向春雲便りNo.1:二月礼者向春雲便りNo.3:立春開門

2021年02月01日

向春雲便りNo.2:ほんのり桃色……? 〜1月の本棚

1月の読書メーター
読んだ本の数:72
読んだページ数:5067
ナイス数:1232

聖夜に天使の羽根降る: ヴィクトリアン・クリスマス・ストーリー聖夜に天使の羽根降る: ヴィクトリアン・クリスマス・ストーリー感想
よくも悪くもハッピーエンド。小学生向きかも。
読了日:01月01日 著者:よーぴーワークショップ
明治純情ロマンセ明治純情ロマンセ感想
妊娠して妾として生きていく決心をして終わり…って両思いでもなんかモヤモヤ。
読了日:01月01日 著者:よーぴーワークショップ
勘違い勘違い感想
桃の表紙にもしかしたら…と期待したのが(何を?)私の「勘違い」だった……(  ̄- ̄)
読了日:01月01日 著者:今泉慶一
印伝さんと縁結び 1【期間限定 無料お試し版】 (ネクストFコミックス)印伝さんと縁結び 1【期間限定 無料お試し版】 (ネクストFコミックス)
読了日:01月03日 著者:小糸さよ
印伝さんと縁結び 2【期間限定 無料お試し版】 (ネクストFコミックス)印伝さんと縁結び 2【期間限定 無料お試し版】 (ネクストFコミックス)
読了日:01月03日 著者:小糸さよ
印伝さんと縁結び 3【期間限定 無料お試し版】 (ネクストFコミックス)印伝さんと縁結び 3【期間限定 無料お試し版】 (ネクストFコミックス)感想
期間限定無料だったので3巻まで読む。
平凡な大学生の美山(みやま)くくり、御曹司印伝織之助(いんでんおりのすけ)と不思議な縁で結ばれ婚約。そしてドタバタと……な話。登場人物の顔をもう少しわかりやすく描きわけて欲しいかな。
読了日:01月03日 著者:小糸さよ
義母と娘のブルース コミック 全2巻セット義母と娘のブルース コミック 全2巻セット感想
年末にドラマの再放送をやっていたので、懐かしくなり片付けたのにまた取り出して読んでしまった!
読了日:01月04日 著者:
新・ウサギとカメ新・ウサギとカメ感想
Kindle無料版。負けず嫌い(?)の兎と結構腹黒い(いや生存本能に忠実なのか)亀の話。人間が絡むとこうなるのか。バッドエンドではなくてよかった。メデタシ、メデタシ!
読了日:01月04日 著者:皇 南輝
ゲートボール殺人事件 (花とゆめCOMICS)ゲートボール殺人事件 (花とゆめCOMICS)感想
カバーもなくなってボロボロなんだけど捨てられない川原作品。数えきれないくらい読み返しているのに、今日突然気がついた。P11にある第1ゲートを通過しない限りゲームに参加出来ないという鈴ちゃんの嘆き。『その「参加」すらできねーんだよ 永求に』……ずっと「永久」だと信じこんで読んできたので、ビックリしたわ。これはやはり誤字? ちなみに「1986年1月25日 第1刷発行」だ。
読了日:01月04日 著者:川原 泉
大寒小寒大寒小寒感想
今日は小寒。青空文庫でこのタイトルを見つけて読む。「だいかんしょうかん」ではなく 「おおさむこさむ」。 山からやってくる小僧について祖母と孫の会話。
【三郎は大人になつて、東京のにぎやかな町なかでくらすやうになりました。けれど毎年冬になると、大寒小寒の唄をおもひ出し、おばあさんを思ひ出しするのでありました。幼い三郎がかさね/″\問ひたづねるのを、少しもうるさがることなく、しんせつに答へて下されたおばあさんを、どんなにかなつかしくおもひましたことでせう。】

読了日:01月05日 著者:土田 耕平
身代り身代り感想
青空文庫で。文字通り身代わりになった三毛猫の話。拾ってもらったことの恩返しだったのか。悲しい(´;ω;`)

