タイムスリップ

2015年03月27日

咲雲便りNo.27:梅酢トラベラー

小学生の頃、NHK「少年ドラマシリーズ」で筒井康隆さんの『時をかける少女』を原作にした『タイムトラベラー』ってありましたが、昨日は新津きよみさんの『梅酢トラベラー』ではなく(笑)『彼女の遺言』を読みました。


独り身で子供も持たなかった、仕事ひとすじの啓子は、病気のため54歳という若さで亡くなりました。啓子の小学生からの親友である宏美は、遺品として梅酢を受け取ります。同封されていたノートには「この梅酢で十円玉を磨いたら、その製造年に五時間だけ意識が戻る」という不思議な体験が記されていました。コインをどの液体、調味料につけたらキレイになるかという実験を小学生の時に二人はしていたのです。宏美はちょっとコワイし半信半疑ながらも、息子を不幸にしているDV嫁との初対面時に戻り、別れさせることに成功します。まぁそのためにギクシャクはしますが…。そして、なんらかの代償があることにも気づきます。しかし、啓子が当時付き合っていた男性のプロポーズを受けていたら、彼女の人生は幸福なものになったはず…と思った宏美は意識のタイムスリップに挑むことに……。不思議系ミステリーですが、限られた時間でタイムスリップしているからかこのくらいなら案外出来て体験している人もいるのかも?なんて思ってしまいました。


梅酢というと楳図かずおさんがうかんできて『楳図トラベラー』だったらホラーすぎて体験したくない……((((;゜Д゜)))しかし、この「楳」の字はなんぞや(´・ω・`)?で気になる……ので調べてみました!!


「木」+音符「某」。「某」は「木」+「甘(口の中にものを含む)」で、もともと実を口に含む「梅」を意味していたそうですが、推定音mbaiが、「暗い」を意味する一連の語(黒、墨、黙、海)と同音であったため、「(暗くて)はっきりしないもの」を表す代名詞となり、「うめ」の意では「楳」が造字されたようです。


また難読漢字に「梅皮花」というのがありました。カイラギと読むそうです。「鰄」とも書きますが「サメ類の背の中央部分の皮。硬い粒状の梅花の形をした突起があり、刀剣の鞘(さや)・柄(つか)などの装飾に用いる。また、その皮で装飾された刀。さめかわ。」のことで、他に「茶碗などの釉(うわぐすり)が焼成不十分のために溶けきらず、さめはだ状に縮れた状態。」を指すようです。「サメハダの器」などと書かれた説明を読むより「梅皮花」とあった方がずっと風情がありますね。その茶碗を手に取り「いい仕事してますね~」(古いなぁ)とか言ってみたい(^◇^)



最後に《汚れた硬貨はどこまでキレイにできるか?3つの方法を試してみた》をご覧下さい。


http://enjoy.sso.biglobe.ne.jp/archives/kouka/


どうぞ、皆さま、身も心もピカピカの金曜日をお過ごし下さいませ(*´∀`)ノ





rohengram799 at 14:04コメント(6) 

2013年05月31日

ヒコーキ雲便りNo.48:五月晴れ(^o^)~5月の本棚

いいお天気ですなぁ~仕事が休みなので、のんびりしています。今月はあまりノリノリ感がないまま不完全燃焼で(皆さまにはご心配いただき、励ましもいただき、見守っていただき感謝です!!)もっとたくさん更新したかった(書きたかった)と思っています。


今日で5月も終わり、今月の〆本は山本甲士さんの『戻る男』になりました。中公文庫の表紙が気に入って買ったのですが、山本さんはすでに『わらの人』でお知り合い(笑)になっていた作家さんでした。なるべく読んだことのない作家さんの作品を…と思っていますが、難しいですね~あと「タイトル買い」で失敗しないようには気をつけています(^^;)))


さて内容はタイトル通り過去に「戻る」話。ある日、一発屋の作家・新居航生に「タイムスリップ案内状」が届きます。ただそれには細かい条件があり、もちろん他言無用、お金も必要(最初で50万!)…胡散臭いと思いつつ「金ならある、ヒマだしネタになるかも」で体験を決意。何より彼にはいじめられっ子だったこと、女に手痛くふられたことなど、心の古傷となっている戻りたい過去がいくつかあったから…一度経験したら「もう一回♪」な気分になってしまい、合計650万を払い3回タイムスリップします。しかし、やっぱり疑問を抱き、本当に過去は変わったのか検証を開始…すると!?というまぁ定番の展開と言えばそうですが、おもしろく読めました。


自分だけが過去をやり直したいと思っているわけではなく、またその過去を大事にしている人も踏み台にして頑張ってきた人もいるわけで……。作品中にタイムトラベルを題材にした小説や映画作品名もたくさん出てきたのですが「知ってる!知ってる~!!」が少なく残念~『バック・トゥ・ザ・フューチャー』とかも見たことないなんてダメですよね('~`;)


そう言えば今月読んだ『リセット』(垣谷美雨)も過去に戻る話でしたわ~ドラマにもなっていましたが、こちらは高校時代からやり直したのに、おもうようにいかない、なかなか現代には戻れないで大変!!やっと戻ってきたけれど、実際にはプラス10年以上は生きてきたという記憶は残っている……なんかそう考えると怖いですね(´Д`)


続きを読む

rohengram799 at 16:16コメント(12) 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

オスカー

QRコード
QRコード