おまじない

2016年03月03日

春雲便りNo.3:にゃん恋

『紐あれば毬あれば子猫の世界』(稲畑廣太郎)



こっそり子猫の世界をのぞきたいのですが、化け猫のようなワタクシにはムリ……(ーー;)


最近は猫を見かける機会がなくてつまらないなぁ~なので「猫ふんじゃった」は猫のシッポを踏んだと思っているけれど実は違うところなのか('_'?)なんてどうでもいいことを考えてしまいます! 最後、猫は遠くに飛んでいっちゃうんですね。歌詞が思ったより長かったのも意外でしたわ。



ペット可のマンションも増えていますが、なかなか猫を飼えないという人でも猫goodsを集めたり……と猫まみれ生活を送ることは可能。ウチにも両手をあげた招き猫の置物があります(笑)


「猫の恋」という季語がありますが“招き猫のおまじない”というのがありました! 白い紙に7色のペンを使い、右手を上げている招き猫を7つ描きます。その時に7色の中で好きな人をイメージさせる色の招き猫だけには目を描かないでおきます。その招き猫を切り取って手帳に貼っておくと、思いがけず好きな人と会うことができます……ってそんなにうまくいくんでしょうか? 招き猫の絵もうまく描けないと、ウルトラ怪獣のピグモンやガラモンみたいになりそう……! 小学生くらいまで心理的に有効なおまじないという感じがしますね。



眉毛に見える模様の猫もテレビで取り上げられますが、たいてい太い眉かお公家さんみたいな眉毛ですよね。細眉の猫もいるのかな? 私は見たことがないのですが『ガス燈』という映画に出てくるシャルル・ボワイエという男優さんの「眉毛がこわかった」という記事を読んだので、猫の眉毛模様が気になってしまいました。「弓なりに美しく整えられた眉毛が、冷たい突き刺すような目のうえで上下に激しく動くとき、邪悪で冷酷な男のこころがあらわになる。眉毛というものがこれほど何かをかたるものであるとは、知らなかった。蛇のような眉だ。」……自分の顔に蛇が這っていたら……ああ、イヤだイヤだ! なぜこうも発想が飛躍してしまうのか……ちなみにワタクシの眉毛は柳眉にほど遠い、バブルの時に流行った太い眉毛に近いです!



村山元総理の眉毛も懐かしくなってきたところですが、今日はこのへんで( ´∀`)/~~





rohengram799 at 10:00コメント(7) 

2014年12月16日

笑雲便りNo.18:恋の「占領」役者

天気予報の雪マークにビクッ(*_*;としていましたが、とりあえず今は晴れています!←で「中古本10冊で半額セール!!」のチラシを見てウキウキ本屋にいったら、帰りは雨に……ワタクシ、バスを待っています……♪バスを待つ間に~ブログを書くわ~(´;ω;`)



昨日の新聞に「百両と呼ばれる」という植物、カラタチバナの記事がありました。万両(ヤブタチバナ)千両(クササンゴ)は厳密な違いはわかりませんが知っていましたが、百両があったとは! そして十両(ヤブコウジ)と一両(アリドウシ)まで……\(◎o◎)/


http://www.azami.sakura.ne.jp/hana/zoku/manryo.htm



「千両役者」という言葉がありますが、江戸時代の歌舞伎役者は1年ごとに劇場と専属契約をしていたそうですね。その年俸が千両に達するほどの人気役者が「千両役者」というワケです。実際にそこまでいかなくても、景気付けのためにそうはやし立てたということもあったそうです。1両は今だとだいたい8万~10万円らしいのですが、当時の役者は所得税なんかないですからね~億万長者さまさまだ!! その分、嫌がらせやゼッタイ拒否したいお相手とのお付き合いなどもあったんでしょうね(;´д`)



「両」のつく文字で思い浮かぶのは「両国」。お相撲さんの「ドスコイ!」もいいですが、やっぱり「両想い」かしらん~恋の寒稽古、ガンバりましょう( 〃▽〃)←発想がいつもおやぢ!


片想いの子たちはなんにでも頼りたい……らしくかわったおまじないとかありますね。学生らしいというか。気になったものをいくつかご紹介します(´∇`)


《シャーペンの芯》
自分の名前と好きな人の名前のひらがなの数だけシャーペンの芯を出します。 それで紙にハートを描いて、芯が折れないように塗りつぶすことができれば、両想いになれます。 名前があっさりしている相手だと本数も少ないから、ハートを大きく書きすぎないようにしないと(^。^;)


《消しゴム》
新しい消しゴムを用意し、右下に緑色のペンで好きな人の名前(フルネーム)を書きます。その消しゴムを誰にも触れられないように使い切ると、両想いになれます。消しゴムは大きい方が効果あり! 「まとまるくん」(消しくずが一塊りにまとまる、私が小さい時にはなかった消ゴム)だとより効果がありそう……ご縁がまとまる←仲人大好きな田舎のおばちゃんみたいな発言(;^_^A



