2022年08月29日

夕菅雲便りNo.14:ヴィオロンの反逆の唄🎻

ヴィオロンの反逆の唄の流しかな

相島虚吼(*)「虚吼句集」より



昨日(8/28)は「バイオリンの日」だったそうで〜1880年(明治13年)のこの日、東京・深川の三味線職人・松永定次郎が国産バイオリンの第1号を完成させたことによる記念日らしいです。日本限定ですな。

バイオリンではないけれど、コントラバスを演奏する方のブログに「フレンチボウ」「ジャーマンボウ」と弓のことを書いていて、前者は優しい音が出せる、後者は力強い音が出せる…でも実際違いはないらしいです。
https://tacamablog.com/french-bow-or-german-bow/
自分に馴染むかどうかなんでしょうね。音楽にも疎いワタクシの頭には「ヤンボー!マーボー!天気予報♪」が浮かんでいます(*’O’*)

バイオリンつながりで『海に住む少女』という短編集に「バイオリンの声の少女」という話があるそうです。
海に住む少女 (光文社古典新訳文庫) >> https://bookmeter.com/books/555846

『世界堂書店』 というアンソロジーにも入っているのだけれど、久生十蘭の「黄泉から」が一番よかったので全く記憶にない💦
世界堂書店 (文春文庫) >> https://bookmeter.com/books/8035386

コチラも読んでみたいタイトルです🎻
お父さんのバイオリン >> https://bookmeter.com/books/4350521



(*)https://www.haginotera.or.jp/outline/people_aishimakuhi.php






rohengram799 at 16:50コメント(4) 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

オスカー

QRコード
QRコード