2015年04月

2015年04月25日

桜雲便りNo.25:なんたってドーナツ(≧∇≦)

いつも行く本屋さんのちくま文庫コーナーに『私の幸福論』がないかしらん?と立ち寄ってみたのですが、置いてある本自体が少なくて……そんな中で目にとまったのが『なんたってドーナツ ─美味しくて不思議な41の話』(早川茉莉編集)でした。文庫オリジナルです。『玉子ふわふわ』というのもあるらしい(笑)


ポプラ文庫の『3時のおやつ』というおやつアンソロジーも気になっています(^^;)(;^^)
http://www.poplar.co.jp/shop/shosai.php?shosekicode=81012480



さてさて、なんたっておやつのアイドル(笑)のドーナツ本の中身は……第1章『ドーナツの思い出』第2章『ドーナツの時間』第3章『ドーナツの穴』第4章『ドーナツのつくり方』第5章『ドーナツの物語』……村上春樹・いしいしんじ・江国國香織といった現代の人気作家さんの他、アナタはどなた?という古い文筆家の方々など……ほんの少しドーナツという言葉が出てくるだけの話や切なくなる物語やクスッとしてしまう話、ドーナツが出てくる本の話、ドーナツがある喫茶店の話にドーナツ盤(レコード)の話などなど、読んでいて飽きないです。好みのドーナツもいろいろだし、「ドーナツ」でなく「ドーナッツ」表記もあり、舌鼓を打ったり哲学したり、レシピもあったり……気になる作家さんのところを読むだけでもオモシロイと思います。


「ミルクホール」という言葉が出てきて、私の中では単純に喫茶店のイメージだったのですが、奥原哲志著『琥珀色の記憶 ~時代を彩った喫茶店~』によると「コーヒーを大衆の飲み物として普及させるうえで大きな役割を果たした。当初は店内に新聞や雑誌、官報が備えつけられており、学生たちがミルクを飲みながらそれを読んでいた。牛乳を飲み慣れない人が多かった当時、乳臭い匂いを消すために コーヒーを混ぜて飲ませるるようになり、ミルクコーヒーが中心メニューとなっていった」と書いてあるそうです。学生たちがミルクを飲みながら官報を読む……脱脂粉乳の入っていたあの計量カップみたいなアルミのヤツでミルクを飲むバンカラな学生さん……想像しただけで笑ってしまいます(^◇^)

あと「代用コーヒー」もいろいろあったのですね。タンポポコーヒーは好きです♪ 実際作った方の記事がありました。
http://www.snet.ne.jp/milk32/coffee.html


それから「ペニェ」というモノが出てきました。なんだ、そりゃ?でまたまた検索(笑) 卵を加えた揚げ衣を付けて揚げるフリッターや、生地を揚げて膨らませたものを言うそうです。「こぶ」を表す中世のフランス語 buignet から変化した語で、魚や肉、野菜に衣を付けて揚げる料理や、フルーツなどに衣を付けて揚げるデザート、生地だけを揚げるデザートなど。ドーナツはパン生地 (英 dough )揚げたアメリカのベニェの一種である、とありました。

「天ぷら」も ベニェの一種になるそうです。16世紀半ばに来日したポルトガル人やスペイン人が肉断ち期間に食べていたベニェが定着して、日本の料理の代表となったようです。スペイン語 temporas 「四季の斎日(各季節の木、金、土曜日で、特別な節食と祈りを行なう)」が語源という説が正しいようである……とありました。う~ん、サラリーマンおやじがカワイイOLさんを誘って、天ぷらを食べながら、得意気に話をする場面がうかんできましたわ(; ̄ー ̄A

おやつにドーナツが食べたい!そんな土曜日になりそうです。皆さまも甘く懐かしい時間を堪能して下さいね(*´∀`)ノ





rohengram799 at 08:56コメント(12)空のお城図書館 

2015年04月24日

桜雲便りNo.24:『花嫁』は……!

