美雲便りNo.32:夏の「おやじ」さん遊雲便りNo.1:生身魂

2014年07月31日

美雲便りNo.33:愛・燦燦~7月の本棚

今日で7月も終わりですね。毎日毎月が過ぎるのが早いこと早いこと……!と毎回書いているような気がします(((^^;)


下の子から『ふがいない僕は空を見た』(窪美澄)と『ヒア・カムズ・ザ・サン』(有川浩)を「はい」ともらいました。今回は2冊とも未読! 美雲便りが33号になったので、タイトルもサンサンがつくものがいいなぁ~と思っていたら「Sun」のつく本がやってきてきました(*´∀`)♪


今日は大安吉日、結婚式で三三九度があるじゃないか(笑)  一の杯は新郎→新婦→新郎、二の杯は新婦→新郎→新婦、三の杯は新郎→新婦→新郎という順番で「三杯×三献=九献」いただく儀式。今はこれを完全に行うことは少なく、1杯に付き新郎と新婦が交互にいただくケースが多いとか……私は四半世紀前になりますが、一杯でしたね。その御神酒もちょっと口をつけただけですが(;^_^A


この3つの盃にもそれぞれ意味があって「小盃=過去」で新郎新婦が巡り合ったことを先祖に感謝する意味があります。「中盃=現在」で二人でこれから末永く力を合わせて生きていくという意味、そして「大盃=未来」となり、未来の一家の安泰と子孫繁栄を願います。うーん、挙式前にきちんと意味を理解していたらよかった( ´△`)



先月はあまり本を読めなかったのですが、今月はテンポよく、けっこういろんな本が読めたと思います。夏休みなので親子お出掛け特集などで水族館とかテレビで見ると、『水族館ガール』を読んだからか、働いている人の苦労や魚たちのことなど今までとは違う角度から考えるようになりました。来月もまた一冊の本を通して、新しい発見があるといいなぁと思います。


♪ああ 未来達は 人待ち顔して微笑む 人生って 嬉しいものですね…


皆さまの毎日が『愛燦燦』でありますように。今月もお付き合いいただきありがとうございました。来月もまたどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m





《7月の本棚:計16冊》

「タイニーストーリーズ」(山田詠美)「七夕しぐれ」(熊谷達也)「薔薇を拒む」(近藤史恵)「青天の霹靂」(劇団ひとり)「異人館画廊 盗まれた絵と謎を読む少女」(谷瑞恵)「薔薇忌」(皆川博子)「世話焼き長屋」(人情時代小説傑作選)「冬ごもり」(時代小説アンソロジー)「廃院のミカエル」(篠田節子)「仮縫」(有吉佐和子)「日本文学秀作選 魂がふるえるとき」(宮本輝編)「月と蟹」(道尾秀介)「メグル」(乾ルカ)「うさぎ幻化行」(北森鴻)「水族館ガール」(木宮条太郎)「ギフト」(日明恩)



rohengram799 at 21:03│Comments(10)月刊・空のお城図書館 

この記事へのコメント

1. Posted by まろゆーろ   2014年07月31日 22:25
7月もたくさんの思いをありがとうございました。
目を通していない本、直に触れていない俳句の文字や世界たちがオスカーさんのお蔭で今月も身近でした!!
さてもう間もなく8月。日本人にとっては鎮魂の月でもあります。
どんなオスカーワールドを見せて下さるか楽しみにしています。

天候不順のここのところです。どうかくれぐれもご自愛下さい。
2. Posted by 崖っぷちLidia(リディア)   2014年08月01日 06:48
>水族館!

涼しそう〜〜。夏休みが終ったら出掛けようかな〜〜
3. Posted by なう60   2014年08月01日 08:49
おはようございます。
3つの盃「小盃=過去」「中盃=現在」「大盃=未来」今日の私ありは、過去そして現在更に未来へと繋がってますね。ご先祖供養も大切です。
「さてもう間もなく8月。日本人にとっては鎮魂の月でもあります。
どんなオスカーワールドを見せて下さるか楽しみに」まろゆ-ろさんのコメントに同感です。歴史を正しく理解して「未来の明るい建設的な日本」に繋がる8月を期待です。

4. Posted by ミューちゃん   2014年08月01日 16:51
5 オスカーさん、こんにちは
夏休みに入って、学生さん達は本を読む機会が増えると思うのですが、最近は夏休みの宿題を予備校生が代行するサービスがあるみたいですね…。どれだけでも「うーん…」て考えてしまいますが、読書感想文の代行までやってるらしいですね「読書感想文の書き方」て云う本まである始末いくら忙しいとは言っても対象相手は小・中学生な訳ですから、夜は時間があると思いますし、寧ろ「読書感想文の書き方」を読んで読書感想文を書いて欲しいですね(笑)まぁ、こんなサービスを依頼する親は金持ちなんでしょうね…
5. Posted by オスカー   2014年08月02日 08:47
§まろゆーろ様
都内で激しい雷雨の時もこちらはアレ?と肩透かしの7月でした。本格的な夏が来ると思うと暦は立秋に…でいろんな季節がまぜこぜです! ダラダラしないよう気をつけます(;´д`)
6. Posted by オスカー   2014年08月02日 08:51
§Lidiaさま
単純に考えても水族館の維持管理って大変ですが、海獣や魚類の「ありのままの姿」を正しく理解してもらう仕事って好きじゃなきゃ無理ですね のんびりお出掛けできますように!
7. Posted by オスカー   2014年08月02日 08:59
§なう60様
雑誌のインタビューで「大和」の乗組員だった方が「大和魂なんてない。魂がないからあんな酷いことが出来た」というようなことを話されていました。体験した人でなければ言えない重みを感じました。
8. Posted by オスカー   2014年08月02日 09:03
§ミューちゃん様
書かされている感想文はどこか薄っぺらいモノがあるでしょうね。自分が伝えたいことを言葉を選び洗練させるのは大事だと思いますが、テクニックだけでは…ねぇ(-。ー;)
9. Posted by 猫ムスメ   2014年08月02日 12:19
7月も沢山読まれましたね~。私も7月は“豊作”で、気分も乗り、スイスイ読めました 読書にもそういう浮き沈みってありますよね~。

またタイニーストーリーズみたいな珠玉の短編集があったら教えてください
あれは本当に風呂読向きでした(^∀^)ノ
10. Posted by オスカー   2014年08月02日 13:20
§猫ムスメ様
今は『5分で読める!ひと駅ストーリー』シリーズの「夏の記憶???東口編」を読んでいます! 夏はシャワーですませることが多くなりますが、夏こそじっくり風呂読ですよね(≧∇≦)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
美雲便りNo.32:夏の「おやじ」さん遊雲便りNo.1:生身魂