作者の土田耕平はこんな人:
http://hohrei.web.fc2.com/

読了日:01月05日 著者:土田 耕平
episode.1 Melty love バレンタインから始まる物語episode.1 Melty love バレンタインから始まる物語
読了日:01月05日 著者:とと村とと
episode.2 Wizard love バレンタインから始まる物語episode.2 Wizard love バレンタインから始まる物語
読了日:01月05日 著者:とと村とと
episode.3 with love バレンタインから始まる物語episode.3 with love バレンタインから始まる物語感想
小さなお菓子屋さんの店主の物語。3話完結。目新しさはないけど素朴でやさしい絵柄だからほっこりした。
読了日:01月05日 著者:とと村とと
Happy End: うなぎつなぎ心中 Happy EndHappy End: うなぎつなぎ心中 Happy End感想
フルカラーのKindle無料漫画。設定がイマイチわからなかった(-_-;)
読了日:01月05日 著者:笠松あい
メシウマ星人メシウマ星人感想
地球人の不幸が食料。「フレッシュプリキュア」だったかな、コレに出てきたナキワメーテを思い出した。
読了日:01月06日 著者:あさぎ錆
二つの正月二つの正月感想
九州の武雄温泉で迎えた明治30年の正月とナポリで遭った明治43年の正月。どういう訳か私の頭の中で一方を思い出すと必ず他方がくっついてくる。武雄温泉の話は官能的というのが納得出来るけど、ナポリはそれほど…と思ったそんな思い出話。ついでに種田山頭火の「遍路の正月」も読んだけど短くてお遍路さんに親切にしてもらってよかったね、としか(^_^;)
 
