備忘の果実 〜オスカー戯言日記〜

ようこそ゚+(人・∀・*)+。♪ 自分の好きなこと、興味のあることをチマチマと書いています。

タグ:鯰

昼間はアツいくらいの日がありますが、朝晩は冷えますね。夕方、90歳の男性が行方不明という防災無線が流れて、気温が下がって来るのにどこにいっちゃったの〜!?と心配していましたが、2時間くらい後に発見のお知らせがあってホッとしました。急に雨が降ったり地震もあったりしたので、本当によかったです。



さてさて……「鏝絵」という漢字を見た時にウナギの絵?と思ったおバカさんな私……地震よけ(でいいのか?)でナマズ大明神の絵を飾るのが流行った、という話を読んだことがあるので、ウナギの豊漁を願う絵かと……どこにも「魚」はないのに(-_-;)


「こてえ」と読みます。漆喰で作られた作品のこと。漆喰とは建築資材で壁とかの材料として使われているもの。色をつけて立体的な絵になっています。漆喰レリーフですね。こちらの記事の最後にある月の鏝絵、なんかアンデルセンの世界のような……昔、懸賞で当たったドアチャイムがこんな三日月のデザインだったな、と思い出しました(笑)


【時の記憶】
http://www2.ybs.jp/retrokioku/2019/06/11/10/



ついでに〜山梨の湯村温泉のブログ記事を見つけたので……冬の山梨、富士山が綺麗に見えてイイっスよ🗻

http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/blog-entry-1069.html



昨晩から「明日は雪だ!」とドキドキしていたのに、朝起きたら雨…それもなんか落ち着いた降り具合…私が仕事から帰る頃にはやんでいました。あんなに「大雪」と言っていたテレビはなんなんだ?ものすごい疲労感ですわ(-_-;)


今日はソロモン諸島で大きな地震がありましたね…地球全体でやはり何かがあるのでしょうか?被害が最小限でありますように。


地震といえば思い出すのがナマズですが、栃木市の巴波川(うずまがわ)には『なまずの恩返し』という昔話があるそうです。


日照りが続き、巴波川が干上がってしまった時に、一人の男が川底で苦しんでいるナマズの子を助けてあげた。すると数日後、大雨が降り、村人たちは助かった!数年後、今度は長雨で川が氾濫し、昔ナマズを救った農民の子が川で溺れそうになった。するとどこからかたくさんのナマズがやってきて、子どもを助けてくれた…というお話。一匹の大きいナマズというパターンもあるみたいです。


この民話をもとに黒いしゃもじを二枚重ねて、真ん中から赤い舌(?)が出ている『うずまの鯰』というお守りが、戦後、無病息災・災難除けとして作られるようになったそうです。近年は地元の神明宮のお札が貼られて“地震災難除け”のお守りとして知られるように!ただ、入手困難らしいので栃木市観光協会に問い合わせして下さい!…だそうです(((^_^;)


↑このページのトップヘ