やなせたかし

2011年05月18日

第490号:愛と勇気だけがともだちさp(^^)q

♪なんのために生まれて なにをして生きるのか


最初に三木たかしさんが曲をつくり、作者のやなせたかしさんは、あとから詩をのせていったという『アンパンマンのマーチ』の一番の歌詞です。


テレビ局の人たちには「むずかしすぎませんか?」と言われたそうですが、やなせさんはそれを承知の上で書いたみたいですね。今回の震災でこの歌があちこちで歌われ、励まされたと言われるのはなぜか、という疑問にやなせさんはこうこたえています。


…ただ、私も子どもの頃、意味もわからず暗唱していた孔子の「論語」などが身体に染みついていたように『アンパンマンのマーチ』を乳幼児の頃から唄い続けることによって身体が覚える。つまり今回は、無垢な時代に入ってきた精神が、非常時にわき出たのかもしれません。私はいつも、相手が子どもだからとわかりやすく漫画を描こうとせず、自分の目いっぱいのメッセージを作品に込めてきたつもりです。そのメッセージが、意味はわからずとも子どもの純粋な気持ちと共鳴していたのだと思います。…


そしてよくツッコミをいれられる二番の♪愛と勇気だけがともだちさ~について(((^_^;)


…ここで私が言いたかったのは、これから闘うってときは、結局自分ひとりになるということです。「きみも一緒に」などと言っていてはダメなんです。最後はひとりの覚悟でなければね。…


うーん、今まで深く考えたことがなかった分、やなせさんのアツい想いに感動さえ覚えます。


…私は戦後に痛いほど経験しましたが、正義なんてものは社会や政治によって移り変わってしまう。そんなとき、信じてやれるのは、まず自分です。アンパンマンも孤独なんです。だけど、自分の献身と愛を信じる人間は強い。…


このインタビューは《Discover Japan》6月号に掲載されているのですが、「元気が出る言葉」特集に漫画家の手塚治虫さんの言葉もあって『人を信じよ、しかしその百倍も自らを信じよ』だったので、ウームと、またまたうなってしまいました!!


掲載されている著名人の<言葉のチカラ>はもちろんですが、白洲次郎さまのなんとステキなこと!!(笑)《モノクロのダンディー》(元ネタタイトルは言えない…真夜中ではないですっ!!)ですが…目がハートマークになりますね(^.^)



rohengram799 at 00:02コメント(16) 

2010年06月01日

ひつじ雲便り51:世界とつながる愛の飴

昨日の朝刊に入っていたらしい、カタログ通販のフェリシモの広告。やなせたかしさんとのコラボレーションで、アフリカ・ザンビアの子どもたちへの援助を兼ねた世界とつながるキャンディ(金太郎飴)の20回予約コレクションです。


一回の申し込みで、20回の予約、毎月1セット届きます。(税込月900円)商品価格の3%が寄付されます。締め切りは今月末、詳しくは、フェリシモで検索してみるか、書店でもカタログを販売していたと思うので、見て下さい。
出来れば、広告を探して下さい~多分全国入ったのではないかと思うのですが…会社は神戸です。




rohengram799 at 22:55コメント(0) 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

オスカー

QRコード
QRコード