♪花嫁は夜汽車に乗って嫁いでゆくの~ そんな歌をうたいたくなる読後感が全くない、青山七恵さんの『花嫁』を読み終わりました。青山さんの作品は2、3作読んでいて積ん読本もあるのですが、コレが一番おもしろいかも。


20歳の大学生・若松麻紀は、眠れない時や寂しい時、兄さんのベッドに潜り込むという重度のブラコン。しかし若松家の長男である和俊が、婚約者を連れて来たことで、兄を愛する麻紀はパニックに!これが一話目で「うわぁ、なんて妹だよ(ー_ー;)」二話では兄目線になり、婚約者と出逢ったキッカケがわかります。そして彼女は父の妹の子どもで夏休みによく遊びに来ていた富子だった……富子の両親は離婚して姉妹は父親に引き取られていて、ずっと会っていなかったしスリムになっていた彼女に驚きと少々戸惑いの両親。腕利きの和菓子職人・父は、テレビに取り上げられたこともあり知名度も売り上げもアップして「大福御殿」と言われる自宅も建てて、家族でフランスに行ったり(もとは洋菓子を習っていた)素敵なお父さん!と思っていたら、年に一度だけ、家族に内緒で出かけて行く場所があり……逢い引きの相手は、店のお手伝いをしている弓子さんだったことがわかる三話目。そして夫を支えて繁盛する店を切り盛りし、子供二人を育て上げた母が花嫁に向けて書き出した一通の手紙が読める四話で、若松夫婦の思いもよらぬ過去、子供らの出生の秘密(これはなんとなく早い段階で予想できた)を読者も知ることになるのです。う~ん、愛って家族ってなんだろ?と考えてしまう作品でした。そしてまた「大福」が登場!! 塩豆大福を買ってしまいましたわ(笑)



ゴールデンウィークに結婚式というカップルも多いでしょうか? ウチの二男くんも6月ですか、初めて披露宴に招待されたようで「スーツを新調しないと」と言っていました。ついでに本人の予定をきいてみたのですが、相手がいないと……そうか(´;ω;`)


ダンナが「もし外国の人を嫁さんにしたいって言ったらどうする?」と突然私にきいてきたのですが、そういうケースも考えられますよね。日本語がある程度話せる人だといいな~とか漠然としたことは思いますが……。


息子もなんかまわりからいろんな情報とか愚痴を聞いているらしく「披露宴に招待する人をどこまでにするかとか考えるのがめんどくさいから、海外挙式とかしてもいい?」なんて言ってましたわ。確かに引き出物や衣裳より大変かも……相手の招待者数とのバランスとかもありますしね(~_~;)



そうそう、同じマンモス団地にすんでいて(棟は別)名字も同じふたりが結婚した話をきいたことがあります。新居もその団地だったような……結婚して姓も変わらず実家も近いというのは女性にはいいのかしらん?なんて思いました(^◇^)



若返って痩せて美しい姿になれるなら、自分の着たかったドレスをとっかえひっかえしてたくさん写真を撮りたいなぁ……と思いました(^。^;) 皆さま、ゴージャスでステキな週末になりますように(*´∀`)♪





rohengram799 at 08:45コメント(10)空のお城図書館 

2015年04月23日

桜雲便りNo.23:「たまご」の節句

昨日は夕方から雨になってしまいました……働いている時はあちこち動き回るのでむし暑いな~と思っていたけれど、仕事帰りはヒンヤリでした。


コンビニでちょっと買い物をした時にレジのところに「五月」「恵方」と書かれたチラシが見えました。他の商品に隠れて全部見えなかったのですが、もしや……と思い、検索したらやっぱり恵方巻でした(~_~;) まぁ節分は季節ごとの区切りですし、冬の節分以外のもので5月の「春の恵方巻」8月の「夏の恵方巻」11月の「秋の恵方巻」とか、コンビニやスーパーの販売戦略に関係なく食べている地域もあるようですから、2月に食べるもの!!と言いませんが……もうしょっちゅう「恵方巻」なので、いなり寿司と同じようにいつでも食べるものでいいのでは?と思ってしまいます。「由来を理解していただきましょう("⌒∇⌒")」なんて人はいないんじゃないかしら? そして「恵方呑み」もあったのですね……『日本全国酒飲み音頭』(*)より頻度は低いですが(; ̄ー ̄A