♪恋のからくり 夢芝居
台詞ひとつ 忘れもしない~


梅沢富美男さんの美声と艶姿が浮かんできますわ~。若者はへんな駆け引きなどせずに「当たって砕けろ!」な気持ちでいてほしいかなぁ。いろんな「ときめきメモリアル」がいっぱいなベテランさんも


♪けいこ不足を 幕は待たない 恋はいつでも 初舞台


ですから~目指せ!!恋の千両役者(*´∀`)♪





rohengram799 at 12:12コメント(10)トラックバック(0) 

2014年07月03日

美雲便りNo.3:カミナリササゲ

今日は九州北部、特に長崎の豪雨!! お見舞い申し上げます。これからの観光シーズンに影響がないとよいのですが…。こちらは降りそうで降らない、どんよりした空になっています。


「花木大角豆(ハナキササゲ)」という、どう考えたらそう読めるんだ!?みたいな漢字の木がありますが、別名「雷電木(カミナリササゲ)」と言われているそうです。高さが10m以上になるので雲まで届く程、という意味から付けられたそうな。また庭木にすると「雷が落ちない」とも云われているので、雷が大嫌いな徳川家康の為に東照宮境内には、この木が植えられているそうです。


雷が鳴ったらおへそを隠すとか「クワバラ、クワバラ」と唱えるとかありますが「雷が鳴る頃になると、桑の木の枝と野いばらの木の枝をそれぞれ3センチくらいずつ切ってヒモでつないでお守りを作り、それを毎日腰にぶらさげていた」という高齢の方の話も。また蚊帳は麻でできているから、雷を通さないのから「蚊帳に入れ」と言われたとか。今は蚊帳のある家の方が珍しいでしょうね~!


動物でも雷は苦手だと思いますが「猫は雷が嫌いらしいので、猫が死んだときに桑とバラを添えて埋めると供養できる」なんて話も読みましたが、これはクワバラにかけたシャレだと思って真に受けない方がいいのかしらん……前のお守りの話もダジャレ込みで子どもを安心させるための大人の知恵だと考えるべき(; ̄Д ̄)?


今はキラキラしすぎる名前が多いですが、人名で「雷」を使う人っているのかしら? 「嵐」と書いて「ラン」です!!とかはありそうですが( ̄▽ ̄;) 人名ではなくて神様の名前ですが、エストニアの天空神は「ユウコ」と言って「老人」を意味するらしい……ただ高齢というだけでなく知識も智恵もあるということでしょう。だからユウコさん!!落ち込まないで下さい(;^_^A 「雷の神」ともいわれ、稲妻の神格も持つ。美しい妖精リンドゥという娘がいて、星々にまつわる求婚の物語があり、最後、父ユウコによって天にあげられた彼女のヴェールが天の川なのだと伝えられているそうです。なんと美しい父娘の物語! エジプトの天空神はオシリスですが、エジプトは気候が関係するのか、雨を神格化したものはないようです。雨続きなんて、ミイラにカビが生えてしまいそう( ̄O ̄;


もうひとつ、アフリカのヤオ民族のお話を…。毎日、星を食べる神さまがいました←ここでサラダせんべいの「星たべよ」を連想したアナタ(*・・)σ……ワタクシと握手しましょう(☆o☆)  神さまは、虹の弓に稲妻の矢をつがえて星を射落として、煮て食べていました←ここでヒトデを調理かぁ、と思ったアナタ(σ≧▽≦)σ、ワタクシとシンクロ率75%かもしれませんわ。


ある酋長がそれをみて、自分もやろうと弓と矢を借りましたが、あわれなことに黒焦げになって死んでしまいました。愚かな行為に、神さまは弓矢を持って去ってしまいます。それ以来 空に虹がかかるようになりました。おしまい(^.^)


日本人は虹は7色ですが、アフリカでは、暖色と寒色のみ(または明・暗など)で2色という部族もあるらしい……ヤオ族が見る虹は何色あるのか、雷おこしを食べながら楽しく妄想したいと思います(≧∇≦)






rohengram799 at 20:30コメント(6) 

2014年06月09日

慶雲便りNo.9:アジサイ・スーパードライ

今日はまだ雨は降らない!と思っていたのに…………どしゃ降りの雨! でも買い物に行ってきました(TДT)途中で降られるよりマシですが、もう靴下までビタビタになってキモチワルイよぉ……!! 玄関には新聞が何日分も敷いてあります。


『あじさいは、こんなに厚ぼったい花なのに、ちっとも暑くるしくなく、涼しい花なのは好もしい。』 

幸田文さんの随筆にこんな言葉があるそうです。確かに、群生していても暑苦しさはないですね。フランスでは土のせいなのか、ピンクの紫陽花が多くて花言葉も「ひたむきな愛情」「辛抱強い愛情」(紫陽花の花びらは枯れても散ることがないことから)とか日本でよく言われる「移り気」とかと全然違う(~_~;)

これも地域性のある話ですが、紫陽花の愛知県蒲郡市の形原温泉に伝わる「紫陽花寺の伝説・花盗人」ってご存知ですか?

