黄桜

2014年06月04日

慶雲便りNo.4:哀愁の老カッパ

明日は雨の予報……カッパを用意しないと!で、今日はカッパの話題です~なんてワケではなく……最寄り駅構内に写真やら生け花やらサークル活動の発表の場みたいなかたちで作品が展示されるのですが、今は絵画サークルのよう。


その中の一枚がチラリと目に入りました。ベンチみたいなのに薄い緑色のヒョロっとした人らしきモノと薄い黄色い人らしきモノが座っているように見える……「ああ、カッパ黄桜か」


……いや待てよ、なんかヘビみたいなのが足元にいないか? それにリンゴみたいなのもある……カッパじゃなくてエデンの園のアダムとイヴじゃないのか?とやっと気がつきました!! でもスレンダーボディはカッパ黄桜……というワケで、カッパについて調べてしまいました!!


http://miroku678.blogspot.jp/2009/09/blog-post_27.html


葛飾北斎もカッパを描いていたのですね。こんなに哀愁漂うカッパを見たのは初めてかも!! Wikipediaで気になる記述がありました。「鉄、鹿の角、猿を嫌う。潜水時間は河童は12時間だが猿は24時間なので闘うと猿に負けるという民話もある。」……猿の潜水時間が24時間とは(;゜∀゜) 『海猿』ですか!? 関係ないですが、大阪の方には「水猿」という水もれ修理の会社があるそうですね。「水猿・岩猿・海猿」とか新しいフレーズが出来そうです( ̄▽ ̄;)


あと「河童も一部地域では冬になると山童(やまわろ)になると言われる。大分県では、秋に河童が山に入ってセコとなり、和歌山県では、ケシャンボになる。いずれも山童、即ち山の神の使いである。また、河童は龍などと同じ水神ともいわれる。山の精霊とも言われる座敷童子などと同様に、河童も一部の子供にしか見えなかったという談がある。」とも。これを読んだ時に、冬も冷たい水の中にいてはかわいそうだ、という気持ちが働いて「山童」という妖怪が誕生したんじゃないかなぁと思いました。冬眠はしないだろうけれど、雪景色を楽しむカッパとか想像するとちょっと楽しい(´∇`)


カッパ関連だと明野照葉さんの『澪つくし』という文庫本に収録されている『かっぱタクシー』がおもしろかったので、オススメです♪




rohengram799 at 19:14|この記事のURLComments(12)

2011年06月18日

第517号:かっぱタクシー

『ねこタクシー』の次は『かっぱタクシー』公開!~もちろん、違います(((^^;)


昨日から『澪つくし』という短編集を読んでいます。朝の連ドラでこんなタイトルのがありましたね(笑)作者は明野照葉さん。私にはお初の作家さんです。


最初の作品のタイトルが『かっぱタクシー』なんですけど、個人タクシー運転手の話です。みんなに覚えてもらいやすく、かっぱのイラスト入り!《黄桜》(日本酒)のイラストが全体にあるとイタ車になりそう!なんて思ってないですよ、ええ(~_~;)


《タクシーでホラー》というと定番がありますが(笑)こちらも無縁です。でも、本当に怖いのは人の情念だと感じましたね。あと女性のいろんな意味での強さと男のヘタレ感がいい具合で、私好みです(^-^)v


歴史なんかも勉強出来るんですよ。浅草の合羽橋の地名の由来や鎌倉の腰越の由来、五頭竜の伝説とか…。この記事を書くにあたり「もしかしたら創作?」(まだ読みかけで解説までたどりついていない)なんて思ったひねくれたワタクシは調べて確認しちゃいましたよ(((・・;)その結果、もっとほぁ~な情報を知ることができました。


朱川湊人さんは漫画で読みたい、恒川さんはアニメか若者ドラマでみたいと映像化を考えるなら、この方のは《世にも奇妙な物語》系でしょうか?特に『三途BAR』はイケてる気がします。華奢な女優さんと渋い俳優さんで映画もいいかなぁ(笑)


「ホラホラ、ホラーよ~」と物凄い寒気を感じる短編集ですね、私にとっては( ̄ー ̄)


rohengram799 at 00:02|この記事のURLComments(12)

2010年08月01日

ひつじ雲便り144:ひんやり☆ヒマワリ

私は、お酒はのみませんが、日本酒にも季節の花を取り入れたものがありました。夏と言えば《向日葵》花言葉は「あこがれ」「熱愛」など。

大きな花から採取した、繊細な花酵母は、一般的な純米酒よりも高い香気成分を有しているそうで、それから作ったのが《 花ひまわり》(300ml 380円)だそうです。

生貯蔵のフレッシュ感が高い香りを引き立てる、スッキリ夏らしい純米酒。アルコール分15度。飲み方はロック・冷やして(5~10℃)~常温で冷酒が特にオススメ♪


花酵母の純米酒シリーズは、他に春限定(2月~5月)《花黄桜》、秋限定(9月~10月)《花芙蓉》、冬限定(11月~1月)《花さざんか》があるそうです。詳しくは、黄桜さんのサイトで

http://www.kizakura.co.jp/



rohengram799 at 00:02|この記事のURLComments(0)
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