備忘の果実 〜オスカー戯言日記〜

好きなことを好きな時にチマチマと書いています☘️

タグ:かかと

『軽石で足裏磨く子初浴衣』(三好康子)


昨晩はどこかで花火大会があったらしく、浴衣姿の女の子を見かけました。仕事帰りでタイミングが悪かったのか、たくさんの可愛い女の子を見られなくて残念でしたが(-.-)

かかとがちょっとはみ出すくらいの小さめの下駄を履くのが「粋」なんだそうで、この句の女の子(だと思う)もかかとのお手入れに余念がないのでしょうね。中学生くらいかなぁ~その様子をちょっとあきれながら、でも優しく見守っているであろうお母さんの姿も想像できて、自然と顔がほころんできます(^^)

かかとがちょっとはみ出す…というと、ヤンキーのお兄さん方が女性用サンダルをはいて、コンビニの前にたむろっている姿がうかんできましたが、コレは「粋」というより「意気がっている」状態?(~_~)「かかと水虫」とかあるらしいので、オラオラ~なお兄さん方も気をつけてお手入れしていただきたいですね~(((^_^;)

《かかと水虫》
http://www.rohto.co.jp/ex/item/it_07.html



お話変わりまして、今日は520人の犠牲者を出した日航機墜落事故から27年…遺族の皆さまは今年も墜落現場となった群馬県上野村の「御巣鷹の尾根」を目指し、慰霊登山をされました。登山口から尾根に立つ「昇魂之碑」までは距離800m、高低差180mの険しい道のり、高齢の方にはかなり厳しいと思われます。格安航空会社が次々と事業参加していますが、やはり気になるのは安全面ですよね。今日だけでなく、いつも気にして欲しいし、航空関係だけでなく鉄道も船舶も高速バスなどなど、安全第一でお願いしたいです。私たちも「安いから」で安易に決めてはいけないですね。

タイトルの『いのちの名前』は 映画「千と千尋の神隠し」のテーマソングから…実は私、ちゃんと映画を見ていないのです、ごめんなさい(-_-;)


♪叫びたいほどなつかしいのは ひとつのいのち 真夏の光…


8月は1年のうちで最も「いのち」を考え、向き合う時期かもしれないですね。


本来の意味では、フランス革命時の議会の席順から、左翼=革新派・右翼は保守派を意味する……の「右より」というオモタイ話ではありませんよ、もちろん(((^^;)


この前、ダンナに言われたのですが「お母さんって、ラーメン食べる時に右に首をかしげるよね」と言われました。「はぁ?」と思ったのですが、言われてみれば確かに右側に小首をかしげてズルズルと…いつからなのだろう!?


今現在、四十肩で痛いのも右肩なのですが、なんとなく歩きながら「バランスが悪いな~」とは思ってはいました。靴のかかとの減り具合が右側が極端なのですわ(--;)


そして、新しくパチンコ台で私の好きなアニメ『「地獄少女』が導入されるので「お店には入らないんですか?」とスタッフに聞いた時も、右側に傾いていたようで~おまけに自分では全く意識していなかったのですが、人差し指をアゴにあてて、おそろしくぶりぶりな態度をとってしまったようです…(´Д`)四捨五入したら50才のオバサンが萌えパチの話をすること自体オイオイなのに…やってしまったぜ!!


皆さまは「ん?」と思った時に、右側に傾くか左側に傾くか…どちらでしょう?利き手と関係があるのかないのか?


寝るときも本当は心臓を下にするのはよくないときいたので、右下の横向きで寝ようと思うのですが、肩が痛いので、左下…仰向けでおとなしく眠ればよいのですか、なんか今は落ちつきません。身体のバランスを保つのに簡単で有効な「なにか」はないかと探すものぐさ野郎でございます(~_~;)



↑このページのトップヘ