今日は『航空安全の日』ですね。


1985(昭和60)年の今日、日航機123便が群馬県御巣鷹山に墜落し、520人の犠牲者を出しました。生存者は4人。金属疲労による圧力隔壁破壊が原因とされています。群馬県に行く前に、大月市上空も旋回していたようです。


遺族の方々がつくる「8・12連絡会」が編集したメッセージ集のタイトルから『茜雲忌』とも呼ばれています。


今でも、犠牲になった方々が家族に残したメモが記事になることがありますが、自分が同じ状況になった時に果たして…といつも考えてしまいます…。
千羽鶴が投げ捨てられたりと、心無い行動に憤りをおぼえますが、もう悲惨な記事は読みたくないですね。


たくさんの人の祈りが届きますように…。