読了日:01月06日 著者:寺田 寅彦
樹木とその葉 31 故郷の正月樹木とその葉 31 故郷の正月感想
「我等子供たちの遊戲ですが、晴れゝばそとへ出て『根つ木』といふ遊びをした。生木の堅いのを一尺か二尺に切り、先を尖らせて地へ互ひに打ち込んで相手の木を倒して取るのです。降るか或は寒い日は家の中で『針打ち』をしました。半紙をめいめい一枚づつ出し合つて疊の上に積み重ね、一本の縫針に二三寸の絲を附け、針のさきを唇にくはへ、絲を烈しく引いて疊の上の紙にその針をつき立てる樣に打ちおろします。さうして徐ろに絲を引いて針の先に引き留められて來たゞけの紙を自分の所得とするこれも賭事あそびです。」針打ち…((゚□゚;))
読了日:01月06日 著者:若山 牧水
からっぽダンス(1)【期間限定 無料お試し版】 (FEEL COMICS swing)からっぽダンス(1)【期間限定 無料お試し版】 (FEEL COMICS swing)
読了日:01月06日 著者:阿弥陀しずく
からっぽダンス(2)【電子限定ネームおまけ付】【期間限定 無料お試し版】 (FEEL COMICS swing)からっぽダンス(2)【電子限定ネームおまけ付】【期間限定 無料お試し版】 (FEEL COMICS swing)感想
無料で2巻まで。リアルにこんな警察官がいたらイヤ( ̄~ ̄;)
読了日:01月06日 著者:阿弥陀しずく
幼女戦記(20) (角川コミックス・エース)幼女戦記(20) (角川コミックス・エース)感想
ターニャちゃんの涙……重い!
読了日:01月07日 著者:東條 チカ
第四話: 山の神と畏れられる鬼と、鬼を恐れる青年の話。 鬼喰奇譚第四話: 山の神と畏れられる鬼と、鬼を恐れる青年の話。 鬼喰奇譚感想
なんか唐突に終わった印象が……次はいつ読めるのかな…。
読了日:01月07日 著者:大犬あい
タイムマシンタイムマシン感想
使い方に気をつけないととんでもないことに……( ̄□ ̄;)!!
読了日:01月07日 著者:犬上雅久
歴史群像 2021年 02 月号 [雑誌]歴史群像 2021年 02 月号 [雑誌]感想
パラパラ読み。
■ドイツ空軍エースランキングの名前…ハルトマン、バルクホルン…どうしても「スト魔女」を思い出してしまう■インタビュー:駆逐艦「磯風」航海長 伊藤茂さん、本誌を手にすることなく昨年ご逝去。享年98歳。合掌。■軍用自転車…銀輪部隊。
読了日:01月08日 著者:
実話ナックルズGOLDミステリー (ミリオンムック)実話ナックルズGOLDミステリー (ミリオンムック)感想
ミステリー、というよりこじつけ?でアレコレ語る…みたいな娯楽雑誌。
読了日:01月08日 著者:
刑務所の前(1)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックススペシャル)刑務所の前(1)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックススペシャル)感想
「刑務所の中」が好きだったので読む。人間の業の深さを感じる……というかカオスだわ。銃の構造とかに興味がある人には面白いかも。「刑務所の中」ではア○フォートだったけど、こちらはル○ンドか……と食べたくなった。ムショの献立は学校給食より気になる。2巻は無料じゃなかった。残念!
読了日:01月09日 著者:花輪和一
人間失格(1)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)人間失格(1)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)感想
想像以上に伊藤潤二でした……夜ひとりで読むのはやめた方がいい漫画だ……。2巻からは有料。
読了日:01月09日 著者:伊藤潤二,太宰治
月日月日感想
月日の流れとともに変わるもの、変わらないもの……変わらないのではなく変われないのか、停滞しているのか、いろいろ考えてしまった。
読了日:01月09日 著者:北条 民雄
死体を喫う学生死体を喫う学生感想
彼がなぜタイトルのような行為をしていたのかは、はっきりわからないままなのか……理由を知ったからと言って納得出来るとは思わないけれど。「食べる」ではなくて「喫う」というのがなんとも……。
