谷村志穂

2014年03月10日

東雲便りNo.8:YELL~エール~の残照

メガネが新しくなり白髪が倍増して見えるワタクシ(もともとあったんでしょうが、ボヤけて見えていたのでしょう)谷村志穂さんの『黒髪』を読み終わりました。1930年の函館、高田さわはロシア人家庭に女中奉公に…そしてダンナ様のドミトリーと不倫関係に……! 自分の外見に疑問を抱いていた主人公が実母であるさわの過去をたどるのですが、自分も孫のいる立場になっているので家庭内で多少ギクシャクしたところも…。なかなか読みごたえがあり満足いたしました。


昨日は本屋に行き、脳を活性化させるドリルを買うつもりだったのに中古本他を購入してウヒャヒャ♪で帰宅しました(笑)
『エール!』というお仕事小説アンソロジーの1(大崎梢、平山瑞穂、青井夏海、小路幸也、碧野圭、近藤史恵:3まで出ているようなのですが)を読んでいるところです。漫画家、通信講座講師、プラネタリウム解説員、ディスプレイデザイナー、スポーツ・ライター、ツアー・コンダクター……自分の知らない仕事を知る楽しさもあるし、読んだことのない作家さんに出逢えるのもワクワクする「働く女性たちへの応援小説」ベタだろうがなんだろうが、こういう話は好きです(笑)


♪現実と夢が今 遠くかけ離れていても そう 無駄じゃない その姿を 遠い場所で 誰かが見てるのさ


なんとなくコブクロの《YELL~エール~》を歌いたくなる……!! 記事タイトルは昔宝塚で上演された『エールの残照』からいただきました。このエールはアイルランドの意味でありますが……綴りが違うし(-o-;) 「残照」とは日が沈んでもなお空に残っている光のこと。長い月日がたっても、誰かが自分のためにくれたエールがずっと残って、ああたたかい余韻を残してくれるありがたさ。そしてなにかのご縁で私のブログにたどり着いた方に、エールになる記事、一言があったら嬉しい……そんな願いをこめてつけてみました。



♪今 君は門出に立ってるんだ 遥かなる道をゆくんだ
誇り高き勇者のよう 風立ちぬその道のどこかで
君を探してるんだ 誰かが君を待ってるんだ
思い描く夢のもよう いつの日にかその目に映せ……






rohengram799 at 16:02コメント(9) 

2012年04月18日

ひつじ雲便り603:顔晴る1日f(^_^;

朝の空気がヒンヤリ~なんとなく夏の朝の空気感がありました。昨日は雷が鳴ったり、突然大雨だったりでしたが、今日はどうかなぁ?


仕事に出かけるダンナが

「お母さん、ガンバれ~p(^-^)q」

と言ったのですが…「ガンバる」→「頑張る」ではなく「顔が晴れる」と書くといいよ♪なんて言葉を思い出した後、「顔が腫れる」だと文字通り『ナイス・ファイト!!』だな( ̄ー ̄)なんて思ったワタクシです(笑)


そして、ホームセンターのチラシでも『桃太郎ファイト』なるトマトの品種を見ました!お花もいろいろあり、ブラックペチュニアなんて悪役レスラーか戦隊モノの悪い女性キャラみたいな色合い~わざわざそんな色を造り出さなくても~と思ってしまいました('~`;)


そうそう、昨日は中古本半額の日なので、本屋にいきました。ちょっと厚めの『1/2の騎士』(初野晴)と映画化もされた『余命』(谷村志穂)を手にとりレジへ~「300円の半額だから150円」!!と思っていたら100円だった!!値段を下げたらしい~ラッキーでありました♪


皆さまにも、思わずうふふ(^.^)となるような楽しい出来事がひとつでも多くある1日になりますように~(*^^*)




rohengram799 at 08:40コメント(9) 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

オスカー

QRコード
QRコード