梅月雲便りNo.1:箙の梅梅月雲便りNo.3:うらおもて 〜 一水四見

2021年05月06日

梅月雲便りNo.2:4月の本棚

4月の読書メーター
読んだ本の数:21
読んだページ数:2634
ナイス数:686

きんぎょ生活 No.7きんぎょ生活 No.7感想
本屋さんで見つけて立ち読み。
https://www.mpj-aqualife.com/2021/03/29/kingyoseikatsu-no7/
自分好みの金魚に仕上げるって創造主の気分になるんだろうか? 普通の金魚でいいのに、と思ってしまった。『金魚美抄』の記事は面白かった。https://www.hokuchu-event.com/pickup/kingyobishow2020/
読了日:04月01日 著者:
会いたくて会いたくて会いたくて会いたくて感想
糸電話が懐かしかった。逢いたい人に逢えないという人たちは多いと思う。子どもより大人が読んで子どもやおばあちゃんの気持ちを感じる、考える絵本なのかなと思った。
読了日:04月01日 著者:室井 滋
昭和39年の俺たち 5月号昭和39年の俺たち 5月号感想
■帰ってきたヒーロー:「ぽんぽこ物語」で兄妹を助ける正義の味方・鬼面菩薩、見てみたかった■天知茂:土曜ワイド劇場の江戸川乱歩シリーズに明智役が好きだった。時代劇の同心役も。本名は臼井登。54歳で鬼籍に。私より若い😢■「ウィークエンダー」といえば泉ピン子さんと宮尾すすむさん高見恭子さん。懐かしい■三島由紀夫事件。天皇殺害計画はあった。■魅惑のエロ歌謡クロニクル。奥村チヨさん、青江三奈さん、ちあきなおみさん…好きだった■制服アイドルタイムスリップ。岡田奈々ちゃん、岡田有希子ちゃん、可愛くてたまらん!
読了日:04月02日 著者:
スモールワールズ刊行記念〈特別ショートストーリー〉「回転晩餐会」スモールワールズ刊行記念〈特別ショートストーリー〉「回転晩餐会」感想
無料でこんな素敵なお話を読むことが出来るとは……なんて幸せ! 内容はせつなくはあったけれど不幸だとは思いたくないし、絶対違うと思う。回らなかったし全然違うとはわかっているけど、40年近く前に柏のSOGOのレストランで食事をしたことを思い出した。ご一緒した方は今はどうしていることやら……。『スモールワールズ』読みたい!
読了日:04月02日 著者:一穂ミチ
冬の旅 (集英社文庫)冬の旅 (集英社文庫)感想
解説の最初に「辻原登の『冬の旅』は、私の知るかぎり、二十一世紀の日本で書かれた最も恐ろしく、最も美しい小説です。」と書かれていたけど、納得してしまう。主人公・緒方の刑務所を出てからの人生を振りかえる旅。阪神淡路大震災のことなど、時代を遡った気分になったし、平成でもやっぱり昭和を色濃く感じる私。作中に出てきた「レーニョ・ベルデ」も聴いた。ゆかりの人生もなんだったんだろう? 不思議に惹かれる女性だった。立原正秋の『冬の旅』もこちらの本も好きだな。じわじわくる、いい本だった。
読了日:04月04日 著者:辻原 登
非日常の謎 ミステリアンソロジー (講談社タイガ)非日常の謎 ミステリアンソロジー (講談社タイガ)感想
表紙買い。もしかしたら半分ハズレかもしれない、くらいの気持ちで買ったのだけれど、自分が思っていたより面白かった。アンソロジーは初読みの作家さんにも出逢えるので楽しい。
読了日:04月08日 著者:芦沢央,阿津川辰海,木元哉多,城平京,辻堂ゆめ,凪良ゆう
赤くない糸で結ばれている (角川文庫)赤くない糸で結ばれている (角川文庫)感想
モスキート だけ 「」つきの理由がわかった! この話だけ単独でもう少し話を広げたものを読みたいなと思った。何がきっかけで読書好きになるのかはわからない。
読了日:04月11日 著者:筏田 かつら
アレンとドラン(1) (Kissコミックス)アレンとドラン(1) (Kissコミックス)感想
1巻無料だったので読む。ミニシアター系の映画とか全くわからないのだけれど、同じ趣味の人と語り合いたい気持ちはわかる。うっすい壁で隣人の生活がまるわかりとかイヤだな。リンダ(林田)とエドガー(江戸川)というタイトルでもおかしくはないような…。ふたりが付き合うとどうなるのか? リンダちゃん(表紙の彼女)の外見は結構好き。
読了日:04月13日 著者:麻生みこと
目の眼 2021年 05 月号 [雑誌]目の眼 2021年 05 月号 [雑誌]感想
特集は”香合“の楽しみ。
https://menomeonline.com/news/2021/04/15/536/

