かたゆき雲便りNo.15:カトレアかたゆき雲便りNo.17:ふと

2022年02月19日

かたゆき雲便りNo.16:ココ と オリオン

ヨシコちゃんという名前の人がいて(サリーちゃんの友だちではない)愛称が「ココ」だったなぁ……そんなことを思い出したのは

探梅や呱呱ゆたかなる村に出づ

という中村光声句集『水脈』(みお) の紹介記事を読んだから……というか、読めなかったので調べたら読み方が「ここ」だったので💦

https://furansudo.ocnk.net/phone/product/2829

「呱々(ここ)」は乳呑児(ちのみご)の泣き声のこと。 「呱々の声をあげる」は「 産声(うぶごえ)を上げる」こと。転じて物事が新しく生まれるという意味にもなるようです。昔話の始まりのような俳句だなぁと思いました。そして「春」の息吹きを感じます。「探梅」は以前検索しました(*)


冬オリオン応へよ命とは何か


この句も美しくて好きです。星に問われているのか、星に問うているのか。冬の冷気、漆黒の空、星の瞬き……ドラマチック!

【オリオン座】
https://www.dainippon-tosho.co.jp/star/2009/12/orionza.html


以下「ベルばら」関係の戯れ言が続きます〜興味ない方はスルーして下さい (^.^)(-.-)(__)





「命とは何か」……問われて「それはあなたです」と応えたくなるのは、オリオンの瞳を持つオスカルさまを連想するからでしょうか? 宝塚の『ベルサイユのばら』の中でアンドレ氏が歌う「心のひと オスカル」の2番の歌詞に♪オリオンの瞳 美しく 〜 とあるので、フミヤの「Another Orion」(**)よりもコチラに胸アツになって妄想モードに突入してしまう(笑) 映像がない方がいいかなと思ったので……コメントに歌詞があります。

https://youtu.be/JTXwUhyuU84


こちらの短歌もオスカルさまっぽい!と思いつつ、キメツの炎柱が浮かんでくる……!

炎ゆる空背に翔け降りる天馬とも髪なびかせて帰りくる子よ       嵯峨美津江



『悪役令嬢に転生したはずがマリー・アントワネットでした』15話で打ちきりとは……残念( o´ェ`o)
https://www.pixiv.net/artworks/96321537



千葉は夕方から雨予報。買い物は早めに行かなくては! 皆さまは落ち着いた、おだやかな土曜日をお過ごし下さいませ (о´∀`о)



(*)http://blog.livedoor.jp/rohengram799/archives/50659702.html

(**)https://sp.uta-net.com/song/9293/




rohengram799 at 08:30│Comments(2)空のお城図書館 

この記事へのコメント

1. Posted by イネス   2022年02月27日 12:12
『炎ゆる空』の歌、本当にオスカルさまを思わせますね✨燃え盛る戦いの炎を背に、ペガサスに跨ったオスカルさまが黄金の髪翻しながら剣を手に地上へと翔けおりてくる。結句の『帰りくる』が胸に迫ります。ああ、思うままに絵が描けたらいいのに!
2. Posted by オスカー   2022年02月27日 16:06
イネス様
こういう短歌を見つけるとハイテンションになってしまい、ニマニマがとまらなくなります(笑)
「逝きし娘の香水ひとつ引出しに」(柳沼新次)とかは娘を失ったジャルジェ将軍の後ろ姿が浮かんだり……なにげなく読んでいるものの中にたくさんのドラマが隠れていて、ここからまた新たに生まれるものもあってトキメキはエンドレス(・∀・)人(・∀・)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
かたゆき雲便りNo.15:カトレアかたゆき雲便りNo.17:ふと