読了日:01月10日 著者:田中 貢太郎
月刊 秘伝 2021年 01月号 [雑誌]月刊 秘伝 2021年 01月号 [雑誌]感想
立ち読み。弓道って憧れだ。医食同源、旬の食材を身体に取り入れるのがやはり大事。「保存版!! “沖縄空手"史跡巡りガイド」にあった、大衆食堂ではご飯にバターがついてきた、という話が一番印象深い(笑) 本誌とは関係ないけどバターライスの話→https://okinawa.syarasoujyu.com/okinawa6/butter.html
読了日:01月10日 著者:
凧の話凧の話感想
お正月っぽい、短い話をさがしていて見つけた。この人は凧の話を他にもたくさん書いているらしい。凧の種類や構造なども詳しい。今は凧上げをしている様子などは見ないので、もっと早く読んでいたら「あの凧は…」と思いながらながめていたかもしれない。「わんわん凧」とか初耳。http://www.naruto-bussan.jp/jibasan/wanwan/
最後に凧を詠んだ句がいくつか紹介されているのもよかった。
読了日:01月10日 著者:淡島 寒月
山峡の凧山峡の凧感想
ヤマカイのタコ……漢字変換で違う話になりそう、とアホなことを思いながら読む。「乙鳥音吉」という筆者が「幼少の時にもチヨンまげをつけた相当の爺いさんに見えたが、いつか訪れた時もやはり同じやうな感じの頬のこけた鷲鼻の顎の長い爺いさんで、禿頭の後頭部に川蜻蛉のやうに小つぽけなチヨンまげを結んでゐた。」凧作り、凧上げ名人とムカデ凧との思い出あれこれ。
読了日:01月10日 著者:牧野 信一
犬感想
病床でこんなことをずっと考えていたのだろうか……笑うべきなのか憐れむべきなのか……なんだかわからなくなってしまう。
読了日:01月10日 著者:正岡 子規
No.1「桜色の愛の夢」(#記念日にショートショートを,2018年4月1日(日)エイプリルフール)No.1「桜色の愛の夢」(#記念日にショートショートを,2018年4月1日(日)エイプリルフール)感想
オリジナル登録で見つけた作品。noteで書いているよう。悪夢から醒めたと思ってもそこはまだ夢の続き……? 他の作品も読んでいこうと思う。
読了日:01月11日 著者:しおね ゆこ
日本の歴史 全15巻 無料ダイジェスト版 日本の歴史 無料ダイジェスト版 (角川まんが学習シリーズ)日本の歴史 全15巻 無料ダイジェスト版 日本の歴史 無料ダイジェスト版 (角川まんが学習シリーズ)感想
こちらのブログ記事を読んで。
http://www.squibbon.net/archives/24586062.html
読了日:01月12日 著者:
学習まんが 少年少女日本の歴史 ダイジェスト版学習まんが 少年少女日本の歴史 ダイジェスト版感想
こちらのブログ記事を読んで。
http://www.squibbon.net/archives/24586062.html
いろいろ比較出来るけど、買うかどうかはまた別の話(^o^;)
読了日:01月12日 著者:あおむら純
だから私はメイクする 分冊版(1)【期間限定 無料お試し版】 (FEEL COMICS)だから私はメイクする 分冊版(1)【期間限定 無料お試し版】 (FEEL COMICS)感想
メイクで千○ジュニアからマリー・アントワネットに変身(笑) 自分を好きになるために綺麗になることを頑張るのって悪くないと思う。まぁ素顔とのギャップがありすぎるのはう~ん……となるけど(^^;)(;^^)
読了日:01月12日 著者:シバタヒカリ,劇団雌猫
だから私はメイクする 分冊版(2)【期間限定 無料お試し版】 (FEEL COMICS)だから私はメイクする 分冊版(2)【期間限定 無料お試し版】 (FEEL COMICS)感想
セルフネイルの話。指先(手)は一番自分が目にする場所だからいつも綺麗にしておくとテンションがあがる✨ってどこかで読んだ気がするけれど、そんな内容だった。
読了日:01月12日 著者:シバタヒカリ,劇団雌猫
猿蟹合戦猿蟹合戦感想
蟹🦀のその後……にショーゲキを受けました。なんとなくカニに感情移入出来ずにいた理由はコレだった……? 最後の一文が怖い……!
読了日:01月13日 著者:芥川 竜之介
人魚の祠人魚の祠感想
