ファンタジー

2023年06月14日

暑雲便りNo.11:お月さまの声

こんにちは🐥 昨日は兄からスマホに着信が……年に数回の連絡はいつもメールなので何かあった?!と焦って出たけど、雑音ばかり〜折返しても出ない〜! メールをした数分後、ポケットに入れていたらどうも誤作動があったらしいとの返事。特に問題があったわけではないとわかり、ホッとした午後を過ごしました😅


今は七十二候で腐草為蛍(くされたるくさい ほたるとなる)。「腐った草が蒸れて蛍になる」……毎回思いますが、土の中で羽化して地上に現れる蛍の姿に「腐った竹の根や草が蒸れて蛍になったんだ!」と考えた昔の人の発想力はスゴイですな🥸 こちらの俳句はまたファンタジー色が強い? 童話になりそう💕


蛍死す金平糖になりながら
                         中島砂穂『熱気球』より
https://furansudo.ocnk.net/phone/product/1366


ファンタジーと言えば……小学生の頃、こういうイラスト入りの手帳を持っていました。誰かにもらったのかな? 万年筆荷物憧れ我あり、青いインクで何やら書いていた記憶が薄っすらとよみがえりました🤭

花の妖精
http://www.ehon-house.com/smartphone/list.html?category_code=flowerfairies


そして今日、ワタクシ的に驚いだことは辻仁成さんと東君平さんが親戚だったということ!『詩とメルヘン』でよく君平さんの作品を目にしていたけれど、まさかのつながり!
https://www.designstoriesinc.com/jinsei/dairy-384/


メルヘン&ファンタジーの締めくくりは昨日の「こどもの詩」で見つけた3歳のコの詩で😄


       「お店のBGM」

    何か音が聞こえる  

    お月さまじゃない? 

    ほら、お月さまの声だよ



夜のレストランで流れる音楽、きっと素敵な音だったんでしょう。なんでも騒音だ、うるさい!と抗議する人たちの話を呼んだ後では、この純粋な感性がキラキラ✨眩しいです。




rohengram799 at 10:50|PermalinkComments(8)

2021年06月26日

清遊雲便りNo.17:ジャケ買い

『ひまわり探偵局』という本を読み始めました。
https://hon-hikidashi.jp/enjoy/72427/


が! たくさんの本のタイトルやその作品の登場人物の名前が出て来て、未読作品が多い私はソレが気になって気になって、物語の謎解きに集中出来ません(´-ω-`) ようやく50Pくらい……諦めて違う本を読もうかと積ん読をガサガサしたりして。

この本を買ったのもかなり前で、多分「探偵」とタイトルにある作品を読もう!と思っていた時期だと思うのです。自分の中でへんなブームというかこだわりがあり「鬼」のついたタイトルを何冊も買ってみたり……で、積ん読本が増えるという……。

タイトル買いは危険がいっぱい〜改題されて表紙も出版社も変わっていたら、以前読んだのに新作だと思ってまた買ってしまうことが…… ( ´△`)

そうそう、本をジャケ買いしよう📚とするサイトがありました。
https://bookface.jp/


やっぱり興味を持ってもらうのが一番ですからね。
斉藤一人さんが

「人間は中身ですよ」っていうけど、中身って他人にはわかんないもん。裸になっても、わかんないんだよ。 洋服着てなくても、あなたの心の中は誰にもわかんないんだよ。 それなのに、「中身で勝負です」って、いってる人もいるけど、中身で勝負する前に、包装紙とか、いろいろあるでしょ、って。
いろいろあってはじめて選んでもらえるじゃない?

……ということを本に書いていたのだけれど、コレをちょっと思い出しました(^。^;)



rohengram799 at 09:00|PermalinkComments(0)