2011年12月

2011年12月31日

第660号:いざ「葉葉」とまいります!!

大晦日も良い天気になりました。明日はもう新年とは不思議な気分(((・・;)

切り抜きなどの整理をしていたら、作家の道尾秀介さんが直木賞を受賞した時のインタビュー記事がでてきました。


『樹海の木々は溶岩でできた硬い地面の上に根を張って生きている。地面からは栄養を摂取することができないので、自分の身体から落ちた葉の養分だけで生き延びているらしい。だから、あまり高い木になれないのだとか。』


そしてこう続けています。


『そういった生き方も悪くはないと思う。思うけれど、ぼくには出来ない。自分以外の誰かとふれあい、たくさんの養分をもらって大きくなり、それまで見えなかった知らない景色を見せてもらうという生き方が、きっと性にあっているのだ。』


昨日読んだおネェ祈祷師びびこ様のブログには、こんな言葉がありました。


『 「はらい」とは、大和言葉では、 「葉が生まれる」という意味で、「葉葉=母」と書くようように、 自分の中から、生命力あふれるキラキラした葉っぱみたいなエネルギーが、 自分のタマシイから広がり、 体や心の邪気を、結果、追い払っていくものです。』


樹と葉の話……ふたりの子どもたちの名前に「樹」の字を使ったのは、枝葉を大きく広げ、夏は木陰で涼しく、冬は落ち葉を用いてたき火で暖を…そんな誰かの役に立つ人間になって欲しいからであったことを思い返しました。


私の中から生まれるエネルギーがあるとしたら、やはりそれはまわりの皆さまからいただいた栄養があってこそだと思っています。自分だけでは、この妄想も肉体も肥大し(泣)歪みまくりのワタクシを支え、まっすぐ成長させることなどできません(´д`)


皆さま、今年もワタクシにたくさんの「栄養」をありがとうございました。訪問して下さること、読んで下さること、コメントして下さること…感謝しております。


いざ「ようよう」と~来年も揚々(アゲアゲか!?)と妖々(ブキミちゃんか!?)と~毎日「おい!シゲル!!」(生い茂る)な記事を書いていきたいと思いますので、お時間がありましたらどうぞお付き合い下さいませ。良いお年を(*^^*)




rohengram799 at 10:40コメント(24)挨拶 

2011年12月30日

第659号:愛しき言尽くしてよ

今年も今日と明日の2日ですね。ダンナだけは28日からお正月モード全開でだらだらしております。


昨日は近くの映画館で『山本五十六』を鑑賞してきたそうで~やはり阿部ちゃんが(--;)「声だけ聞くと多聞なんだけど、顔を見ると違うんだよ~!!」と言っておりました。阿部ちゃんはカッコよすぎますからね(((^^;)


本日、仕事納めのワタクシはオタ息子から《ほむほむストラップ》をもらい「おほほ、皆さま、ごきげんよう♪」な気分でおります。人間、単純なのはいいことです(^o^)v


この年末年始、帰省の予定はないのですが、嬉しい出来事がありました。父が、27日に石和から少し自宅に近い病院に移ることが出来ました。実家はまだ母が叔父に手伝ってもらいながら商売をしているのですが、近くなったので店を閉めてからお見舞いにいくことも出きるようになり、心身の負担もいくらか軽減されると思います。皆さまが父や母、私たちによせて下さったお心遣いに感謝しております。本当にありがとうございます。


今回のタイトルは木原敏江さんのマンガにもありますが(大好き!)大伴坂上郎女の一首(万葉集)です。


『恋ひ恋ひて 逢へる時だに 愛しき 言尽くしてよ 長くと思はば』


意味は恋歌なので「私と長続きさせたいなら、せめて逢える時だけは惜しまず愛を囁いて下さいな、やっとこうして逢えたのですもの…」という女心。でも私が好きなのはこの意味よりも読み方なのです。


「こいこいて あえるときだに うつくしき ことつくしてよ ながくとおもはば」


『愛しきこと』…「いとしきこと」ではなく「うつくしきこと」ですよ、アナタ!!バシバシっ!!(笑)←「ささめきこと」を連想したアナタ、お友達になりましょう(爆)


私は多分、父と会話をすることは出来ないと思うんですよね。だから余計にお見舞いにいった時には「優しくて綺麗な言葉を話したい」といつも考えているのです。まぁ、結果的には看護師さんやヘルパーさんが方言丸出しで話しているので、私も「~じゃん」だの「~ずら」だのになってしまうのですが( ̄▽ ̄;)


気持ちですね、気持ち~私のおかしな文章にも気持ちはたくさんつまっていますので、明日書くであろう今年最後のブログも読みにきて下さいませ(^.^)




rohengram799 at 12:20コメント(20) 

2011年12月29日

ひつじ雲便り551:ニクニクしい時間

最初の休憩時間に書いたとってもNice!!な記事を己のミスで消してしまいました…立ち直れない(ToT)


