密息や山の根に浮く春の虹  赤尾兜子(*)



密息(みっそく)は禅の言葉だそう。

尺八の演奏をするときの呼吸法が「密息」で、腰を落として骨盤を後ろに倒して、腹をやや張り出したままどこにも力を入れず、横隔膜だけを上下させて深く呼吸をする……畳に座り帯を腰に締めていた日本人は、ごく自然にこの呼吸法を身につけていたけれど、近代の生活様式の中で忘れてしまったと…呼吸が大切、とは由美かおるさんとかも昔から言われていましたけど、こんな言葉があるとは。アホな私は「みついき」だと思っていたので、蜜の息 ……(*´∀`*)ポッ ! とエロい方向に思考が向かっていたのでした(笑)


【「密息」で身体が変わる】
https://www.shinchosha.co.jp/book/603563/


https://news.yahoo.co.jp/articles/00efb0d32354f6c2b643a9b8c9fde4bbcdc85835




(*)https://kotobank.jp/word/%E8%B5%A4%E5%B0%BE%20%E5%85%9C%E5%AD%90-1636859



【追記】
密息と腹式呼吸との違い、で検索して見つけた記事です。呼吸法、奥が深い!

https://blog.goo.ne.jp/yuka-2525/e/e1552142c4c4b1459aae9f047396765d