サラダ記念日

2014年07月08日

美雲便りNo.8:青天の辟易(-。ー;)

すでに台風一過ですか?というような青空の火曜日です。七夕の昨晩、私が帰宅する時には雨もやんでちょっと月が見えていました。そして家につく頃にはバッチリ月明かりが…! 雨の地域の皆さまには本当に申し訳ないです。通勤通学、外出など気をつけてムリなさらないで下さいね!


昨日はお仕事仲間から「テレビでやっていたけど‘七夕お盆’ってきいたことある?」という話になり、休憩時間にちょっと検索……ありました(^o^) 7月1日を「釜蓋朔日(かまぶたついたち)」とよび、この日からお盆が始まる(=「盆入り」)とする地方が全国的に見られます。「お盆には地獄の釜のふたが開く」という話を聞いたことのある人も多いと思います。「釜蓋朔日」の名前は、この日が地獄の釜のふたが開く日であるという伝承に由来します。(略)「カマノフタの朔日」「釜ノフタノ祝イ」「カマの口アケ」という地方もあります。七日盆(なぬかぼん)7月7日を盆入りとする地方もたくさんあります。(略)七日盆の行事としては、墓掃除、盆棚つくり、仏具磨き、路草刈りなどが行われます。……詳しくはコチラをどうぞ(^0_0^)


http://obon.bonodori.net/obon/OBON6.html



さてさて……二男がくれた『青天の霹靂』読み終わりました。先に読んでいた彼に感想をきいたところ「うん、まぁまぁおもしろかった」「そう…」ワタクシ、自分の感想は言えませんでした……だって「つまらない」ではなく「あざとい」という印象だったんですもん( ̄0 ̄;)


内容は、学歴も貯金も彼女もいない35歳の晴男は、今三つくらいパッとしないマジシャン。テレビのオーディションを受けて合格の連絡を待っていると、かかってきたのは警察から! ずっと会っていない父親が亡くなったという。ホームレスになっていた父親が生活していた場所に置いてあったのは、あちこち補修してあるけれど、マジックの真似事をしていた小さい頃に使っていたダンボール……中に身体をねじ込ませ、なんで?と思っていたらカミナリが!! そして過去にタイムスリップして、若い頃の父親に会い、記憶にない母親とも……みたいな話。


正直、もうタイムスリップしたところでうーん( ̄~ ̄;)設定としてありふれているので、よほどウマイこと書かないと先が読めてしまう。文章は本職じゃない人が書いたものという印象。さだまさしさんの方が詞を書いているからか「作家より」な感じ? 自分が監督で映画を撮っているからか、それを文章にしましたみたいな……実際はどちらが先か知らないんですけど「ドラマや映画、マンガを小説にしたよ♪」って雰囲気。泣かせようという意図がミエミエでないところが、余計に姑息というかあざといなぁ、と読みながら思ってしまった……だから『陰日向に咲く』も読む気がなくなりました。この作品が好きな方、申し訳ないですがワタクシ個人の感想ですので…人( ̄ω ̄;)



今年の『サラダ記念日』の短歌入選作もキッコーマンの『おいしい記憶エッセイ』も、これまでのものほどおもしろさや味わい深さがなくて、妄想も感動もなく、むしろ「ガッカリだなぁ」……「ちょっと感受性が鈍ってる? 感覚がおかしい? 年のせい?」とか考えたりしたのですが「オレの魂は震えない」のですから、もう仕方ないですよね( ̄へ ̄)






rohengram799 at 08:05コメント(4) 

2013年07月06日

うろこ雲便りNo.25:今日もやっぱり妄想家

関東地方に梅雨明け宣言が~そう聞いただけで暑さ倍増!昨晩のムシムシ感が日中も続くかと思うと…はぁ~ですね。昨日はショッピングセンターの駐車場に救急車が止まっていました。「七夕猛暑」なる言葉を見ましたが、七夕のイメージが悪くなる~(´д`)織姫さまがマツコみたいな巨漢になってしまったような…天の川が甘くない、汗だくのしょっぱい川だったら…ああっ、年一回のデートが台無しっ!!←スミマセン、暑いので許して下さい(笑)


さて、毎年この時期は「サラダ記念日」にあわせて企画された短歌くらべの記事がどーん!!と新聞紙面に載りますが、今年(2013年)はこの作品がNo.1に(^o^)v


『電話してサラダのレシピを母に聞く 本当は声を聴きたいだけだ』(東京・宮川健太郎)


作者が男性なのがまた…!!母上はひとりで暮らしているのかなぁ? 元気にしているか気になって理由をつけて電話しているのか、自分もひとり暮らしになって(例えば離婚)気分が落ち込んだ時に懐かしい声が聴きたくて電話しているのか……いろんな年代、立場でたくさんの物語が出来そうです(*^^*)


物語といえば、今読んでいる『花束に謎のリボン』(松尾由美)の主人公の彼氏が…妄想小説家っぽい(~o~) 主人公の桜井智花は名前にふさわしく花屋に勤めていますが、時々不思議なお客様がやってきます。渋い色合いの花束にまるでそぐわない派手なリボンを選ぶ男性(タイトルですね)《アマリリス》の歌の歌詞をたずねにきた男の子、チューベローズの花言葉を気にする男性など…。そんな小さな謎を一緒に暮らす小説家の彼氏に話すと、意外な推理を語り始めるのです。推理というより妄想ドラマなので、たまについていけないみたいな…またお互い言葉不足な感じもします。


物語の中に花の名前はもちろんたくさん出てきますが、井伏鱒二さんの『屋根の上のサワン』のあらすじもあり、読んだことのない私は「こういう話なのか~」とトクした気分になりました。そして例によりオソロシイ勘違いに気がつきました!!


まずタイトルですが…なぜか思い出す時の作品名は「サワン」でなく「スワン」で、頭に浮かぶのは白鳥ではなくペリカンかハシビロコウの姿。実際は雁なんですよね。そして「サガン」だと思っていました……『悲しみよ、こんにちは』状態(ToT)ちなみに「SAWAN」はタイ語で「天国」という意味らしいです。


今日も一冊の本からたくさんのことを学んだワタクシでした(笑)




rohengram799 at 19:00コメント(9) 

2010年07月05日

ひつじ雲便り106:『サラダ記念日』は明日だけれど…

キューピーマヨネーズさんが、俵万智さんの『サラダ記念日』にちなんだ短歌を募集して、はや5回目。


昨日の新聞に優秀作品11首(応募総数4532)が発表されていました。


私が気にいったのは、こちら~☆


『2円ほど 高いけれども ふるさとの レタスの方を
カートに 入れる』


うん、うん、わかる!わかるよ~!!ってかんじ(笑)


疲れているときとか、自分の生まれ育った土地のものを食べるといいって言うし…私が選者なら、間違いなく、この句が最優秀作品ですね!!


ちなみに、ウチは味の素マヨネーズ派です(笑)


ドレッシングとかは、ベルマークがついているので、キューピーを買いますけど(笑)


皆様のおウチは、味の素?キューピー?


「そんなの買わない!」の手作り派…でしょうか!?



rohengram799 at 00:32コメント(2)トラックバック(1) 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