赤江瀑

2016年07月28日

布雲便りNo.28:溽暑(じょくしょ)の読書

関東・甲信越も梅雨明けしたらしいとのこと……梅雨らしい1日雨の日がほとんどなかったので、なんかへんな感じです。


「褥暑」という言葉があります。褥瘡(じょくそう・別名「床擦れ」)の漢字と同じ暑さ、グジュグジュ&ジメジメした感覚がよく伝わります……季語にまだ「猛暑」はないようですが、「大暑」「酷暑」「極暑(ごくしょ)」「炎暑」などがあるそうです。次の句など、足のムレ具合が想像出来てイヤだわ……絶対、水虫になるよ!って思ってしまう(´-ω-`)

『これやこの厚底靴に溽暑くる』(林翔)



昨日はまた読みかけにしていた川端康成の『伊豆の踊子』(新潮文庫)を読みきりました。「伊豆の踊子」は私が思っていたより娘さんが子どもだった! 最後に収められていた「禽獣」を残して放置していたのすが、きんじゅう……濁音がなければ「錦繍」で宮本輝さんのあの美しい小説になるのになぁ…と思っていました(笑)


主人公は、40歳近い独身男性。名前は最後まで出てきませんでしたわ。女中とふたりで優雅とは違うかもしれないけれど、まぁのんきに暮らしをしています。彼は人間嫌いで、人間嫌いである自分自身をも嫌悪しています。身の回りには小動物を置きたいタイプですが、愛情は感じられません。別に虐待するためにペットにしているわけではないのですが、積極的に救おうという気持ちは感じられません。だから犬や鳥などが好きな人は読むと不快というか、なんでそんなことするの?と思うんじゃないでしょうか。


キクイタダキ、という小鳥が出てきます。全長10cmで,日本の鳥のなかではミソサザイやヤブサメと並んで最も小さい鳥です。体はオリーブ色で,頭頂に美しい黄色羽があり,キクの花を戴いているように見えるのが名前の由来です。
http://www.suntory.co.jp/eco/birds/encyclopedia/detail/1410.html


可愛らしい小鳥の後にナンですが、禽獣というと私は赤江瀑さんの『禽獣の門』という耽美小説を思い出します。能役者が主人公の妖しく美しい作品ですが、受け入れられない人には絶対ムリ!で理解しがたいと思います。まぁ今は古本屋でないと赤江さんの本は見なくなりましたから(もう鬼籍の人)読みたくてもなかなか手に入らないかも。


婚活やら妊活やら脳活やらいろいろな「○活」がありますが、『善活のすすめ』という本の広告を見ました……「善活=慈善活動」なんでしょうが、略してまたあえて本にするとは……。まだ「ボランティアのすすめ」とか「すぐ出来る社会貢献」とかの方がよかった……善意が安っぽくより偽善的になった気がする……って私がダメ人間だから?



今月もあとわずか、その間に読みかけ放置本を何冊読めるかしら……結果は月末の記事をお待ち下さいませ(; ̄ー ̄A)






rohengram799 at 15:17|PermalinkComments(8)

2014年07月13日

美雲便りNo.15:壇蜜にあらず(; ̄ー ̄A

昨日と違い今日は曇り空……気温が低いのにムシムシする~やはり梅雨なんですね(;´д`)


今日は篠田節子さんの『廃院のミカエル』を読んでいます。篠田さんは国内外の美術関係の作品が多いので好きです~皆川博子さんよりアッサリした耽美系というのでしょうか? 商社現地社員の美貴は、ギリシャで口にした蜂蜜にビジネスチャンスを見出し、通訳の綾子や偶然知り合った壁画修復士の吉園とともに産地の村を目指します←今はここまで(´∇`) 途中で廃院となった修道院に迷い込み、独居室の壁に描かれた大天使ミカエルの絵を見つけたことであれこれ事件が起きるようです。廃院となったあの場所が修道院として機能していた時に何があったのか? ドキドキしますね!!


ミカエルというと川原泉さんの『笑う大天使』を思い出しますが、映画化はやめてほしかったです(~_~;)見た人とかいるのかしらん? 英語の人名マイケル(Michael)、ドイツ語のミハエル、ミヒャエル(Michael)、フランス語のミシェル(Michel)、スペイン語・ポルトガル語のミゲル(Miguel)、イタリア語のミケーレ(Michele)、フィンランド語のミカ(Mika)などは、ミカエル様に由来するそうですね。日本人でもミカちゃんていますが、ミカエル様からという人も多いのかしら? 漢字もたくさんありますしね。私の知っている人では美佳・実香・美加・碧華でしょうか?


