佐藤春夫

2023年05月31日

だし雲便りNo.21∶月末のばら🌹

こんにちは🐥 今朝は北朝鮮からミサイル発射のニュースが……最近はこういう緊急ニュースだけでなく他の話題でも伝える側がテンパっているように感じます。カミカミだったり、読み方を間違えたりで正しい情報が伝わらない。とにかく印象操作や作為的なものも感じるのでイヤになってしまう😓


さてさて、ベルばら50周年でイベントも多いしお高いグッズも登場してますね〜映画情報は全くないけど😓

香川のレオマリゾートのベルばらガーデン🌹 貴公子カメラマンってナニ〜?! 服装がロココ調なのかしらん? 今年は薔薇も紫陽花も開花が早いようですね。
https://www.newreomaworld.com/spi/spring_flower_fes_2023/#verbara

そしてこのお財布!お値段4万超えてる!! 買ったら財布の中身はスッカラカンになるわ……高くても2万くらいまでしか出せないわ←そんなに高い財布は買ったことがないけど、お高いグッズのターゲットは絶対リアルタイトル読者層だなと思ってしまう😱
https://natalie.mu/comic/news/525996



今日で5月も終わりですね。締めくくりはワタクシのブログではわりと出番が多い佐藤春夫センセのお写真で🤭🤭🤭 
https://books.bunshun.jp/articles/-/3211


今月もお付き合いいただきありがとうございました。
よろしければまた来月もお立ち寄り下さい🥰
皆さま、どうぞご自愛くださいませ。





rohengram799 at 12:30コメント(7) 

2023年05月17日

だし雲便りNo.11:水曜日の佐藤サン🥸

こんにちは🐥 タイトルの佐藤サンは「佐藤春夫」氏です⁠(笑)


「家出人人相書」という佐藤春夫の詩があります。「人相書」ってこういうヤツだったっけ(⁠•⁠ ⁠▽⁠ ⁠•⁠;⁠)?


「家出人人相書」  佐藤春夫


三十歳の肉体を秘め

十七歳の情操を香はせ

柔和にして暴虐

能く暗中に化粧し 又

泣くこと巧みにして猫属なり

女の目には極めて不快

若き男の目にはまばゆし



いわゆる文豪と呼ばれている人たちが誰と同世代なのかわかっていないワタクシ、コチラも佐藤春夫作品。『思い出』というタイトルから恋愛絡みかと期待していたら違った!


……いつか「我等」という雑誌の出版祝いに、銀座尾張町のライオンの二階で、特別親しい者が集って一緒に酒をのんだ時、一座の者が気むずかしがらぬように先生が酒のさかなにデカメロンの特にわいせつな話を笑いながら話された。そのころわいせつ本の発売が禁止されたころであったが先生は「読み方が悪いのであって、上手にユーモアとしてみればわいせつもわいせつではない。笑わずに読めばわいせつにも我々はユーモアの美しさを感ずる」といっておられた。……


森鴎外との思い出〜まさか『デカメロン』が出てくるとは! 

【思い出】
https://www.aozora.gr.jp/cards/001763/files/58824_66741.html

【森鴎外記念館】
https://note.com/nareura/n/n1abecc19cf9a


そして意外な童話(?)も書いていた。おもちゃは本物になれない……ちょっとせつない。

【おもちゃの蝙蝠】
https://www.aozora.gr.jp/cards/001763/files/61269_77135.html


家の中にいるとヒンヤリしているのに外に出るとギラギラでキツい〜(⁠@⁠_⁠@⁠;⁠) 風邪気味の人も頭痛が続いている人も多いようです。どうぞ皆さま、体調には十分お気をつけ下さい。よい1日をヾ⁠(⁠˙⁠❥⁠˙⁠)⁠ノ



rohengram799 at 11:15コメント(8) 

