2014年01月31日

にじ雲便りNo.25:オモイday~1月の本棚

今年最初の「本棚」のお時間がやってまいりました! 薄い本が多かったので、20冊以上読むことが出来ました。まずまずのスタートでしょうか(^^;)))
今月は思いがけない出来事があったからか、余計に「思い出」絡みの作品が目立つような気がします~「想い」は「重い」の毎日をまた新しい本との出逢いで癒して「摩訶不思議でオモローな毎日」にしていきたいと思います。


千葉天神に行った時に、いかにも…な古本屋さんがあり、入ってしまいました~懐かしい! 乱雑に積まれた本や変色した本、手書きの値札や最後のページに鉛筆で書かれた値段とか……しかし、あまりのホコリっぽさに購買意欲は…(´;ω;`) BOOK・OFFとか発売されて間もない本←やまだまだキレイな本が多いので、それに慣れてしまったのかも……どうしても!な本もなかったし。


来月からは新しいタイトルで空のお城通信を書いていきたいと思っています。またどうぞよろしくお付き合い下さいませm(__)m



*コメントのお返事は申し訳ありませんが、2月からの記事からにさせていただきます(;>_<;)



皆さまに励ましていただいたお礼に、幼い頃のワタクシたち兄妹をご覧下さいませ←次回記事更新時には削除します(2月1日削除しました)。




《1月の本棚:23冊》

「さざなみ」(沢木凜)「落語的ニッポンのすすめ」(桂文珍)「いちにち8ミリの。」(中島さなえ)「時生」(東野圭吾)「あの日にかえりたい(乾ルカ)「山流し、さればこそ」(諸田玲子)「あなたの猫、お預かりします」(蒼井上鷹)「思い出探偵」(鏑木蓮)「その夜の雪」(北原亞以子)「ブランコのむこうで」(星新一)「クラスルーム」(折原一)「アーモンド入りチョコレートのワルツ」(森絵都)「ネネコさんの動物写真館」(角野栄子)「赤々煉恋」(朱川湊人)「からくり夢時計・上」(川口雅幸)「さようなら窓」(東直子)「ひろいもの」(山本甲士)「からくり夢時計・下」(川口雅幸)「さよならの空」(朱川湊人)「脇役スタンド・バイ・ミー」(沢木凜)「ドールハウスの人々」(二宮敦人)「ねじれた過去」(鏑木蓮)「お菓子放浪記」(西村滋)




rohengram799 at 00:01コメント(8)トラックバック(0) | 月刊・空のお城図書館  

トラックバックURL

コメント一欄

1. Posted by 見張り員   2014年01月31日 00:20
こんばんは
いわゆる「古書店」ってときめきますね。ブック●フみたいなのはちょっとかなり違う!古書店にはとんでもない掘り出し物があったりして。
私も近所の古書店に行ってみようと思いました^^。

いいごきょうだいですね、一人っ子の私にはうらやましいお写真です。ご両親の愛情をたくさん受けてるという感じでとてもいいですね♪

私はこのところ「永遠の0」を何回も読み返しています。
2. Posted by なう60   2014年01月31日 08:53
おはようございます。
仲良し「きょうだい」可愛いですね。20冊凄いですね。そして「摩訶不思議でオモローな毎日」のドラマを期待しています。
3. Posted by ミューちゃん   2014年01月31日 16:48
5 オスカーさん、こんにちは
ちょっと前ですが、看板猫が居ると云う古本屋さんに行った時(その時は猫ちゃんには会えませんでしたが…)、その時に見つけた古本がミヤコ蝶々さんの「夫婦善哉」だったんですよ(笑)。蝶々さんと南都雄二さんが出てた人気番組の本だと思うんですけど、この番組がスタートしたのが昭和30年。今は当たり前になってるけど、当時はテレビも、そんなに普及してない時代だから、こうした番組本が出版されるのも珍しかったんだろうなと思いました。それほど人気が有った番組だったんでしょうね(笑)
4. Posted by トリテン   2014年01月31日 19:45
かわいいオスカーさん、しかと確認いたしました。
お兄ちゃんの目線はどこに?
はい、こっち向いて~、と言ったのはお父さん?お母さん?

私も今日は珍しく、市役所支所の図書館へ行って来ました。
古い本が多くて、古本屋さんの「にほひ」がしました(笑)
5. Posted by まろゆーろ   2014年01月31日 20:20
かわいい!!
ふたり寄り添っている姿がなんとも心がざわめきます。
昭和の時代が色濃く残る素敵な一葉ですね。削除される前に何度も目に焼き付けておきます。
これからはこんなにもあたたかなご兄妹おふたりでご両親の歩んだ道を辿って下さい。
6. Posted by ねえさま   2014年01月31日 20:55
遅ればせながら・・・・
お母様がお父様と再会され、
オスカーさんたちにお別れされたと知りました。

死にかけたのでわかるんですが、
お父様のこととっても愛されてたんでしょうね。

お二人の事大事に思ってくれる兄弟が「ある」ことが、
お二人の財産だったと思えます。

遅くなりましたが、ご冥福祈ります。
7. Posted by 猫ムスメ   2014年01月31日 21:27
おまけ画像、ありがとうございます(^w^) 実家に行くと思わぬ宝物?爆弾?が出てきますよね 自分は姉と2人の写真あったかな~あんま覚えてないな~と思いながら見てました

ちなみに私も図書館で「思い出探偵」借りて来ました。読まなきゃいけない本が詰まっているのでいつになるか分かりませんが、オスカーさんと天国のお母様に“想い”を馳せながら読ませて頂きたいと思います。
8. Posted by MEL   2014年02月01日 01:37
>いかにも…な古本屋さんがあり

こういうのは好きです
実際は車で行きにくい立地だったりで
中々機会がないのですが…

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