あと菓子職人の守護聖人とされていて、フランスでは、その名をとった「サン・ミシェル」と呼ばれるケーキが生まれているとあったので調べてみましたが、お菓子屋さんの店名ばかりがヒット!
「フランスでは日持ちの良い焼き菓子のことを ガトー・ボワイヤージュ”旅行用のお菓子”と呼んでいます」ということはわかりました( ̄▽ ̄;)


さて、物語冒頭で気になった蜂蜜は《硬蜜》といいました。詳しくはコチラをどうぞ。


http://www.yakumitsu.jp/pdt/koumitsu/


サイトにもあった和名の「ナギナタコウジュ」はコチラです。


http://www.geocities.jp/mc7045/sub230.htm



蜂蜜を保管しておいたら、あれ~なんか下の方に白い物質が……ということがありますね。「古くなった」「食べられない」「本物」「偽物」など言われていますが、これは「ブドウ糖の結晶」なんだそうです。蜂蜜の中にはブドウ糖と果糖が多く含まれていて、その中のブドウ糖は季節的的な温度変化によって状態が変化します。購入した際にはサラサラだったのに、気がつくと結晶が出ているのはまさにそのためです。この場合、ボトルごと70℃未満の湯煎にかけてゆっくり溶解すると元の状態に。急いでいても熱湯はダメ! 折角のビタミンなどが熱により壊れてしまいます。結晶もそのままのど飴のようにして食べるのもいいらしいです。



蜂蜜で思い出しましたが「ミツツボアリ」っていましたね。アリとカンロ飴が合体したようなヤツ!!
検索する時にアリをカットしてしまうとエロいことになりますので、ご注意下さいまし←このおやぢの忠告がすぐに理解出来た方はおのれの頭をペチペチしましょうね( ̄0 ̄;) ちなみに私は皆川博子さんの小説でこの言葉を知りました。赤江瀑さんの作品『殺し蜜狂い蜜』も高校生には刺激的な作品でした。


「蜜」という倒錯した甘美さは「壇蜜さま」からも感じられますね。「読書は心のコスプレ」とは彼女の言葉ですが、ワタクシ、生涯コスプレーヤー宣言しますわ(≧▽≦)






rohengram799 at 15:32|PermalinkComments(12)

2012年06月19日

あかね雲便りNo.59:明日と明後日

台風直撃の日程になってしまいましたが、明日は新月、明後日は夏至ですね。


「新月」は新たに物事をスタートするタイミングに良いとされているので、給料日のワタクシは気を引き締めて余計な出費を抑えるべく…って何回思ったことか(´д`)本当に貯蓄に向かないというか、お金の管理が出来ない…消費税やら値上げやら、梅雨時の空気の悪さもプラスされ、頭ガンガンでですわ(~_~)そして明後日は「夏至」!古代から特別なパワーを受け取ることができ、見えない世界とつながりやすいと言われているそうです。占い関係の人には商売繁盛の時期なのかしら、などと思ってしまいましたf(^^;


「見えない世界」とかいうと、今、高橋容疑者が逮捕されたことで、またオウム心理教関係の映像が流れているじゃないですか?アレってどうなんでしょうねぇ…「思い出すから止めてくれ!!」という元信者や親族の要望があって、一時期はある程度自粛していたようですが。


話は変わりますが、私の好きな作家さんの1人、赤江瀑さんが亡くなってしまいました。ひとり暮らしで助手の方が居間で倒れているのを発見したとか…。なんとも悲しい気持ちです。本棚から『マルゴォの杯』を取り出して、読もうかしら……合掌。




rohengram799 at 17:40|PermalinkComments(16)TrackBack(0)

2011年12月24日

第656号:闇が深くなるのは…

今月10日は満月で皆既日蝕でしたが、今度はクリスマスで新月~暗闇の中、ツリーの星がひときわ輝くような気がしますね(*^^*)


明日25日の夜明け前と言えばいいのでしょうか、午前3時10分頃が新月~願うと実現しやすいことは「老後の安定」「責任」「目標達成」「処理能力」などらしいです。キーワードみたいなものですから、その人の現状により解釈はかわるでしょうね。でも「老後の安定」はひっかかるわぁ(((^^;)


