2017年04月26日

菫青雲便りNo.25:お高やん

井伏鱒二の『駅前旅館』を読んでいます。

【昭和30年代初頭、東京は上野駅前の団体旅館。子供のころから女中部屋で寝起きし、長じて番頭に納まった主人公が語る宿屋稼業の舞台裏。業界の符牒に始まり、お国による客の性質の違い、呼込みの手練手管……。美人おかみの飲み屋に集まる番頭仲間の奇妙な生態や、修学旅行の学生らが巻き起こす珍騒動を交えつつ、時代の波に飲み込まれていく老舗旅館の番頭たちの哀歓を描いた傑作ユーモア小説。 】

番頭さんという響きも懐かしくなりましたね。新潮文庫の表紙イラストのような旅館が塩山駅近くにあった気がします。ウチの隣も今は廃業しましたが、旅館でした。

この番頭さんが幹事になり、仲間たちと甲府の湯村温泉に行くのですが、その道中も甲府に着いてからもなんか懐かしい~! また私の知らないご当地ソング(甲府セレナーデ)や行事(湯村地蔵)やらが出て来て、気になって検索ばかりしているので、ちっともページが先にすすみません( ̄0 ̄;) その中に「お高やんと粘土節」の話がありました。粘土節は山梨の中巨摩地方の釜無川の堤防工事に歌われた作業唄。古来、甲府盆地は四方の山地から流れ出る各河川の氾濫に悩まされ続けてきました。

当時の改修工事は、現在のようにセメントなどという物はなかったので、粘土を大勢の人たちが、かけやなどを使ってつき、固めたというから作業はなかなかはかどりません。そこで、美人で美声の持ち主の「お高」に頼んで、一緒に働いてもらったところ、作業はおおいにはかどり、多くの若者たちが集まったそうな(笑) その当時お高の美声にあわせて歌われたのが、粘土節。しかし、いつどんな間違いが起こもしれないと年寄りたちが気をもみ、「お高」に仕事をやめてもらうことに。若者たちは失望し、作業も手が着かず、年寄りをののしる者まで出てき✋しまい、多くの人が「お高」を捜しましたが、結局行方不明だったとのこと。これが、お高さんは実在しない説になっているようです。

「お高」についてわかっていることは・・・

○明治のはじめ、児玉治右衛門の二女として、小井川村(現 田富町山之神)に生まれる。
○改修工事中の明治23年3月、藤巻茂三郎と結婚し、6男・4女をもうけた。
○昭和7年 60余歳で世を去った。
○現在は、妙泉寺境内の墓地にひっそり眠っている。



粘土節(民謡)


粘土お高やんが
来ないなんて言えば
広い河原も真の闇
ハアゴッション、ゴッション(繰り返す)

粘土つくにも
紅おしろいで
かたい石やさんをまよわせる

きたら寄っとくれんけ
あばら家だけんど
ぬるいお茶でも熱くする

行ってごらんよ
釜無の土手に
粘土お高やん日よけ松

粘土お高やんの
歌声聞けば
重いピール(トロッコ)も軽くなるよ



♪きたら寄っとくれんけ
このフレーズが田舎だ~(*´∀`)♪ 検索すると歌を聴くことも出来ます。また当時の河川工事の大変さもわかります。以前よんだ『椿の海』(矢的竜)も明暦のころ、下総国に椿の海と呼ばれる広大な湖を干拓して水田に変えるという夢のような計画を実行すべく尽力した、江戸の米問屋白井治郎右衛門の話でした。今、当たり前のように綺麗に整備された河川等を見て散策したりしますが、そこに至るまでのことを考えるのも大切ですね。




さてさて、ワタクシ、今日が53歳の誕生日です。「53・・・ゴミ!?」などとダンナさんには言われましたが(オマエも9月にはゴミじゃ💢)「美しさを護る」の意味で、いろんな美しいものを発見し、自分の中に取り入れて、出来れば内外ともにうつくしくありたいと思います~難しいですけど(´ー`A;)



明日は記事更新をお休みさせていただきます。また明後日のプレミアムフライデー(笑)にお逢いしましょうヾ(´ー`)ノ





rohengram799 at 16:26コメント(16) | 空のお城図書館  

コメント一欄

1. Posted by HyperChem   2017年04月26日 17:40
まずは、お誕生日おめでとうございますヽ(^o^)丿。
しかし、ゴミ(53)はないですよねぇ。
でも、そんな会話が言い合えるのはいいことです(^^ゞ。
湯村温泉は、兵庫県の湯村温泉が思い浮かびました。
旅の宿でも人と人の触れ合いはありましたね。
今は、修学旅行でも個室だったり、皆でワイワイしたり、
それもセットで旅は楽しむものじゃないかなぁと思います。
仕事もうまくまとめられる人がいると、全然効率が違います。
そりゃ、美人の美声があれば尚更(^_^;)。
2. Posted by 猫ムスメ   2017年04月26日 19:33
お誕生日おめでとうございます(*^^*)
優しい息子さん方からプレゼントは来ましたでしょうか(←勝手に期待)笑

