徳雲便りNo.6:100年前の女の子徳雲便りNo.8:あき風

2016年10月10日

徳雲便りNo.7:体育の日の歌だ ♀_(`O`)♪

今日は10月10日の「体育の日」~ああ、しっくりくるわぁ(笑) ナゼかラジオ体操の歌を歌いたくなるワタクシですが、2番もあるのですね。


♪新しい空の下 かがやくみどり さわやかに手足のばせ 土ふみしめよ


輝くみどりは秋なので紅葉になるでしょうか? 四季を通してラジオ体操をしていたら、健康維持に役立ちますね。私は毎朝伸びをするくらいです……(; ̄ー ̄A



宇多田ヒカルちゃんが久しぶりにCDアルバムを発売しましたね。インタビューをチラチラと見聞きしていたら、海外に移住してあらためて日本語の美しさを感じた、思い出した、みたいなことを言われてました。今回のはどの歌にも横文字がないとか……なくても全く違和感はないですよね。かえってしっとりして、よくその気持ちが伝わってくるような……。


横文字多用の歌って、なんとなく雰囲気でわかるけど、きちんとした意味がわからない、英語圏の人が聞いたら正しいのか?みたいなのがありますよね。ただ、日本語じゃなぁ……と思う楽曲とかありますね。安全地帯の『Friend』は♪さよならだけ言えないまま きみの影の中にいま涙がおちてゆく……という美しい歌詞とメロディで始まります。


♪もうFriend 心からFriend いつまでもFriend 今日から Friend……



これが「友だち(^^)/\(^^)」 ではいけません……!! レベッカの『フレンズ』もですけど(; ̄ー ̄A



話はかわりますが、外国の地名もスゴい当て字がありますよね。漢検一級に出るとか出ないとか(´・ω・`)? 森進一さんの『紐育物語』とか“ヒモを育てる”でニューヨークってなんだよ、ホストの聖地か?とアホなことを考えてしまいますが、ニューヨークの中国名「紐約」から「紐育」となったそうです。そして明治期には「新ヨーク」との記載例も……残念すぎる、いや当時としたら斬新過ぎる字面だったかも(;゜∇゜)


あとコロンボが“考老母”“古倫母”とあり、頭に浮かんだのはもちろん『刑事 考老母』『刑事 古倫母』……考える老母、古い倫理観を大切にする母……市原悦子さんとか泉ピン子さんとか主役でドラマになりそう(o^ O^)シ彡☆



皆さま、アタマの体操もして(私のようなおバカ炸裂はダメですぞ!)楽しくお過ごし下さいませ。





rohengram799 at 09:32│Comments(10)

この記事へのコメント

1. Posted by 猫ムスメ   2016年10月10日 13:09
アメリカにいた時、中国人の留学生が「ベイジン、ベイジン」言うので何かと思ったら「北京」のことでした(^^; こちらとしてはつい「米人」を連想しちゃいますよね(^^;

「新ヨーク」は爆笑しました! 斬新すぎる(≧▽≦) 日本人て当て字や語呂合わせが好きですから、こういうのを公募したら山ほど来そうですね😊✌
2. Posted by Ray   2016年10月10日 14:02
今年の夏、玉置浩二さんのコンサートに初めて主人と行きまして、日本語のわからない彼も玉置さんの歌声にぞっこんとなりました。

すぐにCDを買って、車内で二人で繰り返し聞いていましたが、山のところでなんと言っているのかわからないので、歌詞カードを見てみたら、Friendというタイトルでした!

歌詞って、説明的でなくても、メロディーと共に味わえる美しさがありますね
3. Posted by ミューちゃん   2016年10月10日 16:57
5 オスカーさん、こんにちは
よく考えたら、邦楽の歌には英語が入る事が多く有っても、洋楽の歌に日本語が入っているなんて殆どないですからね。いとしのエリーとか上を向いて歩こうは外国でカバーされてますが、英語の歌詞を日本語に訳すと意味合いが若干、違ってたりしますからね。驚いたのが、この間、通販番組で演歌を集めたオムニバスのCD集が有って、それに欧陽菲菲さんのラブ・イズ・オーバーが収録されてるんですよ(笑)。メッチャ英語使ってますけどJUJUもカバーしてますけどてツッコミたくなりますね(笑)
4. Posted by トリテン   2016年10月10日 22:26
ニューヨークが紐育?とても読めませんね。
ヒモを育てる、やり手婆さんを想像してしまいます(^^ゞ

お馴染みの米・英・仏・独・伊・蘭などはわかりますが、葡萄牙なんて、葡萄畑を掘り返すイノシシか?
ポルトガルなんだそうですよ。
西班牙はスペインですってo(≧∀≦)○
5. Posted by なう60   2016年10月11日 08:57
おはようございます。
「横文字多用」東京都の知事、小池さんが多用して話題になっていますが「やはり知事は、庶民の味方」で「庶民についてこい小池に」でなく「庶民の目線」でわかりやすく「日本語」で説明が
必要と思います。現役の頃、俺についてこい横文字連発の上司と目線を下げて相手の能力に応じての話をする上司、組織も良く知っていました。目線を下げての方が「トップ」へ登る率高くでした。日本語で話して日本語で歌い(歓迎)ましょう。
6. Posted by オスカー   2016年10月12日 19:26
§猫ムスメ様
アイスランドは「氷島」だった気がします……そのまんまでどこにもひねりがありません……残念!(笑)
7. Posted by オスカー   2016年10月12日 19:32
§Ray様
玉置さんのコンサートにダンナさまと! うらやましいです~! 松井五郎さんの作詞も素晴らしいのですが(悲しくさせるなら みつめない……「あなたに」のこのフレーズ、スゴいです!)玉置さんのメロディに歌唱がまた……だらないんですよねぇ! これからも玉置さんをよろしくお願いします(笑)
8. Posted by オスカー   2016年10月12日 19:35
§ミューちゃん様
「ラブ・イズ・オーバー」が演歌になるとは……考えたことがなかったです~なんか雰囲気で決めたんですかね? 秋元さんがまたグループを作るみたいですが、もっときちんとした歌手のしっかりした歌を聴きたいです!
9. Posted by オスカー   2016年10月12日 19:39
§トリテン様
当て字にもほどがある!っていうか読めないし、書けないですよね~! でも伯林(ベルリン)はなんとなく好き…(^◇^)
10. Posted by オスカー   2016年10月12日 19:41
§なう60様
変に固いお役所言葉も困りますが、横文字も聞き取れなくて(笑)あとから確認したくても正しい言葉がわからなかったり…植物の名前なんかも長くて覚えられないですね(;^_^A

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
徳雲便りNo.6:100年前の女の子徳雲便りNo.8:あき風