはないのでしょうね。


今は遺影も自分が納得したものをということで、先に撮影する人もいるようですし、家族葬や自然葬も増えているようですし……弔いのカタチは変わっても、亡くなった人を大切に想う気持ちはそのままであって欲しいですね。


藤圭子さんの訃報を聞いたこともあり、いろいろ考えてしまいました。コツコツと地道に暮らして「骨まで愛」される人間になりたいものです( ̄▽ ̄;)




*前の記事~の返事は月曜日になりますm(__)m




rohengram799 at 18:34|PermalinkComments(9)TrackBack(0)
記事検索
月別アーカイブ