岡本かの子

2013年06月30日

うろこ雲便りNo.18:日曜の忘れもの

日付がかわって、今日は6月最後の日曜日~もう半年過ぎたということですね…早いっ!!


7月になるとあちこちでお祭りや花火大会など夏らしいイベントがたくさん♪そして迷子やら忘れものやら(--;)


『日曜の駅に金魚のわすれもの』(一ノ木文子)


昨日の新聞に載っていたのですが、どこかのお祭りで金魚すくいをして楽しんだ帰り、トイレにでもよって忘れてしまったのでしょうか?(関係ないですが、昨日また男子トイレにパンツが脱ぎ捨てられていました…!!)落とし主が見つかるまで駅員さんたちがお世話してくれるのかな?


『大出目錦やあ楸邨といふらしき』(加藤楸邨)


この句が私は好きなんですが、忘れものになった金魚もこんな風に駅員さんを見るのかな~と思うとちょっと笑ってしまいます。でも生き物なので、金魚柄の手ぬぐいとか小物類だったらいいのにな…とも思います。木魚は…ビックリするかな(笑)「やっぱりイラナイ」という考えで置いてきぼりにした可能性とかは…考えすぎかしらん?


岡本太郎氏の母上・かの子女史が『金魚繚乱』という小説を書いていますね。 恋しい女性のイメージに似た新しい金魚をつくり出そうとするけれど、思うようにいかず、失敗した金魚を池に投げ捨てまくり(~_~;)そして何年も経ってから理想の金魚となって泳いでいた…というような話だそうです。何かを造り出す、見つけ出す…そういう執念にとりつかれた人たちの一生って本人は挫折感さえも満足感に変えてしまうタイプ(M属性?)ではないかしら……まわりは大変そうですが(((^_^;)


時間があれば夜にでも《6月の本棚》を書きたいと思います~今日が皆さまにとってビューティフルサンデーでありますように!!




rohengram799 at 01:30コメント(8) 

2011年05月11日

第483号:カンソウのウタ

震災から2ヶ月経ちました。毎日新聞紙面に亡くなられた方の名前がたくさん…ひとりひとりにそれぞれの人生があり、まわりの方々とのつながりがあり…それらを思うとまた涙がでます。


岡本太郎氏の『母の手紙』も父・一平氏の葬儀の様子が最初に書かれています。常々「凱旋」と言っていたので、万歳三唱で父をおくってほしいと参列者に伝える太郎氏、立派な息子さんです。


留学中亡くなった母・かの子女史のことをどう息子に伝えたものかと思案する父親の気持ちや、親子というより同志のようなたくさんやりとりがあった手紙の言葉に胸が熱く苦しくなるほどでした。


「おかあさん、感情家だけではいけませんよ。生きるという事実の上に根を置いて、冷酷なほどに思索の歩みを進めて下さい」
お前は最近の手紙にこう書いた。私はおまえのいうことを素直に受容れる。だが、この言葉はまた、おまえ自身、頑なな現実の壁に行き当たって、さまざまに苦しみ抜いた果ての体験から来る自戒の言葉ではあるまいか。とすれば、おまえの血と汗の籠った言葉だ。言葉は普通でも内容には沸々と熱いものが沸いている。戒めとして永く大事にこの言葉の意味の自戒を保ち合って行こう。


かの子おかあさ~ん(;_;)


「血と汗の籠った言葉」…最近こんな力強い言葉を政治家から聞いただろうか?と思いました。そしてますます岡本一平氏、かの子女史、その息子である太郎氏に興味がでてきました。


そういえば、太郎氏が撮影した東北地方の祭りの写真集も本屋にありました。諏訪大社の祭などにも自ら参加し…すごいパワフル!!


ああ、突然『歓送の歌』の歌詞を思い出しました。


出会いのその日から
街の淀み消えて
星たちの輝きよみがえり
ぼくに力が
君のおかげさ…


魔術師、還らず…ヤンさん、カムバァ~ック!!←知らない人は華麗にスルーして下さいm(__)m


笑い声高めて
ふと襲う孤独を
胸底に沈めて
密やかな君の気遣い…


小椋佳さんの作品ですが、布施明さんの歌唱も素晴らしかったな~(^^)


若いからじゃなくて
夢に挑む事で
僕達に別れはないという
星を仰げば
僕達に別れはないという

心通えば…



【歓送の歌】
https://sp.uta-net.com/movie/13134/



rohengram799 at 23:00コメント(9) 

2011年03月28日

ひつじ雲便り405:明日、春が来たら…

このところの冷え込み、本当にもうすぐ4月ですか!?と言いたくなりますが…
「桜の花が咲きました!!」というブログ記事や写真をたくさん見せていただくようになりました。ただ、皆さま、やはり震災のこと、原発のことなどを考えて、お花見をすることをためらわれているようです。


『桜ばないのち一ぱい咲くからに命をかけてわがながめたり』


岡本太郎氏の母上、かの子さまの歌です。


お花見を皆さまで楽しまれるにしても、車窓から眺めるにしても、散歩道で見上げるにしても…どうぞ寒い季節を耐え、咲いた桜の美しさを「いのちいっぱい」にしてご覧いただきたいと思いました。


私も今日はじめて出逢いましたが、どんな花を見ても心にこの句を思い浮かべたいと思います。




rohengram799 at 00:08コメント(5) 

2011年02月19日

ひつじ雲便り386:実在

『ぼくはきみの心のなかに実在している。疑う必要はいっさいないさ。そうだろ。』(岡本太郎「強く生きる言葉」最後から)


岡本太郎氏がテーマなのは、昨日がお母さまの岡本かの子女史の命日だからかと思ってしまいました(笑)私は岡本太郎氏の『強く生きる言葉』が好きでよく読み返しています。その中から今回のテーマにあわせて、もうひとつ☆


『心のなかに生きている。その心のなかの岡本太郎と出会いたいときに出会えばいい。』


以前書いた岡本かの子女史の話もよかったらどうぞ!!

第17号:いのちに突き当たる



rohengram799 at 01:10コメント(16) 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

オスカー

QRコード
QRコード