twitter

2010年08月07日

第219号:今日はじめて知った「京の七夕」☆

七夕と聞くと、湘南(平塚)や仙台を思い出しますが、今年から京都でも七夕イベントが開催されたようです。


2010/8/6(金)~8/15(日)
堀川会場…今出川通~御池通

鴨川会場…御池大橋~四条大橋


中国には、古くから天の川を隔てた彦星(牽牛星)と織姫(織女星)が一年に一度7月7日の夕べに出会うという伝説があります。そしてまた、織女星にあやかり裁縫や歌、書などの上達を星に願う「乞巧奠(きっこうでん)」が行われてきました。これが奈良時代に日本に伝わり、それまで国内で行われていた機を織り祖霊に捧げる「棚機(たなばた)」というお盆の行事と融合してたものが、七夕の起源と言われています。


「乞巧奠」は、京都でも古くから宮中行事として行われていたそうです。現在でも、冷泉家(れいぜいけ:昔の官職に代々任命された公家)では、旧暦の七夕の時期に行われているそうですから、関西方面にお住まいの方は耳にしたことがある行事なのかも?


長年に渡って受け継がれて来た「一年に一度、願いごとをする」という七夕の節句に改めて目を向け、平和や地球環境をはじめ、様々な願いを全国から募り、寺院・神社に託すという、京都ならではの「現代版・七夕」を実現しよう!!ということらしいです。


京都議定書とかありましたもんね。Twitterでも、たくさん情報提供されているみたいなので、興味があれば~♪


《京の七夕》でも検索してみて下さいね!!





rohengram799 at 05:35コメント(4) 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