時代は形原町が「かたのはら村」と呼ばれていた頃、1人の娘が人目をはばかるように両手一杯にアジサイの花を抱えて、夜道を歩いていました。無事に家に戻った娘はホッとため息をついて、その花を玄関の引き戸の上に飾り付けます。「これで今年も災難に遭わず、お金にも不自由せずにすむわ」とつぶやき、年に一度の盗みを仏様にあやまりました。

これは形原の町に古くから伝わる俗信で、人に見つからずに他人の家のアジサイを盗ってきて玄関に吊すと、お金が貯まり、厄除けになるという……お互いに他人の紫陽花を盗み合ったために、見かねた補陀寺の住職が「寺にアジサイを植えておくことにしよう」と境内に植えたそうです。今もこの風習は形原町の一部に残っているとか。

また、石川県金沢市にも似たようなモノが(;・ω・)金沢市の家の玄関には、夏の土用にアジサイのドライフラワーが吊るしてあります。これは土用三番の日にやはりよそのお庭からアジサイ一枝を盗んで(O.O;)(oo;)それを半紙に包み、紅白の水引をかけて玄関に逆さに吊るします。「今日のよき日にアジサイの金袋、紫色ぞ我がものと思え」という言葉を唱えます。このアジサイの門守りは、お金に恵まれ、商売繁盛に繋がると信じられていて、人気があるそうです\(◎o◎)/


Dr.○パはドライフラワーは生気がないから運気をマイナスになるから、飾るなら生花が一番!!( ̄▽ ̄)b……と言っていた気がするけど……いいのか、別に……でもアジサイにこだわるのはナゼ(; ̄Д ̄)? 毒があるときいたことがあるから虫除け、カビよけ作用がある('_'?) 富山県南砺市では、土用の三番に《ねつおくり》を行うという記事は読んだことがあるけど(※)……民俗学の本とか読んだら、アジサイ関係の話や写真とかあるのかな?←Yahoo!で「紫陽花 おまじない」で検索したら、他にもワサワサ出てきました(≧∇≦)トイレ関係もチラホラ…!!

あと香りがよいのはカシワバアジサイだそうです。アジサイの香水とかつけている人がいたら、お目にかかりたいです(*^^*)



(※)田んぼのある地域では太鼓をたたいて田んぼを周ったり、子供達が笹を持ち「ねつおくるばーい」と言い笹で稲の穂先を払いながら田んぼを周り、稲の病気を追い払う。藩政時代から行われているらしい。似た行事は全国にあるが「虫送り」と呼ぶ例が多い。




rohengram799 at 16:32コメント(16) 

2012年08月02日

あかね雲便りNo.110:おみやげ三つ

今日は満月~私の持っている手帳には「五感を研ぎ澄ませるために1日中ハダカで過ごすのがベスト!」というようなことが書いてありました(~o~)部屋を閉めきって、クーラーガンガンでないとムリですね(((^_^;)


満月だからということもないでしょうが、今日は自販機で缶コーヒーを買ったら、なんと!!アタリ☆でもう一本!!ミルクティーのボタンを押しました~(*^^*)いやぁ、自販機でアタリが出たのは、ハタチの頃、ひとり暮ししていたアパートの近くの自販機でココアを買った時以来です。バイト帰りにココアを買うのがお約束でしたが、焦ってまたココアのボタンを押したワタクシ…冬だったのでホットを購入、手がアツい~!!と思いながら帰った記憶があります。嬉しいおみやげでありました。


さて、タイトルの『三つのおみやげ』は童謡です。


おみやげ三つに
たこ三つ
おみやげ三つは
だれにやろ
さようなら
いう子に
わけてやろ
せなかをたたいて
ぽんぽんぽん



上映中のアニメ《おおかみこどもの雨と雪》に出てくるのだと、本日の読売新聞・編集手帳で知りました。


「せなかをたたいて ぽんぽんぽん」ってありますが、肩を自分でたたくという行為は魔除けのおまじないなんだそうですよ。何かイヤ~な気分がした時に、両手のゲンコツをクロスするようにして、肩をトントン♪とたたくと、うしろからやってくる邪気を寄せ付けないんだそうです。


“ぽんぽんぽん”に“トントントン”ひろげた手や握りしめた手からパワーがじんわり効いてくるような気持ちになります。今はちょっと暑苦しく感じますが、秋風が吹く頃、雪が舞う頃にはホッコリしそうですね(^0_0^)



◆2024/02/01追記
2番、3番の歌詞

2.おみやげ 三つに たこ三つ たこは たこでも いたいたこ

 せなかに しょわせる いたいたこ そらそら あげるよ ぽんぽんぽん

3.おみやげ 三つに たこ三つ もらって にっこり さようなら

 夕焼け 小焼けの よつ辻で あの子も この子も ぽんぽんぽん

西條八十が作詞、中山晋平が作曲だそうです。



rohengram799 at 23:42コメント(15) 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