自分では大丈夫!!と思っていてもダメダメな出来事が増えてきてしまいました…増えてきたと言えば、白髪と体重ですわ(--;)下のヒョロヒョロくんが「また痩せたぁ(TT)」と嘆いているのが羨ましいやら憎らしいやら…でございます。


そういえば、今日は「肉の日」ですね。スーパーにいくとお買い得になっている予感!!でも、お正月に向けて大容量なのかしら…極端に多くはいらないのだけれど。


肉と言えば「スキヤキ」に結び付く庶民なワタクシ、結婚した翌年のお正月に仲人をしていただいたお宅にお邪魔して、スキヤキをごちそうになりました。


が!!ワタクシの知っているわりしたを使ったスキヤキではなく、味付けはお好みで的なスキヤキ…関西風というヤツですか?戸惑うばかりの私~で何だか食べられませんでした(--;)


ちなみにワタクシは肉よりも白菜やら春菊、シラタキに焼き豆腐を愛するタイプです。だから会社にいた時の忘年会とかお酒も飲めないのでかなりソンをしていたと思います('~`;)


皆さまの今晩のご飯は何かしら!?




rohengram799 at 14:56コメント(14) 

2011年12月26日

ひつじ雲便り550:やる気は風呂の中?

クリスマスも過ぎて、新年の準備を…で連休をとったのに、ぐったり疲れて全くやる気のないワタクシ、皆さまはお仕事を頑張っている時間でしょうか?


本当に疲れているのか、怠け者なのか、判断がつかないこの頃…今日は「風呂の日」なのでお風呂掃除から、と思ってもなかなかスピーディーな行動にうつせないワタクシ、ええ、身体が重い、だるいのですわ(--;)


休日のお楽しみ♪だった本屋に出掛ける事もなくなりました。読書もすすんでおりませんし…。


ふと気がつくと左足の人差し指の爪が「お前はもう死んでいる」状態に変色しておりました…右足の親指も何かヘン…ダンナに靴が合わないんだよ、と言われましたが、連日、ひとり台所ごはん…クリスマスケーキもそうだった(;o;)これもイケナイよね、きっと。


そんな母を憐れむように下の息子がアタマをなでなでしてくれます。


突然「“かわいそう”でなくて“ありがとう”だよ」という食べ物マンガで読んだセリフが浮かびました。


「お母さんは、なんだかくたびれてかわいそう…」と思われるのではなく、「ありがとう」と言われるように働かねば…と反省!!そしていつもまわりに感謝する人間になろう!!


来年の目標ではなく、珈琲一杯飲んでからの目標にさせて下さい( ̄▽ ̄;)




rohengram799 at 14:50コメント(16) 

2011年12月24日

第656号:闇が深くなるのは…

今月10日は満月で皆既日蝕でしたが、今度はクリスマスで新月~暗闇の中、ツリーの星がひときわ輝くような気がしますね(*^^*)


明日25日の夜明け前と言えばいいのでしょうか、午前3時10分頃が新月~願うと実現しやすいことは「老後の安定」「責任」「目標達成」「処理能力」などらしいです。キーワードみたいなものですから、その人の現状により解釈はかわるでしょうね。でも「老後の安定」はひっかかるわぁ(((^^;)


少し前の新聞に新月に合わせたわけではないでしょうがく(((^^;)《深井月》という能面が紹介されていました。画像はこちらからご覧下さいませ。


http://www008.upp.so-net.ne.jp/tanuki/noumen/nou_koomote.htm


くり貫かれた目の部分はやはりコワイのですが、ちょっと厚いクチビルが百恵ちゃんぽくてセクシー♪とかアホなことを思っております(^.^)


ワタクシが<孫次郎>という名前を初めて知ったのは、のがみけいさんの『阿修羅花伝』というマンガでありました。その後、赤江瀑さんの小説を読むようになり、「この作品がマンガになったんだ~」と、ちょっと感動(^O^)


物語は京都・嵯峨野の神社から始まります。能の家元とその補佐役の二人が神社にいった時に《孫次郎調伏》と書かれた御札を見つけます。<孫次郎>は女性を表現する代表的な能面で、家元が次の重要な舞台『野宮』を舞う際につける能面でありました。そして能面《孫次郎》に取りつかれたように、面を造り続ける一人の青年は…続く(笑)


この《孫次郎調伏》という言葉、非常に印象的だったのでした。しかし、当時の私(多分中学生)には「なにそれ?」で理解出来ず、のがみけいさんも好きな漫画家ではなかったのに(--;)なぜその単行本を買ったかも記憶になく……その後、皆川博子さんなど耽美な作品に出逢って、今では「調教」と読み間違えるほど成長いたしました( ̄ー ̄)


ああ、私の前途も新月の晩のように真っ暗闇に('~`;)……いえいえ、「闇が深くなるのは夜明け前」オスカーの夜明けは必ずくると信じております!!←もともと深刻に悩んでいないから大丈夫(笑)



追記 貼り付けたサイトの深井面が見られないようなのでコチラで→http://www.tamagawa.ac.jp/museum/archive/2007/192.html



rohengram799 at 20:30コメント(10)アート・博物館・美術館 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

オスカー

QRコード
QRコード