少し前の新聞に新月に合わせたわけではないでしょうがく(((^^;)《深井月》という能面が紹介されていました。画像はこちらからご覧下さいませ。


http://www008.upp.so-net.ne.jp/tanuki/noumen/nou_koomote.htm


くり貫かれた目の部分はやはりコワイのですが、ちょっと厚いクチビルが百恵ちゃんぽくてセクシー♪とかアホなことを思っております(^.^)


ワタクシが<孫次郎>という名前を初めて知ったのは、のがみけいさんの『阿修羅花伝』というマンガでありました。その後、赤江瀑さんの小説を読むようになり、「この作品がマンガになったんだ~」と、ちょっと感動(^O^)


物語は京都・嵯峨野の神社から始まります。能の家元とその補佐役の二人が神社にいった時に《孫次郎調伏》と書かれた御札を見つけます。<孫次郎>は女性を表現する代表的な能面で、家元が次の重要な舞台『野宮』を舞う際につける能面でありました。そして能面《孫次郎》に取りつかれたように、面を造り続ける一人の青年は…続く(笑)


この《孫次郎調伏》という言葉、非常に印象的だったのでした。しかし、当時の私(多分中学生)には「なにそれ?」で理解出来ず、のがみけいさんも好きな漫画家ではなかったのに(--;)なぜその単行本を買ったかも記憶になく……その後、皆川博子さんなど耽美な作品に出逢って、今では「調教」と読み間違えるほど成長いたしました( ̄ー ̄)


ああ、私の前途も新月の晩のように真っ暗闇に('~`;)……いえいえ、「闇が深くなるのは夜明け前」オスカーの夜明けは必ずくると信じております!!←もともと深刻に悩んでいないから大丈夫(笑)



追記 貼り付けたサイトの深井面が見られないようなのでコチラで→http://www.tamagawa.ac.jp/museum/archive/2007/192.html



rohengram799 at 20:30|PermalinkComments(10)

2010年09月15日

第265号:読書の秋ですね♪

本って本当にいいですねっ(^o^)/ ベタベタに手垢まみれのセリフを言いたくなるくらい、今日読んだ本はおもしろかったです!!

『天使の屍』貫井徳郎 角川文庫

私はいつも一度カバーをはずした状態の単行本をみるのですが(どんな趣味だよ~)「そう、コレコレ~カドカワ~」とまず満足(笑)

思慮深いはずの中2の息子が突然飛び降り自殺。真相を追求する父親だが、次の自殺者が…。「14歳」という、摩訶不思議な世界の子どもたち、そして理解しようとしながらも、同じ位置には立てない大人たち。ミステリーに分類されるのでしょうが、私はそういうのはあんまり考えないタイプなので…(((^_^;) 貫井さんの本は二冊めですが、期待通りハズレなしで、星3つです☆☆☆(笑)


もう一冊は『向日葵の咲かない夏』道尾秀介 新潮文庫…ヒモのしおりと葡萄マークがたまりませんわ! こちらは、初めて読む作家さんで、今から楽しみです!!

子どもに「お母さんの本を選ぶ基準がわからん…」と言われましたが(--;)まずはタイトル!! 江國香織さんの『流しの下の骨』とか赤江瀑さんの『ニジンスキーの手』とか…。 他は書評を読んで関心をもったもの、装丁の綺麗なもの(特にハードカバー)かな~。 あと、文庫の裏表紙のあらすじですかね!?

高村薫さんの『李欧』なんて……

《惚れたって言えよ―》

はうっ…やられましたっ!!(爆) この一言で即「お買い上げ~」でしたね!(確か講談社文庫) 斎藤一人さんが「中身で勝負!というけれど、外見も大事だよ~ん。まず、関心を持ってもらわなくちゃ~ね!!」みたいなことを書いていたと思うのですが、本もそうだし、ブログにも共通すると思いました。ブログに使うイラストやタイトルなど~まずは興味を持ってもらわないとはじまらないですからね(^o^)v

あら、話がズレまくりましたね(((・・;)失礼しました!    皆さまのおもしろかったと思う本、ぜひ教えて下さいませ(*^^*)





rohengram799 at 22:41|PermalinkComments(5)