2017年10月04日

淡雲便りNo.3:猫かわいがり・・・Σ(´д`*)

今週月曜日に発売になった週刊ポスト(10/13・20合併号)の袋とじに「毎日見るだけで目がよくなるヌード-目の保養になるは医学的にも正しかった 」というのがありました。


何枚か写真があったのですが、全裸のおねーさんのまわりにいわゆる「大人のおもちゃ」が散乱しています。散らばった番号を目で順番に追うことで、凝り固まった眼筋がほぐれ視野を広げるのに有効らしいです。エロい気分にはなかなかなりませんね~モデルさんが生身の人間界というより、彫刻みたいな造形物に見えて、このミッションを性交いえ成功させなくては!という気持ちが先になります。そして自分の衰えを感じるという・・・エロい気持ちが盛り上がってたきたら、いろんな機能が「回復」したということになるのかも(≧▽≦)


「見るだけで目が良くなる」的な本を監修している、眼科医・本部千博先生のブログはこちらです。

http://eye-station.com/author/webmaster/




教科書で梶井基次郎の『檸檬』を読んだ人は多いと思うのですが、彼の短編に『愛撫』というのがありました。おやぢなワタクシはもちろんタイトルにひかれ青空文庫で読んでみました・・・ストレートなエロさはなく、じわじわとだいぶ経ってから、昨日に隠された退廃・お耽美さがやってきます。支配欲みたいなものとか、秘かな残虐性とか。


猫好きな人なら、猫の耳に噛みつきたくなるものでしょうか・・・甘噛みではなくガブリ!といきたくなるくらいに・・・ちょっとショーゲキでしたわ。



下記のブログで簡単なあらすじをどうぞ~青空文庫へのリンクも。ブログコメントも興味深い・・・!しかし、う~ん・・・人間の心理は不思議ですね。猫や犬好きな方の感想をおききしたいです(;´∀`)



https://blogs.yahoo.co.jp/no1685j_s_bach/6326761.html?__ysp=5oSb5pKrIOmdkuepuuaWh%2BW6qw%3D%3D

rohengram799 at 08:42コメント(8)青空文庫 | 医療・臓器移植・介護・福祉関係 

コメント一覧

1. Posted by ミューちゃん   2017年10月04日 16:51
5 オスカーさん、こんにちは
エロい気分になるのも人それぞれで、全裸で色気を感じる人も居れば、服を着ていても仕草で色気を感じる人も居ますねでも何もエロ本やHなビデオを観るだけがスケベな事じゃなく、女性も男性のエロさを求めてたら、それはスケベの内に入りますよね(笑)
2. Posted by 猫ムスメ   2017年10月04日 19:47
その実験の内容を聞く限り、「エロ写真である必然性はあるのだろうか」という感想を抱きますね(^^; 目を動かすだけなら他の素材でもいい気が…

ちなみに私は飼っていた猫を溺愛していましたが、特にガブリしたいとは思いませんでしたね(^^; ただ、外で飼っていたので匂いは好きでした(体がお日様の匂いがするんです!)。よく鼻を埋めてクンクンしてました^ ^
3. Posted by ナンチャッテ   2017年10月06日 23:28
( ゚Д゚)ハァ?
リンク先覗く気も無いので何とも言えませんが・・・
と思ったら、眼球運動を促すことにエロを利用しているのですか。。。なるほどね

世の中、技術革新するのは 戦争とゲームとエロと言われてますからね。。。仕方ないかw
ちなみに、DVD系はエロで普及したのでございます
4. Posted by オスカー   2017年10月07日 12:15
ミューちゃん様
昔の雑誌の方がエロに対して寛容というかおおらかだった気がします。今は締め付ける一方でアイドル発売水着どころか手ブラ露出したり・・・歪んでますね。
5. Posted by オスカー   2017年10月07日 12:19
猫ムスメ様
そう、ヌードである必要はないよな、とオッサンたちも思ったはず・・・堂々と見るための言い訳でしょうね(^o^;) 梶井基次郎の話、猫好きの官能小説家・藍川京先生にもブログコメントで質問してみました。お返事は次の記事にて公開します(笑)
6. Posted by オスカー   2017年10月07日 12:24
ナンチャッテ様
リンク先にエロ画像はなかったような・・・(;´∀`) 以前書店で中国人女性がこんな本を置くな!と騒いでいたのを見たことがありますが、マガジンのグラビアくらいで・・・と思った私は親として腐ダメでしょうか(´-ω-`)
7. Posted by まろゆーろ   2017年10月10日 03:04
こんばんは。深夜のお師匠さんです(笑)
ヌードのお姉さんの周りに大人のおもちゃですか。
大小のあれやこれやがチン列の図でしょうか。
「ほっほっほ」、なんだかムズムズしてしまいそうです。
目に毒という時代ではなくなったのですね。
眼球運動で視力向上、そして生き返った目から回春とは有難い。

昔に比べて今はネットで過激な画像がいつでもどこでもの時代。チラ見のワクワク感や罪悪感と快感。昔の方が良かったかもしれませんなぁ。
8. Posted by オスカー   2017年10月10日 19:38
まろゆーろ様
チラリズムこそが奥ゆかしい日本のエロスだったはずなのですが、最近はなんでも開示・解放で、風情がありません。今日10月10日は「マグロの日」だとスーパーの鮮魚売場にありました。いろんな連想をしてしまう「マグロ」という言葉です(笑)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

オスカー

QRコード
QRコード