奥田亜希子

2023年04月25日

陽春雲便りNo.18∶だってしょうがないじゃない?! な火曜日

おはようございます🐥 今日もヒンヤリとした朝になりました。


昨晩からコチラの本を読んでいます。
【白野真澄はしょうがない】
https://special.tsogen.co.jp/shiranomasumi


同姓同名どころか、身内が以外に旧姓でも同じ名字、名前の人に会うことはほとんどないですわ。1話から結構トバしてる?!内容だったのでビックリしましたが、面白く読んでいます。どこかにいる「白野真澄」さんの感想を聞きたい(笑)


その前はアンソロジーを読んでいました。
【Seven Stories  星が流れた夜の車窓から】
https://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784167920234

もちろんタイトルと表紙買い😆 九州を走る豪華寝台列車「ななつ星」を舞台にしたアンソロジーです。
三浦しをんさんの「夢の旅路」は長い付き合いの女友だちふたり旅。女の友情は長続きしないと言いますが、長く付き合える関係には「親友」とかありふれた肩書はいらないような気がしました。

年配女性のふたり旅ってよく見かけるけれど、ナイスミドルのふたり旅ってあまり聞かないかもしれない〜男同士だと「友あり遠方より来たる」でお互いの住まいをふらりと訪ねるイメージが強いかなぁ。個人の見解です😅

桜木紫乃さんの「ほら、みて」は卒婚を考えている奥さんの話。絵本セラピストの勉強を始め資格を取る。同名の絵本が出てくるのだけれど、これは市販本ではありませんでした。https://ameblo.jp/fm946-satopu-blog/entry-12642573223.html


ほら、みて。水がきれいだ。いつのまにかぼくは、こんなところまできたよ


始まりはこんな文章です。以前読んだ『短編 ホテル』というアンソロジーでも「青い本」という絵本が出てくる作品を書いていたので、桜木さんは絵本が好きなのかしら?
http://bunko.shueisha.co.jp/tanpenhotel/

架空の絵本と言えば漫画『死役所』の「あしたのわたし」もそうでした。こちらは反響が大きかったからか書籍化されています。
https://bookwalker.jp/de11ec4f8a-81f2-477b-ba13-e27ad826e2bc/


豪華寝台列車の旅、私は好き嫌いも多いしお酒も飲めないので「乗りたい!!」欲求はそれほどないのですが、九州は行ったことがないので(ほとんど旅行にいかないけど)こういう記事を読んで楽しませてもらってます😄

【九州のロケ地巡りを楽しもう】
https://note.com/yasuisanchi/n/n00ab3ac5274a


そうそう! 本のタイトルを検索していたらこんな物件サイトが🌹

SEVEN STORIES -3階|葡萄色の漆黒- のマンスリーマンション情報
https://atinn.jp/plan/12067

「葡萄色の漆黒」……🔔🌹ファンなら絶対気になると思うのよね💕



今日のタイトルは和田アキ子さんの♫だってしょうがないじゃない から🤭
https://www.uta-net.com/movie/2980/


来週はもう5月! 残り少ない4月もどうぞ「ご安全に」!





rohengram799 at 09:55|PermalinkComments(4)