藤田宜永

2024年02月11日

早梅雲便りNo.11∶自分勝手

こんにちは🐥


昨晩から小池真理子さんの『月夜の森の梟』を読んでいます。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001340.000004702.html


単行本で発売された時から気になっていましたが、文庫を見つけたので。ダンナさまの藤田宜永さんの小説は多分3冊しか読んでいないのですが、繊細な人という印象でした。母親との確執があったことをこの本で知りました。
淡々と書かれているけれど、一言一言が重い。辛い。ふたりからひとりになるってこういうことなんだと感じています。

https://honto.jp/ebook/pd-series_B-MBJ-27970-126464595-001-001.html


🐦


小池さんたちも愛猫家。猫ちゃんたちがいなくなった藤田さんの枕を取り合う様子とかせつなくほほえましく……。
こちらは永窪綾子さんのネコの詩です(ΦωΦ)



『自分勝手』    永窪綾子


世間知らずの
我が家の箱入りねこ娘
「いま 幸せかい?」
と たずねると「ニャオ-」
と 大あくびして答える

通じているのか
いないのか
わからないけれど……

「そうか 幸せか」と
頭をなでてやる
すると 目を細め
「ニャオ!」
と また 自分勝手に答える


🐦


1話の分量は少ないけれど、うわぁ~な医者が出てくる漫画。まだ序盤しか読んでいないけれど、こういう医者に執刀されたくない😱😱😱

【脳外科医竹田くん】
https://dr-takeda.hatenablog.com/entry/2023/01/24/%E3%80%90%E7%AC%AC%EF%BC%91%E8%A9%B1%E3%80%91%E5%B1%A5%E6%AD%B4%E6%9B%B8


🐦


ダンナさんの職場ではまたコロナ患者さんが……テレビではインフルが流行って大変、花粉症が大変!でもお出かけしてね✨みたいな話題がたくさんですが、まだまだコロナで大変な医療関係も多いのです。

皆さまもどうぞお身体大切に! 気をつけ下さいませ🍊


永窪綾子さんの切り絵の「アマビエ」
https://www.tokyoyabu.com/2021/07/23/post-769/





rohengram799 at 09:30|PermalinkComments(2)

2020年01月26日

献春雲便りNo.26:お泊まり

小学生の頃、学校で宿泊授業(?)がありましたが、大人になった今も学校に泊まれるんですね🚄👜

https://icotto.jp/presses/17320?lid=sns_press_3

山梨にもあるとは知らなかった。一度、行ってみたいですわ。



今日はまた冷えますね🐧

「飛雪千里(ひせつせんり)」という四字熟語がありました。非常に激しく吹雪く様子のこと。雪が千里先まで飛んでいくという意味。いろんな字体、書き方がありますが、こちらは見ただけでは何が書いてあるのかわからない気がする(;^_^A でも、心惹かれてしまう。

http://y-tagi.art.coocan.jp/galle076.html


こういう字体にこういう名前があるのか!というブログを見つけました。本のタイトルも気になるものがたくさんありました。

http://mojiniwa.blog.jp/?ref=head_btn_home&id=6760144



『大雪物語』という短編集を読んでいます。「大雨物語」とか「大風物語」では多分買わなかっただろうなぁ…と思いながら毎晩ひとつ読んでいますが、今夜で終わり……ちょっと淋しい気がしています⛄

http://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000327612


作者の藤田宜永さんは小池真理子さんのダンナさまですが、小池さんよりも繊細なものを書くイメージがあります。『樹下の想い』はとても好きな作品。

https://blog.goo.ne.jp/goo221947/e/683253573128cd015b57f3506f456bc8



rohengram799 at 10:15|PermalinkComments(2)