備忘の果実 〜オスカー戯言日記〜

好きなことを好きな時にチマチマと書いています☘️

タグ:砂糖の日

今日は東京大空襲から78年。

53の演目が「禁演落語」として封印された一方で、
「産めよ増やせよ」のスローガンに沿った「子宝部隊長」、「隣組」の重要性を訴えた「隣り組の奥さん」、貯蓄や債券購入、献金を奨励する「女夫(めおと)貯金」などの国策落語が生まれた戦時中。「芝浜」も改作されて「新芝浜」に。

今は「自由」という名前の元に芸能人、政治家、皇族……あらゆる出来事、人物に悪質な言動が目立つようになってきました。ネットの匿名性からでしょうか、親の仇ですか?というくらいに信じられない言葉を見聞きすることも……嘆かわしいです。


◆甘い生活 
今日は3月10日なので砂糖の日だわ、と野口五郎さんの「甘い生活」を懐かしく思い返して、以前も解体替え歌もどきを手直ししたりして🥸 字数はあっているかしらん?
https://www.uta-net.com/movie/348/

子どもが食べない 大量のお菓子は
見ないままでいればよかった
ダイエットするんだから!と強く心に
誓ったのは今年で何度め
“一口食べればそれで満足”と
手に取ったのが間違いだったわ
大福にチョコレート ポテチ
やめられない とまらない 
決意は砂糖の城ね
3日も持たず 欲望に溶けていく 


気温が高くなり薄着の季節に〜いろいろヤバいわ💦


「甘い生活」というタイトルの歌がいくつかあって、その中でも奥村チヨさんのはかなりのインパクトがありました(⁠☉⁠。⁠☉⁠)⁠! 「終着駅」とか好きだったけど、この歌は知らなかったです。

甘い生活 奥村チヨ
https://www.uta-net.com/song/104704/



皆さま、今夜もWBCをご覧になるのかしらん? 昨晩、ダンナさんが叫んでうるさかった……勝つのは嬉しいことですが😅

今日は3月10日で《砂糖の日》…山頭火の日ではないのか…などと思っていたオスカーです。昨日は3・9(サンキュー)《ありがとうの日》で、アリさんたちが大活躍しそうな二日間…『伝説の巨大あんまんを運べ』のアリの勇者である“アリヤマ・アリロウ”もバリバリ働きそうです(((^^;)


桐野夏生さんの『東京島』の中で無人島を無尽糖と置き換える場面があったのだけれど、「砂糖が尽きない壺」とか「砂糖で造られた島」とかメルヘンというより怖いんですが(--;)←こんな話ではないのでお間違いなく!!


「砂糖」というと《Sugar(シュガー)》も思い出しますね♪『ウエディング・ベル』~あんなきれいなコーラスで、結婚した元恋人に悪態をつく歌詞のすごさ…というより元カノを招待する男の神経に驚きでありました。それとも、彼女が勝手に「教会の一番後の席に」座ったのでしょうか…(((・・;)
私はメンバーの中ではモーリ(毛利公子)が一番好きだったので、亡くなった時は本当に驚きました(;_;)


それから、昔むかし《花とゆめ》という雑誌に高野まさこさんが『シュガーベビー』という漫画を連載していました。可愛い女の子と犬のホットドッグ(実は天使)の物語。願掛けでキライなトマトを食べる姿がとてもいじらしかったのを覚えているのですが、今はなかなか手に入らないコミックスになってしまったようです。


今日はダラダラと“激甘”の一日を過ごしてしまったので、明日は『甘い生活』くらいにしたいと思います…好きだったな、ゴロ~(笑)


♪台所に山積みであふれた菓子は このまま誰かにあげよか
ダイエットをするとダンナに高らかに宣言した日はいつだった?
“一口食べればそれで満足”と甘いチョコを口にした
今では体重計を横目に眺めては通りすぎる
決意は砂糖の城 アッサリと、溶ける痩せる決意よ…


↑このページのトップヘ