セミノール

2017年04月13日

菫青雲便りNo.12:しま、しま、しま

「季節限定」という言葉はやはり気になってしまい、KAGOME野菜生活100シリーズは特にキライとかまずそう・・・と思わない限り買ってしまいます。今日はスーパーで「早摘みセミノールミックス」を買ってきました。


セミノールオレンジでは検索すると、産地がいくつかあるのがわかりますが「三重セミノールのさわやかな酸味」と三重県を強調! 「三重県は昭和46年に国内初の栽培を始めたセミノール発祥の地」なんだそう。全然知りませんでした(^_^;) 瀬戸内柑橘ミックスも買って、ビタミンC補給はバッチリですわ!



『瀬戸多島ひとつひとつに春一番』(寝屋川市・兼松兵衛さん)


11日付け「読売俳壇」(読売新聞)で正木ゆう子さんが選ばれた一句です。瀬戸内海の島々、そのひとつひとつに春のちょっとばかり激しい風の便りが届く・・・ホンワカしてくる作品だなぁと思いました。



千葉にも島がありビックリしました!


【仁右衛門島(にえもんじま)は、太平洋にある島。全島砂岩よりなる。千葉県鴨川市太海の沖合約200mにあり、周囲約4kmの千葉県でもっとも大きな島で個人所有。源頼朝や日蓮の伝説で知られる。千葉県指定名勝。新日本百景にも選ばれている。

島主である平野仁右衛門の名に因み、この名前になったといわれている。夏涼しく冬暖かい風光明媚な自然の楽園。金銀針茄子(キンギンハリナス)という珍しい植物もみられる。島の南側は荒々しい海岸線がみられ、自然の防波堤の役割も果たしている。】 (Wikipediaより)



よく「離離」という言葉を使いますが、これは戦後にはじまった離島振興の流れから使わるようになった法律用語と言われ、島に暮らす人は自らが暮らす島を「離島」とは表現しないそうです。が、あえて「離島」として指定されることで、離島振興に係る財政支援も受けやすくなるんだとか。


雑誌『島へ。』の新聞広告は見たことがありますが『離島経済新聞』というのもあって(ほかにもいろんな団体があった)「離島指定基準」が1964年以来約半世紀ぶり(2年くらい前?)に見直されだそうです。

 

「“離党”経済新聞」とか永田町で秘かに配布されていたりして・・・(ーー;)





rohengram799 at 22:59コメント(4) 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

オスカー

QRコード
QRコード