白石一文

2011年02月02日

ひつじ雲便り367:永遠のとなり…(-。-)y-~

今日は、この前買った白石一文さんの文庫本『永遠のとなり』を通勤&休憩のおともに選びました。


早速開くと、何やら表紙の折り返しに紙がはさまっている……領収書……しかもキャバクラとかラブホではなく(えっ!?)個人名で、但し書きは『除草代』…全く面白味がないっ( ̄^ ̄)!!


せめて『女装代』ならわらえるのに…と思っていたら、もう一枚のメモを発見!


それには領収書を書いたであろうオカダ××さんの住所と電話番号(自宅)が~オイオイ、いいのかな?個人情報保護法とかどこにいったぁ! 売りにいったMさん(領収書の宛名)もだが、買い取った方も何の確認もしないのか~怖いぞ (´゚ω゚`)


買う時に私はタイトル、表紙のデザイン、裏表紙のあらすじくらいしかチェックしません。中身を見るのは、前に読んだかなと不安な時と、字の大きさを見る時くらい。(余白が多く、字が大きいのはイマイチ)
私も気をつけようっと~しかし、どうしようかな(-_-;)


紙様、パルプじゃなくて神様、ヘルプ !! ←おやぢだぁ!




rohengram799 at 10:39|PermalinkComments(7)