熱帯魚

2011年05月30日

第502号:やれやれ、君たちはいつもそうだよ(-_-)

以前書きました第495号:淋しい熱帯魚のその後ですが…すでにネオンテトラちゃん全滅のようで姿がなかったそうです(T-T)


他のお魚たちも白点病(´д`)お薬を投入したらしいのですが「水が汚れるのがイヤだから」で規定の分量より少なめらしいです…やっぱりね…であります。


自信満々だった「いきものがかり」の新人社員クンが昨日朝礼担当でしたが、お魚については何も言わなかったです。亡くなったテトラちゃんたちはどうしたのか、今後残された熱帯魚はどうするつもりなのか?


「コチラが言ったことを全員に伝えてもらえませんか?何かあったてもすぐ知らないとか聞いていないって言うし…普通は何かあったら(例えば修理が必要な場所がある、いつ業者さんがきてくれるとか)みんな(せめて社員全員)に連絡するのが当たり前じゃないですか?」と言ったら「何でそれが当たり前だと思うんですか?」と返答した彼…アゼンボーゼン((・・;)私がおかしいですか!?


何のための朝礼や終礼なんですか?何のためにインカムつけているんですか?くだらない世間話をするためですか?ここが医療機関でなくて良かった!!キミが医療従者でなくて良かった!!と本気で思いました…病院で申し送りがなかったら患者さん、(;_;)/~~~の可能性大ですよ!!


「困ったらケータイがあるから、その担当者が休みでもケータイに電話すればいい」という店内ジョーシキがあるみたいで「オレは担当者じゃないから知らない」とみなさん、平気で言います…よっぽど重大な案件を任されているならともかく、日常業務での秘密主義ってなんなんですかぁ(゜□゜)


この前はとある荷物(といっても封書サイズ)が見つからなかったらしく、清掃担当のこちらにこんなメモがきました。


「××しりませんか?一週間くらい前に届いているはずなんですが、誰も知らないって言うんです。そちらで預かっていませんか?」


申し訳ないですが、私たちは荷物だけでなく郵便もノータッチで、受け取るのは事務所にいるスタッフです。メール便で届く私たちの給与明細だって、ずっと事務のおね~さんが持っていて、こちらが「届いてませんか?」ときくまで渡してくれなかったじゃないですか(;o;)


あちこちに電話した結果、某マネージャーが引き出しにしまったままだったことが判明しました(--;)


あの…一般企業でもこれは成り立つんでしょうか?お客様にお茶を出すのにトレイ(お盆)がないから、少し厚い雑誌みたいなものの上に乗せて持っていこうとするとか、事務所にスタッフが「ちぃ~っす!」と入るとマネージャーも同じように返事をするとか…。たとえ一回でもそんな場面を目撃することってあるんでしょうか…。


来年の今頃は違う職場にいたい(~_~;)



rohengram799 at 11:19|PermalinkComments(14)

2011年05月23日

第495号:淋しい熱帯魚

お花に水をあげることをせずに「枯れちゃったね」と平気でいうお店の方々が、今度は熱帯魚を飼うと聞いておくちあんぐり!!になったオスカーです(((・・;)


それも『お客様に癒しの空間を♪』的に店内にスペースを設けるのではなく、事務所内の応接室に置くそうです…いや、もう置いてあるみたいなのですが、応接室のドアはいつも閉められていますので、事務所にいったからネオンテトラちゃんたち(他にもいるらしいですが、名前が覚えられない)に逢えるわけではないのです。


みんなに見てもらえる機会が少ないとは…『淋しい熱帯魚』じゃん('~`;)なんて思ったワタクシですが…。


しかし、停電になった時に魚ちゃんたちはどうなる?どうする?と気になります。夜中の地震で停電とかあり得ますし…。夏場の電力供給だってまだはっきりしないので、計画停電になった場合はどうするのか!?


不安いっぱいなのできいてみても『大丈夫ですよ』で終わり(--;)だってみんなが熱帯魚飼育経験者ではないでしょ!?…本当に大丈夫なんでしょうか(~o~)「エサはちゃんとあげて、きちんとお世話して下さい!!」と、それはしつこく伝えました。


ところで、熱帯魚って姿形から恋する乙女心に例えられるんですかね?


ご存知でした?『恋の熱帯魚』(1969年、作詞・作曲:浜口庫之助!)なんて歌があるのを(((^^;)私は『淋しい熱帯魚』(Wink)か『熱帯魚』(岩崎宏美)くらいしか思い浮かばなかったので、ちょっとオドロキです(笑)




rohengram799 at 14:33|PermalinkComments(16)