ページ数は間違いだと思う。311ページもない(11ページ?)。 文章がお耽美過ぎて振り仮名も多くて読むのに疲れた。思っていた内容と違っだけれど、水木しげる先生の絵柄で脳内再生しながら読んだ。
読了日:01月14日 著者:泉 鏡花
ヴィーヴル洋裁店~キヌヨとハリエット~(1)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)ヴィーヴル洋裁店~キヌヨとハリエット~(1)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)感想
異世界の洋服屋さんの話。好きな服を長く着られたら幸せだよなぁ。ファンタジーで面白かった。おばあさんの顔の人魚がツボ(話には特に関係ないけれど)だった。1巻だけ期間限定無料。
読了日:01月14日 著者:和田隆志
小さなお人魚日和 1巻(講談社プチキス・電子書籍版)小さなお人魚日和 1巻(講談社プチキス・電子書籍版)感想
電子書籍、無料。
いつか金魚みたいに小さな人魚がペットショップで売られる日が来るのか……死んだら次を買うからいいよね、な自分勝手なヤツにはお前が亡びろ!と言いたい。
読了日:01月14日 著者:みなみうみ
鬼を追い払う夜鬼を追い払う夜感想
九鬼家と言う古い豪族の家では「福は内、鬼は外」ではなくと「鬼は内、福は内、富は内」と唱える。「鬼」が名字に入っている家は節分の豆まきは複雑なんだろうな。
読了日:01月14日 著者:折口 信夫
ホームルーム(2) (コミックDAYSコミックス)ホームルーム(2) (コミックDAYSコミックス)感想
playブックスで無料だったので読む。1巻に続いて気分のいい話ではない。教師は聖職者ではないし生徒も迷っているんだろうけど可愛い子羊ではないし。中学の時に同級生のお姉さんと駆け落ちした教師(既婚者)がいたけれど、まだマシだったのかと思ってしまう。
読了日:01月15日 著者:千代
月刊 秘伝 2021年 02月号 [雑誌]月刊 秘伝 2021年 02月号 [雑誌]感想
立ち読み。■女子柔道漫画「もういっぽん!」の作者インタビュー。■幻の呼吸法「ツンモ」■くの一は女忍者ではない? はっきりした文献は残っていないらしい。■馬上武芸の復興 写真がカッコよかった。馬の顔立ちも騎乗していた人も。
読了日:01月16日 著者:
アヤメくんののんびり肉食日誌(1)【期間限定 無料お試し版】 (FEEL COMICS)アヤメくんののんびり肉食日誌(1)【期間限定 無料お試し版】 (FEEL COMICS)感想
期間限定無料。化石、恐竜、生き物……帰国子女の大学生が肉食系男子というより不思議ちゃんというか天然なのか……キモい生き物描写や解剖の話とかもあるので苦手な人には話はなかなか面白いけどキツいかも。とりあえず3巻まで無料で読んだ。
読了日:01月16日 著者:町麻衣
島ネコ マイケルの大引っ越し島ネコ マイケルの大引っ越し感想
ネコがカツオドリをガブリとくわえている写真は結構ショーゲキだった。可愛いネコの存在も島にいる在来種には害になってしまった。最後に大人向けの解説あり。ダウンロードしないといけないのがちょっと手間だった。
読了日:01月16日 著者:環境省
ピアノピアノ
読了日:01月17日 著者:芥川 竜之介
だんだらごはん(1) (ARIAコミックス)だんだらごはん(1) (ARIAコミックス)感想
また新撰組をネタにするのか〜とあんまりいい印象はなくて読んでいなかったのだけれど、想像していたより悪くなかった(^o^;) 斎藤さんのキャラは私のイメージとは違うけれど。どこまで描くつもりなのか気になる。
読了日:01月18日 著者:殿ヶ谷美由記
Zig-Zag エレジーZig-Zag エレジー感想
オリジナル登録されていた昭和感あふれる物語。写真がいい味を出していたと思う。20円切手とか懐かしい…ブログで完結まで読める……ってアレが最終話?
読了日:01月19日 著者:情報屋サブ
菜の花 ——春の新七草の賦のその一ツ——菜の花 ——春の新七草の賦のその一ツ——感想
七草の時に読もうと思っていたのに大寒の日になってしまった。最後に「菜の花は平和を好む蒼人艸に似て、親しみぶかい花だ。」とあって「蒼人艸」(蒼人草 あおひとぐさ)ってなんだ?と思ってたら人民のことでした。民草とか言いうけれど、人を草とは…の疑問はこちらで解消しました。