http://ehonomi.net/



中国では立夏に卵を食べるみたいです。『立夏のたまご』という絵本(?)には、ゆでたまごをぶつかりあわせて「たまご突き」をし、最後まで割れなかった卵を「たまごの王様」にする遊びとかの話が書いてあるようです。こちらのブログにその遊びのことも書いてありました。


http://blog.goo.ne.jp/rakurakusms/e/be294440ca3056b4583b2ddd2212ed12



それから「エッグアート」もありますね。イースターあわせて各地で展示会があったみたいで……こちらの作品がキレイでしたのでご覧下さいませ。

http://eggart-blanc.net/eggartgallery.html

あと簡単な作り方の説明です。

http://meruhenegg.blog73.fc2.com/blog-entry-39.html



柏餅にちまきに恵方巻にゆでたまご~端午の節句はひな祭りよりにぎやかな食卓になりそう……「エッグアート」があればさらに華やかですが、なんのお祝いかわからなくなりそう( ̄▽ ̄;)



皆さま、ハードボイルドな1日を!!←意味不明(O.O;)(oo;)



(*)http://www.h6.dion.ne.jp/~jofuan/myhaiku_094.htm






rohengram799 at 08:56コメント(8) 

2015年04月22日

桜雲便りNo.22:チン・トン・シャン

勇ましい五月人形が飾られ、こいのぼりが元気に空をおよぐ季節ですが、市の広報紙にかわった雛人形の写真がありました。それは犬のお散歩をしているような官女~なんだ、これは~と思ったら『狆引き官女』というものでした。
http://takayodoll.exblog.jp/13730624/

「ちん」という名前は「ちいさいいぬ」が詰まったものと言われていて、「狆」という文字は漢字ではなく和字と言われるもので、かつては「家の中で飼育する犬」という意味があったそうです。江戸時代には大奥や各地の大名の間で流行し、また町民レベルでは狆を飼うことが一種のステータスシンボルに……今だとどの犬かしら? マルチーズ、シベリアンハスキー、チワワ、いろんなブームがありましたね。 

狆(ちん)は、他の小型犬に比べ、長い日本の歴史の中で独特の飼育がされてきたため、体臭が少なく性格は穏和で物静か。開国後に各種の洋犬が入ってくるまでは、姿・形に関係なくいわゆる小型犬のことを狆と呼んでいたそうです。庶民には「ちんころ」などと呼ばれていたとか(^。^;) 私が小さい頃には犬の名前に「コロ」って多かったのですが、子犬よりちょっと大きいから「コロ」だったのかしらん?なんて思いました。

大政奉還前後には「江戸の豚 都の狆(朕)に追い出され」という川柳が流行ったそうです。「狆」は天皇が「朕」という一人称を用いることから、天皇(明治天皇)を指し、「豚」は徳川慶喜のことをさしているそうで……最後の将軍である慶喜はいろんなあだ名が付けられていたようですが(女好きというのは聞いたことがあります!)豚肉が好物であったことから「豚公方」や「豚一」と言った渾名があったとか……「肉将軍」でないだけマシかしら( ̄▽ ̄;)

小型犬と言いますと、ビション・フリーゼという犬……カナリア諸島の土着犬を16世紀頃フランスで小型化するのに成功。なんと、貴婦人の間で「香水(入りシャンプー)で洗う白い抱き犬」として流行したそうです。フリーゼとは縮れた毛、ビションは飾るという意味のフランス語。モジャモジャの巻き毛に飾られた犬としてフランス国内で愛されていましたが、今から30年くらい前にアメリカで独創的なカットが開発されて、これがまた工夫され今のアフロ犬みたいなスタイルになったようです。