2023年04月10日

陽春雲便りNo.10∶春のためいき 

こんにちは🐥


『ためいき』という八連からなる佐藤春夫の詩の中に

ふといづこよりともなく君が声す 
百合の花の匂ひのごとく君が声す。 

というのがあります。花のかおりの中で百合を選んだのが清純な乙女のイメージ満載だわぁ、と思った朝でしたが、ベランダで洗濯物を干していると何やらわめき声が……。

幼稚園に行くのを嫌がっている子どもでしょうか、私も保育園に行くのがイヤな子どもだったので気持ちはわからないでもないのですが……早く慣れるといいねぇ(⁠•⁠ ⁠▽⁠ ⁠•⁠;⁠)


さてさて、新人でなくとも思わぬ失敗をしてしまう可能性がある社会人生活。先方には上司とともにお詫びの品に「切腹最中」を持参して…なんて話がありますね。
https://tabiyomi.yomiuri-ryokou.co.jp/article/000059.html

こちらの品物だとどうなんでしょうか?「腹を割って」話をしてよりよい関係ではなく、非礼を「水に流して」下さい……となるかどうかはとても不安になります……「腹に据えかねる」結果になったりして(汗)

【トイレの最中】
https://livingculture.lixil.com/ilm/shop/pickup/monaka/


ではでは、皆さま、今週もご安全に(⁠⁠(⁠・⁠ω⁠・⁠*⁠)⁠ノ



rohengram799 at 10:50コメント(8) 

2021年09月18日

鹿火雲便りNo.12:時の雨に秋の女

台風14号の影響は全くなかったという感じの我が家周辺、皆さまのところは大丈夫でしたか?


「時雨心地(しぐれごこち)」という言葉を知りました。涙が出そうな時の気持ちを伝える言葉だそうです。涙を流すことは「時雨れる(しぐれる)」というらしい。間違えて「時化る(しける)」と言ったら大変な状況ですな(^o^;)


コチラは佐藤春夫の『秋の女よ』という詩です。過去に別れた女性の面影を思い出しておセンチになっているのでしょうか? それとも妄想……? ( ̄~ ̄;)



秋の女よ


泣き濡れて、秋の女(おみな)よ
わが幻のなかに来る
泣き濡れた秋の女を
時雨だと わたしは思ふ、

泣き濡れて 秋の女よ
汝(なれ)は古城の道に去る
頸(うなじ)に柳葉がちりかゝる
枯れた蓮(はちす)を見もしない、

泣き濡れて 秋の女よ
汝があゆみは 一歩一歩
愛する者から遠ざかる
泣き濡れて 泣き濡れて

泣き濡れて 秋の女よ
わが幻のなかに去る
泣き濡れた秋の女を
時雨だとわたしは思う

一しきり わたしを泣かせ
またなぐさめて 秋の女よ
凄まじく枯れた古城の道を
わが心だと わたしは思ふ



rohengram799 at 17:00コメント(0) 

2021年07月19日

細蟹雲便りNo.19:こぼれ松葉

「松葉茶」というものがあるのですね。どくだみ茶とかはスーパーで見かけますが、コレはなかったような気がする。
https://news.nissyoku.co.jp/hyakusai/hgs-62-0023


松葉と聞いて

こぼれ松葉をかき集め乙女のごとき君なりき

という歌があったような……と思い、調べたら佐藤春夫の詩に小椋佳さんが曲をつけて歌っていました。『黄色い涙』(*)というドラマの主題歌だったようです。ドラマは全く記憶にないですわ(;´∀`)



「海辺の恋」


こぼれ松葉をかきあつめ おとめのごとき君なりき

こぼれ松葉に火をはなち わらべのごときわれなりき


おとめとわらべ寄りそひぬ ただたまゆらの火をかこみ

うれしくふたり手をとりぬ かいなきことをただ夢み

入り日の中に立つけぶり ありやなしやとただほのか

海べのこひのはかなさは こぼれ松葉の火なりけむ




親友でもある谷崎潤一郎の奥さん・千代を思っての詩だとか。谷崎が奥さんを譲ったとかありましたね。
http://blog2.hix05.com/2013/02/post-304.html



「こぼれ松葉」というお菓子もありました。ポリポリ食べたい♪
https://ameblo.jp/maki-kyoto/entry-12056679511.html



(*)
http://ichikawa.nkac.or.jp/script/television/11812/






rohengram799 at 18:15コメント(4) 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

オスカー

QRコード
QRコード