読了日:04月15日 著者:
宇宙めし!(1) (ビッグコミックス)宇宙めし!(1) (ビッグコミックス)感想
宇宙食の開発。いろんな制限がある中で美味しいものを作るって大変。
読了日:04月16日 著者:日向なつお
疑問の黒枠 (河出文庫)疑問の黒枠 (河出文庫)感想
タイトルと表紙買い。表紙のイメージから西洋的な色合いが強いのかなと思っていたのだけれど、そうでもなかった……? 後半になり、えっ、そうだったの?の人間関係が明らかに。登場人物それぞれそれなりに活躍の場があって、今の探偵小説より私には読みやすく(いろんな文明の利器が出てこないからか?)面白かった。
読了日:04月16日 著者:小酒井 不木
まるまるの毬 (講談社文庫)まるまるの毬 (講談社文庫)感想
解説にもあったけれど「家族」の物語だった。こんなにうまくはいかないだろう、と思いつつ、よかった!と読み終えることが出来た。悪役は最後まで悪役らしく……な人物が結構気に入った。出てきたお菓子はどれも食べてみたい。
読了日:04月20日 著者:西條奈加
昭和の不思議101 2021年 陽春号 (ミリオンムック, 38)昭和の不思議101 2021年 陽春号 (ミリオンムック, 38)
読了日:04月20日 著者:
シャドーハウス 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)シャドーハウス 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)感想
アニメを見たけれど話がよくわからないので、とりあえず1巻を読んでみた。が、やっぱり設定がよくわからない……(;´д`)
読了日:04月22日 著者:ソウマトウ
しまなみ誰そ彼 (1) (ビッグコミックススペシャル)しまなみ誰そ彼 (1) (ビッグコミックススペシャル)感想
地方在住の少年を主人公にしたセクシャルマイノリティの漫画。今週の「相談役 島耕作」でもLGBTQ+が取り上げられていてわかりやすく説明してくれていると思うけれど、知っていると理解している、はやっぱり違うしなぁ。実際に今、このことに悩んでいる学生さんとかにいくらか寄り添える作品なんだろうか?
読了日:04月23日 著者:鎌谷 悠希
さよなら私のクラマー(1) (月刊少年マガジンコミックス)さよなら私のクラマー(1) (月刊少年マガジンコミックス)感想
アニメが始まったので3巻まで読む。女子サッカー漫画を読むのは初めてかも。埼玉県蕨市、ここも聖地になるのかな? グラウンドや体育館の使用をどこの部がどのくらい使えるかってやっぱりもめるよなぁ。
少女漫画と少年漫画がちょうどよく混ざっているような気がする。指導者も大変だ。
読了日:04月23日 著者:新川直司
ひとくちといわず全部ちょうだい ごちひとくちといわず全部ちょうだい ごち感想
どこからかやってきて他人の食べものを横取りして食べる男の連作短編集。セリフはない。ハッピーエンドなのかな? メロンパンを食べる時にいろいろ思い出しそう。無料。
読了日:04月23日 著者:路田行
読書家の夫(記念日にショートショートを)読書家の夫(記念日にショートショートを)感想
サン・ジョルディの日だと思い出して再読。
やっぱりタイトルとラストの結びつきが素晴らしい。
読了日:04月23日 著者:行成 薫
幸運を呼ぶ本幸運を呼ぶ本感想
サン・ジョルディの日に再読。最後のママンの言葉が何故か自分に向けられたような気持ちに……(´・ω・`; )
読了日:04月23日 著者:ヒデキング
東京卍リベンジャーズ(1) (週刊少年マガジンコミックス)東京卍リベンジャーズ(1) (週刊少年マガジンコミックス)感想
1巻無料で。連載誌(マガジン)を買っているけど、絵柄があんまり好きじゃなくてヤンキー漫画だと思っていたので興味がなく読んでいなかったのだけれど、アニメ1話を見てタイムリープ物だとわかり読む(笑) どうなるのか、続きが気になる。
読了日:04月26日 著者:和久井健
MAMOR(マモル) 2021年 06月号MAMOR(マモル) 2021年 06月号
読了日:04月30日 著者:

読書メーター


rohengram799 at 19:15│Comments(0)月刊・空のお城図書館 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
梅月雲便りNo.1:箙の梅梅月雲便りNo.3:うらおもて 〜 一水四見