さてさて、今回のタイトルは発売当初、薬師丸ひろ子ちゃんが「ちゃん リン シャン」(ちゃんとリンスしてくれるシャンプーです…の略)で話題となった、ライオンの「SOFT in 1」から(^◇^) ちゃん=ちん、リン=トン(豚)、シャンはそのままシャンプーですが、官女の黒髪が昔流行ったエメロンシャンプーの「後ろ姿の素敵な貴女~♪」というコマーシャルソングを思い出させてくれたので、バックシャンとも掛けています←古いなぁ(; ̄ー ̄A)

シャンはドイツ語のschn(美しい、の意)からきていて、美しいこと。また、美人。もともとは旧制高等学校生の学生語でした。当時、正面から見ても美人という意味の対語の「トイメンシャン」という言葉もあったそうです~知らなかった! どちらにしても今は死語ですね。


今日はいいお天気になりました。皆さま、さわやかな風に黒髪をなびかせてステキな1日をお過ごし下さいませ(≧∇≦)



rohengram799 at 09:05コメント(12) 

2015年04月21日

桜雲便りNo.21:ほしをつぐもの

今日もまだどんよりしたお天気ですね。明日は晴れるようですが、朝晩の気温差が大きそう……新聞の天気欄を見たら明日の長野は最高気温22℃で最低は9℃……( ̄□ ̄;)!! 体調を崩す人が続出しそうな……皆さまもお気をつけ下さいね。



さてさて、日曜日の読売新聞には《本のソムリエ》というコーナーがあるのですが、「自分を変え幸せになりたい…そんな私にオススメの本はありませんか」というスピリチュアル系自己啓発本をたくさん読み実践してきたが夢が叶わないという45歳の方の質問(?)がありました。回答者は作家の佐川光晴さんで福田恒存さんの『私の幸福論』をすすめていました。ちくま文庫から出ています。『男と女が初めて出会うとき、電車の中であろうが、路上であろうが、互いに見合った瞬間、それぞれに相手を裁いている。眼と眼を交わしたとき、それがいわば「勝負あった」瞬間である』とか『日常的でないものにぶつかったとき、即座に応用が利くということ、それが教養というもの』などなんか面白そうな本の予感(笑)


『私の幸福論』 福田恆存

http://epi-w.at.webry.info/201407/article_3.html

http://okanejuku.blog92.fc2.com/tb.php/433-79df765c



でも、私が注目したのは「話は変わりますが」で始まる最後の文章に出てきた『落語国』です。


~~~話は変わりますが、私はたまに寄席に行きます。先頃亡くなった桂米朝師匠が名づけた「落語国」の人々は、夢はかなわず、金持ちにもなれないのに、かわりばえのしない日々を実に愉快に暮らしていますよ。~~~



最後に(≧▽≦)な顔文字がつきそう~!と思いましたが、落語国という言葉は米朝師匠が言われたものなのですね。私は落語大好きな人々のことかと思っていましたが、ちょっと違った……でもこの国には関所もなく出入自由ですね(*´∀`)♪



落語国について検索した時に『落語国検察録 ご隠居検事の事件簿』(田子忠雄)という本があることを知りました。古典落語が「事件」として現在の検察庁に送られたとき、検察官はどう処理するのか? 『らくだ』の半次に恐喝罪。『黄金餅』の金兵衛に懲役三年。元最高検察庁検事の著者「ご隠居検事」が立ちあがり、落語国の懲りない面々の共述に悩まされながらも、冷静沈着、秋霜烈日、ときに抱腹絶倒の検察ぶりが描かれているそうです。こういうのを見聞きすると、人間の営みの基本は何億年たっても変わらないではないかと思いますわ。いろんなジャンルがあって、老若男女が楽しめて時代にも対応出来て……落語は娯楽の中でもbest3に入りますね(´∇`)
 


続きを読む

rohengram799 at 11:05コメント(10)空のお城図書館落語 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

オスカー

QRコード
QRコード