髪型

2021年09月25日

鹿火雲便りNo.17:焼きリンゴ 🍎

『◯◯探偵』という作品ってたくさんありますが、一時期このタイトルの本を読もう!と張り切っていました(笑) その頃にタイトルと表紙が気に入り買った『使用人探偵シズカ』を読み終わりました。

https://www.shinchosha.co.jp/book/180108/

イギリス巻きのヘアスタイルってなんだ? 夜会巻きなら知っているけど…って謎解き以外のことが気になったりしましたが、サクサクと読めました。シリーズ物らしく、気がつかずに違う時期にやはりタイトル&表紙買いしていた『首無館の殺人』が続編だったので、読むことにします。表紙の印象が違い過ぎて続編なんて思わなかった(^o^;)

https://www.shinchosha.co.jp/book/180138/


*****


ある言葉の入った作品を読む(ただし短い話に限る)ことに熱中する時期があるのですが、今は「ぶどう」「桃」「柿」「梨」などの入った話を青空文庫で検索してはストックしています。昨日「リンゴ」で検索したらこんなものが。全文です。



『焼き林檎を投げる』 岸田國士 (*)

見物のやじり方には、古今東西を通じていろいろあるやうだが、昔、仏蘭西では、舞台の俳優めがけて、腐つた卵や、焼き林檎を投げつけるといふ野蛮な風習があつた。 この風習は、後にやや緩和されて、口笛(シツフレ)となり、それでも、このシツフレはなかなか盛んで、「大根ひつこめ」ぐらゐの愛嬌では納まらない場合がある。 そこへ行くと、日本の見物は実に寛大で、役者は誠に気楽だが、そのために舞台がだらけきつてゐる。乱暴を奨励するわけではないが、日本にも役者がヘマをやつたら、梅干か蒟蒻ぐらゐぶつける習慣があつたら面白いだらう。(一九二八・一〇)


焼き林檎を投げつける、ってわざわざ持っていったのか、食べながら観ていたのか……食べ物を粗末にするにはいけないんだぞ! と思いました(笑)


*****


来週はもう10月なんですね。祝祭日のない10月、う~ん、ヘンな感じです。 皆さま、9月最終土曜日、楽しくお過ごし下さいませ。



(*)https://kotobank.jp/word/%E5%B2%B8%E7%94%B0%E5%9B%BD%E5%A3%AB-16084



rohengram799 at 10:00|PermalinkComments(6)

2010年11月01日

ひつじ雲便り284:チョッキン!!

今、私の前を女子高生が歩いています…スカート丈より長い黒髪です…毛先があまりにも不揃いなので、大きなハサミでチョッキン!!したくなります(笑)


いつもは束ねているのかもしれないけど、ひざ裏に毛先があたってくすぐったくないのかな!?と思ってしまいます。


それにシャンプーとか大変そう(笑)



rohengram799 at 12:33|PermalinkComments(9)

2010年10月15日

ひつじ雲便り257:アタマから戦闘開始!?

私はパーマをかけてもお金のムダにしかならないタイプなので、特別奇抜な髪型にした記憶もないのですが~髪型といって思い出すのが『王妃さま~!』明日がキロチン台に向かった日にあたる、フランス最後の王妃、マリー・アントワネット様ですわ!!


『ベルばら』では特に奇抜なアタマはなかったと思いますが(笑)、あの時代、巨大かつらがはやっていませんでしたか?
異様に高さを競ったり、戦艦をのっけているイラストを見た記憶があるのですが…。戦国武将がカブトにこだわったのと似て非なるものなのかわかりませんけど…。


そうそう、王妃さまはウェストが45センチ(((・・;)
コルセットの締めすぎは身体に悪いですよ…と締め上げた方がいい自分のお腹を見て思います…(ToT)



《おまけ》
王妃さまはお洋服にかなりお金をかけたけれど、デザインはシンプル好みだったという話もあります。細い方はなんでもお似合いよね…フン( ̄^ ̄)



rohengram799 at 22:05|PermalinkComments(2)
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