M&A

2014年11月12日

琥珀雲便りNo.12:京都・恋物語

『夜の虹』を頑張って読んでみました……ああ、やっぱりこの人のってこんな感じ(~_~;)な話でした。


「現役日経新聞記者」という肩書きをアピールしたいかのように、主人公は新聞記者。場所は京都、ヒロインは日韓ハーフで韓国人の父とは死別、生家庭に問題がありちょっと精神不安定な大学生。国籍のこと、人種差別的なこと、虐待や不倫などいろんな問題提起をしているわりには表面をさっと撫でただけの、男性に都合のいいお涙ちょうだいラブストーリーに感じました。タイトルとの関連付けもなんだかなぁ…。


前の『青い約束』も「ビジネスマンが泣いています」とか「現役新聞記者が描いた号泣必死!」とか「感動の物語」という帯がついていたけれど、どこで調査したんでしょうか? M&A(企業の合併や買収の総称)の話もまた出てきたし。登場人物も魅力的な人がどこにもいなかった……ポプラ文庫はハズレが少ないのだけれど、もう表紙買いはやめよう( ´△`)


京都が舞台ということでは『僕は明日、昨日のきみとデートする』(七月隆文)を今月読んでいます。京都の美大に通う主人公が一目惚れした女の子は、交際してみると気配り上手でさびしがりやで泣き虫。彼女には大きな秘密があり……僕は明日に向かってすすみ、彼女は昨日に向かってすすみます。ちょっとこちらは混乱してしまいますが(;^_^A 会社に入って2年目くらいのOLさんが号泣しそうな恋物語だなぁと思いました。恋人同士ではなくてもこれはせつない出逢いだと思います。タイムトラベラーの変化球みたいな感じ?


京都を舞台にした本はヒコーキ雲便りNo.38:京都の恋ルージュの伝言に書いたものと梅雨時に読んだ記憶のある『左京区七夕通東入ル』(瀧羽麻子)くらいしか今は思い出せませんが、初冬の京都、旅してみたいですわ。


明日は今は読んでいる『銀色の絆』の感想など、にこやかに書けたらいいなと思っております( ̄▽ ̄;)





rohengram799 at 18:30コメント(6) 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