井伏鱒二がそんなユーモア小説を書いているとは知りませんでした。「上野」「団体」というだけで高度成長期の賑わいが感じられますね😊 当時は今と違い、地方ごとの特色も濃かったことでしょう。早速、図書館で探してみたいとおもいます^ - ^
3. Posted by まろゆーろ   2017年04月26日 20:48
駅前旅館。
発着の汽車の音、人々のざわめき、暮れなずんでいくごとに街の単色の灯りが濃くなっていく。昔の風景って味わいがありました。人情というエッセンスもあったからかもしれません。どこの街の駅前にもそんな賑わいがありましたね。

誕生日おめでございます。
53歳、まだまだこれから大いに発奮してください。
4. Posted by Kay   2017年04月27日 02:46
お誕生日おめでとうございます。
オスカーさんの落ち着いた文体といい、本の選び方といい、辛口甘口相まったコメントといい、一体おいくつ?と不思議に思っておりました。

人生の花盛りのお年頃ですね。若さだけの冒険やら傍若無人さが無くなって、老成するにはまだまだ時間があって、でも沢山体験してきた様々なことが、熟成を始めて。。。もう、楽しい事このうえない50代。
アラフォーだの何だと日本では言われているようですが、40歳なんて、まだ序の口だと思う今日この頃。
40歳にわかった事なんて、それからどれだけひっくり返る事か。

これからも、楽しい日々をお過ごしくださいね。
5. Posted by なう60   2017年04月27日 08:36
お誕生日おめでとうございます!益々のご健勝、ご多幸を祈念致しております。ブログ楽しみにしています。

「粘土節」元気が伝わってきます。
6. Posted by Ray   2017年04月27日 12:26
5 遅ればせながら、お誕生日おめでとうございます!

調べながらだと、本が読み進められないっていうの、とてもよくわかります。
インターネットのおかげで、調べ物が驚くぐらい捗りますよね。私も本文にたどり着かないことしばしばです。(笑)

充実した一年になりますように!
7. Posted by ミューちゃん   2017年04月27日 16:45
5 オスカーさん、こんにちは
1日遅れましたが…お誕生日おめでとうございます4月26日って何故か芸人さんの誕生日が多いんですよね(笑)因みに僕は、「きみの朝」の岸田敏志さんと「とくダネ!」の天達さんと誕生日が一緒だと云う事が最近、分かりました(笑)。
8. Posted by オスカー   2017年04月27日 18:21
HyperChemさま
お祝いありがとうございました。
兵庫県にも湯村温泉があるんですね。芸者さんはどんな雰囲気かしら(笑) 話の中で修学旅行生がいろいろやらかしています。そのうち時代の雰囲気がわかって楽しいです(≧▽≦)
9. Posted by オスカー   2017年04月27日 18:26
猫ムスメ様
お祝いありがとうございました。
二男からはプレゼントを用意出来なかったので、そのうち持っていきますとLINEがきました。オタ息子は夕飯の買い出しに行ってもらいました(笑)
『駅前旅館』テンポがよくて楽しいです。いろんな人たちが出入りする場所なので、ネタの宝庫って感じです。
10. Posted by オスカー   2017年04月27日 18:29
まろゆーろ様
お祝いありがとうございました。
旅館という言葉の響きにあの佇まいがいいですよね。お仕事小説、風俗小説みたいな感じです。『坊っちゃん』も買ってあるので、昭和を懐かしみたいです。
11. Posted by オスカー   2017年04月27日 18:33
Kayさま
お祝いありがとうございました。
最近は自分のダメダメさにう~ん、う~んとなり、今からマナー教室とか話し方教室に行った方がいいかしら、なんて思うくらいです。まぁ思うだけで何もしないのですが。ただ、むやみに怒るのはやめようと思っています~怒りを抑えられた日はエライ!と自分を褒めます(笑)
12. Posted by オスカー   2017年04月27日 18:37
なう60様
お祝いありがとうございました。
まだまだ知らない世界がいっぱいあるので、追求していきたいです。
13. Posted by オスカー   2017年04月27日 18:44
Rayさま
お祝いありがとうございました。
ようやく検索が終わり、自分の中で一段落しました。薄い本なのに、ようやく半分迄にきました(^^;))) 『茶碗継ぎの恋』は私が思っていたのと違って、茶碗継ぎをする人物に重きがあり、芸術系ではなくちょっと残念でした。
14. Posted by オスカー   2017年04月27日 18:48
ミューちゃん様
お祝いありがとうございました。
小・中と生年月日順が出席番号でしたが、いつも2番だったな~と思い出しました。 自分と同じ誕生日の芸能人をさがすのってちょっと楽しいですね。
15. Posted by トリテン   2017年04月27日 20:02
お誕生日おめでとうございます。
53才の頃、私も現役で働いていました。
まだまだお若い、これからも元気でバリバリですね。

「駅前旅館」の映画は観たことがあるような、ないような、出演者たちも故人が多いです。

お高やんと粘土節、とても興味深いですね。
アイドルだったお高やん、いつの間にか結婚して10人の子宝ですか~^_^;
16. Posted by オスカー   2017年04月28日 07:47
トリトンさま
お祝いありがとうございました。
そう、映画になっているのですよね。番頭さんたちのやり取りがきっと面白いんだろうなぁと思います。 お高やんみたいな女神がどこの会社にもいたら、効率があがるのかしら(笑)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