故事

2018年11月30日

竜潜雲便りNo.10:駑馬十駕(どばじゅうが)

ラジオから「どばじゅうが」という言葉が聞こえてきました。脳内では「土場十蛾」という、一面の菜の花ならぬ一面の蛾という、イナゴの大群と同じいえそれ以上のキモい画像が浮かんでしまいましたが、漢字は「駑馬十駕」です。「駑」は、鈍い・愚かといった意味をあらわし、「駕」は、乗り物やそれを操る事をあらわすそうです。


中国・戦国時代の思想家・荀子の著した書物・荀子の中で使われている言葉で、直訳では「鈍い馬が十日駈けて行ける距離」という意味に。全体の意味としては「駿馬が一日で走る距離も、駄馬でも十日間駈ければ行く事ができるとなり、転じて、才能の貧なる者も努力次第で多才能な人間に並ぶ事ができる」。


隠れた意味として「駿馬も目的なく闇雲に駆け回っていては何の役にも立たたず、駑馬がゆっくりでも一歩々々真っすぐに目的地に向かう方が早く着く」というのもあるようですが。




「第68回 全国小・中学校作文コンクール」の受賞作品の3作品が昨日の読売新聞に載っていました。この
作文コンクールは、ノーベル賞作家・川端康成や童話作家・坪田譲治らを審査員に迎え、1951年にスタート。国内外から3万点を超える応募がある、日本一の作文コンクールで、テーマや枚数に制限がないことが最大の特色だそうです。私が印象に残ったのはコチラの作品。特に最後の文章がよかった。


http://kyoiku.yomiuri.co.jp/torikumi/sakubun/contents/682.php




あまり更新できないまま、11月も終わりになってしまいました。来月もこの「竜潜雲便り」のままでマイペース更新をしていきたいと思います。今月もお付き合いいただき、ありがとうございました。また来月もどうぞよろしくお願いいたしますヾ(´ー`)ノ






rohengram799 at 16:14コメント(4) 

2012年07月09日

あかね雲便りNo.84:歩く姿は…

今日は梅雨の中休みだそうで…らしいですが、今年は休みが多いなぁ~と感じる関東エリアであります。


昨晩、ちょっと漢和辞典と格闘していた時に(((^^;)『金蓮歩(きんれんぽ)』という言葉に目が~なんですの?コレは…で読んでみますと


「南史(斉本紀)」より~中国南朝の東昏侯(とうこんこう)が潘妃(ばんき)に金製の蓮華の上を歩かせた故事による~美人のあでやかな歩み。蓮歩。


「歩く姿は百合の花」という言葉はありますが、こちらは姿勢で足の運びを表したのが「金蓮歩」ですかね?しかし、オヤジ(決めつけている)のやることはワケがわかりませんな('~`;)「歩くたびにハスの花が咲く」とおもしろがったそうです。


同じハスならば『三室戸寺 ハス酒を楽しむ会』の記事をosamuさまのブログをお読み下さいませ。こちらは雅でありますよ(*^^*)


http://osamu.blog.eonet.jp/weblog/


そして、なんと!!薔薇の品種に「金蓮歩」がありました。見頃は過ぎてしまったようですが、記事内の写真でお楽しみ下さい♪

http://kanazawa.keizai.biz/headline/1800/


美しくあでやかな花をながめて、少しでもさわやかな気分の月曜日になりますように!!





rohengram799 at 12:19コメント(9)トラックバック(0) 

2012年05月12日

あかね雲便りNo.11:知音女房

昨日また“はじめまして!”の言葉に出会いました。『知音』(ちいん)です。意味は、自分の心をよくわかっている人。親友。知人。


『知音』は[列子(湯問)]などの故事に由来します。中国春秋時代、伯牙(はくが)という琴の名手がいました。友人の鐘子期(しょうしき)が死に、伯牙は自分の琴の音をよく理解してくれる者がいなくなったと嘆き悲しみ、琴の弦を切って二度と弾かなかくなりました。そこから、自分を知ってくれる人や親友を「知音」というようになり、よく知る人の意味から、恋人、女房、知人などにも「知音」が用いられるようになりました。


私、エピソードは聞いたことがありますが(多分マンガとかで読んだのでしょうなぁ)「知音」という言葉は知らず……「知音女房」という言葉を見つけて、ナンだろ?と思ったワケです。恋女房はきいたことはありましたけど…恋女房だと一方通行な雰囲気が多々感じられるけれど、知音女房だと相互理解で夫婦関係がワンランクアップ(^-^)/な気がするのは言葉に対する偏見でしょうか?(((・・;)


私など知音は知音でも“電子レンジフル活用の「チーン!!女房」か、日々とんでもない方向に変化している「変珍女房」 のような気が致しますわf(^_^;




rohengram799 at 10:26コメント(11) 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

オスカー

QRコード
QRコード