https://plaza.rakuten.co.jp/willandgrace/diary/200811110000/
読了日:01月20日 著者:長谷川 時雨
裸足の私と水色の靴裸足の私と水色の靴感想
「裸足」で検索して見つけた話。小学生のひとみは男の子を好きになったことがない……まだまだ決めつけるのは早いと思うから、友だちとの関係を大事にして欲しいと思う。ちょっとムリな設定な気もしなくはないけれど、ふたりがどう成長していくのか続きが読みたいなと思った。
読了日:01月21日 著者:玉置こさめ
北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし 1 (PASH! コミックス)北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし 1 (PASH! コミックス)感想
原作を読んでいたので漫画になるとどうなのかな?と思って読んでみる。ああ、こんな話だったよな〜と懐かしくなる(笑) 絵柄も悪くないし読みやすくてよかった。原作の続きも早く読まねば(´Д`)
読了日:01月21日 著者:白樺鹿夜,江本マシメサ
登山は冒険なり登山は冒険なり感想
いろいろ検索していた時に『体育科教育』という雑誌の目次で「●あの人とスポーツ/河東碧梧桐(西村博文)」を見つけ、教科書で読んだ俳句の碧梧桐のイメージしかなくてスポーツと結びつかず…とりあえず青空文庫で探したら登山の話があったので読む。思った以上にアクティブな人だった(笑)文章も軽快で面白かった。あと、海外にも旅をしていたなんて全く想像しなかったので、こちらもビックリした。
https://japanknowledge.com/articles/meyasucho/03.html
読了日:01月21日 著者:河東 碧梧桐
アヤメくんののんびり肉食日誌(4)【期間限定 無料お試し版】 (FEEL COMICS)アヤメくんののんびり肉食日誌(4)【期間限定 無料お試し版】 (FEEL COMICS)感想
4巻まで無料だった(笑) 恋愛物なのかオタク物なのかなんともビミョーなバランス。カメが可愛いのでなんか癒された。
読了日:01月21日 著者:町麻衣
子育て飴 江戸菓子舗照月堂 (時代小説文庫)子育て飴 江戸菓子舗照月堂 (時代小説文庫)感想
菊蔵としのぶは結婚しちゃったのかぁ〜このあたりのなつめの心境はほとんど書かれていないけれど。いろいろ一区切りした感。梅の味噌漬けは知らなかったので検索してしまった(^_^;)
読了日:01月22日 著者:篠綾子
宝の船 江戸菓子舗照月堂 (時代小説文庫)宝の船 江戸菓子舗照月堂 (時代小説文庫)感想
京から安吉と長門たちが江戸に。またまたいろんな問題が。おそのさんが安吉となつめを夫婦にしようと考えている様子が一息つけるところかな。ラストになつめの兄が登場! 次巻では少し謎が解けるのか?
読了日:01月23日 著者:篠綾子
やまびこやまびこ感想
私のスマホが悪いのかなんなのか、横書きだったのだけれどへんなところで改行になって読みにくかった。そして最後も、これで終わり? 続きがある? という感じで何だかよくわからない話のまま終わってしまった。フォローがホローになっていたのもちょっと…(;´д`)
読了日:01月25日 著者:早乙女聖
うごかし屋(1)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)うごかし屋(1)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)感想
荷物だけでなく心も動かす引っ越し屋。「うごかし屋」二代目社長は読書家らしくいつも本を読んでいる。1話は「草枕」。落語の風呂敷(https://senjiyose.com/archives/1629)も。引っ越ししたい人たちのそれぞれの物語も悪くなかったので、全巻読みたいかも。「鞄図書館」もまた読みたくなった。
読了日:01月25日 著者:芳崎せいむ
ぼくはくまのままでいたかったのに……ぼくはくまのままでいたかったのに……感想
こちらを読んで興味を持ったので。子どもはどんな感想を持つのだろう? 大人が読む絵本って感じ。表紙の人間の顔が怖い……。
https://note.com/sekishobo/n/na7237e710874?magazine_key=m9a9a2033d23a
読了日:01月26日 著者:イエルク・シュタイナー
日本懐かし大全シリーズ無料ダイジェストVol.3日本懐かし大全シリーズ無料ダイジェストVol.3感想
vol.1とvol.2も読んだけれどvol.3が一番興味深いダイジェスト版だった(笑)
読了日:01月26日 著者:日本懐かし大全シリーズ編集部
漫画 離人症のおはなし漫画 離人症のおはなし
読了日:01月28日 著者:すしの
漫画 離人症といろんなメンタルのおはなし漫画 離人症といろんなメンタルのおはなし
読了日:01月28日 著者:すしの
僕の周りに膜がある 精神疾患、離人症を患って僕の周りに膜がある 精神疾患、離人症を患って感想
