この前のすごく冷え込んだ翌朝、夜中に雪が降ったかのよいに、近くの家の屋根が霜で白くなっていました。


「雪」というと、皆さまもいろんな思い出や連想するモノがあると思います。


私が一番に思い浮かべるのは『どんぐりの家』という漫画のあるエピソード。前にかきましたっけ?


耳の聴こえない男の子は、学校の帰り道、雪が降ってきたのがなんだか嬉しくて、急いで家に帰り、母親に教えます。


母親は、縫い物をしていて全然気がついていませんでした。


私たちもそうですよね、冷え込んできたな~、なんだか静かだな~と思ったら雪が降っていた…よくあることです。


でも…彼はずっと『音』のない世界にいます。目に見えない『音』が知りたくて、いろんな本や漫画を読みました。


風はひゅうひゅう、笑い声はアハハやクスクス、雨はザーザー、しとしと…。雪が降る音だって…。


彼は母親に言います。


なぜ気がつかなかったの!?
耳か聴こえるくせにわからないの!?
本に書いてあったよ、「しんしんと雪が降る」って……窓を閉めてもわかるはずだ!!


雪の降る音が……「しんしん」っていう音が聴こえるはずだ!!



ああ、お母さん!!
あなたは、どんな気持ちで男の子のしぐさのひとつひとつ、憤った表情を見ていたことでしょう。


泣きながら、無言で我が子を抱きしめることしかできません。


母親に抱かれ、その肩越しに見た外の景色…雪は降っていました。しんしんと…ただしんしんと降っていました(涙)


他にもたくさんのエピソードがあり、埼玉県に実在する施設です。


興味をもたれましたら、ぜひタオルを用意して読んで下さいね。