離人症について続けて3作品読んでみる。漫画なので文字だけよりその感覚がわかりやすいかも。治療してくれる医者との関係が大切なのはどの病気でも同じだけれど、精神科ではより大事……13歳からずっと病気と付き合っているK君、こんな状況の今、どうしているのか気になる。
読了日:01月28日 著者:K君
安楽病棟 (集英社文庫)安楽病棟 (集英社文庫)感想
「閉鎖病棟」でもケーキ屋さんの患者さんがいた気がする。戦争を体験した高齢者の方々のそれぞれの人生、その終幕がこんな形で…。もっと議論しなくてはいけない問題だと思うけれど、臓器移植についてもまだまだ議論され尽くしたとは言えないし、自分でこれだ!と言えるものもない。身内に看護師がいる。患者さんの話をすることはないけれど、こんなふうにかかわり合いながら勤務しているのだなとあらためて思った。舞台化されていたとは→http://seinenza.com/performance/public/232.html
読了日:01月28日 著者:帚木 蓬生
週刊ポスト 2021年 2月5日号 [雑誌]週刊ポスト 2021年 2月5日号 [雑誌]感想
■生誕90年小松左京さん 小説は読んだことがないかも。■大正フェティシズムの源流「変態性欲の研究」を読む ハンケチフェチ(笑) 文末に【「おおらかだった大正時代が終わり、昭和になってしばらくすると、軍国主義の下で自由な性愛や変態性欲にまつわる研究は厳しく弾圧されるようになりました。大正時代の人々はわずか14年の短い期間だったけれども、自由な性を謳歌できた」今や「性の多様性が認められる」時代となったが、100年前に生きた人々はより熱心に、より真剣に性愛と向き合っていたのかもしれない。 】とあった。
読了日:01月29日 著者:
竹女: 異夢譚竹女: 異夢譚感想
他のタイトルも気になったのだけれど、試しに短めのこの話を選んでみた。「竹取物語」を題材にしたSF(少し不思議)チックな物語……? 漫画で読んだらわかりやすいかもしれない。表紙からいきなり本文になったのでちょっと驚いた(^_^;)
読了日:01月29日 著者:麩羅画堂
マフラー 短編集マフラー 短編集感想
ホラー? ファンタジー? 不思議なマフラーの話。
読了日:01月30日 著者:だし
あの紫は (e-NOVELS)あの紫は (e-NOVELS)感想
泉鏡花のわらべ歌?をモチーフにした話。匂い手袋の話は「イノサン ルージュ」にもあったな。皆川さんらしい作品で好き。
読了日:01月30日 著者:皆川博子
六花落々 (祥伝社文庫)六花落々 (祥伝社文庫)感想
他の作者の「雪の殿様」を読んでにう~ん、私が求めていたのはコレじゃないんだよなぁ…と思った時に教えてもらった作品。だいぶ積んでいたけれど読み終わった。古河はダンナさんの実家に帰る時に車で何度か通ったので馴染みのある場所。政(まつりごと)の難しさ、為政者の孤独や苦悩、教科書で習った記憶のある出来や人物たち…学生時代にこの本があったら歴史が好きになったかも。ただちょっと急ぎ足、というかもう少し長い話にしてもよかったような…。タイトルも美しいし、雪の家紋もいくつか見たことがあるけれど素敵。
読了日:01月30日 著者:西條奈加
ⅰとか、愛とか、哀とか。ⅰとか、愛とか、哀とか。感想
短編集かと思ったらエッセイというか自己啓発本というか…私はこう思うの、だからあなたも頑張って!みたいなヤツだった( ´△`)
読了日:01月31日 著者:右利き
禁色【蜜】 (コスミック文庫)禁色【蜜】 (コスミック文庫)感想
禁色のアンソロジーで一番気に入った表紙を選んでみた。官能と耽美の違いはなんなのだろう? だいたい男目線の都合のいい、オヤジっぽい話だった気がする……藍川先生のはご自身が好きな鎌倉が舞台だった。舘淳一さんのがレディースコミック的でミステリーっぽいところもあり一番女性受けするような気がする。他の作品もこんな感じなら読んでもいいかも……幻冬舎なら大丈夫かな(笑)
読了日:01月31日 著者:藍川京,霧原一輝,橘真児,舘淳一,牧村僚,睦月影郎

読書メーター


rohengram799 at 19:30│Comments(2)月刊・空のお城図書館 

この記事へのコメント

1. Posted by ナンチャッテ   2021年02月02日 16:16
こんにちは
読破した冊数が多い事よりも、マニアック?な話題の本が多い事にも目がいきますね笑
義母と娘のブルースは自分もマンガで読んだ方なのですが、ギャグ4コマなのに泣かされた記憶あります
あれがどのようにドラマになったのか、今更ながら、ちょっと興味出ますね
2. Posted by オスカー   2021年02月03日 08:29
ナンチャッテ様
変わったタイトルのもの、なるべく短い話、季節もの、無料!に気持ちが向いてしまいます😝
「義母と娘…」は最初、大丈夫か?とドラマは心配でしたが子ども時代のみゆきも可愛くて高校生になってからも違和感がほとんどなかったし、オリジナル要素も多く最後は間延びした感じもありましたけど、いいドラマだったなと思いました。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
向春雲便りNo.1:二月礼者向春雲便りNo.3:立春開門