防衛ホーム新聞社

2011年05月12日

第484号:赤い一文字

昨日はワタクシの大好きな土方さんの命日、今日はナイチンゲールの誕生日で『看護の日』でもあります。これをムリヤリ結び付けて…というワケではなく、前から書こうと思っていた陸自衛生学校『彰古館』のお話を(((^_^;)


『彰古館』は、軍事医療に関する歴史博物館です。自衛隊の教育機関に所属する資料館ですが、あらかじめ予約をすれば誰でも見学出来る開放された施設です。


私は昨年発行された《歴史群像》No.103で初めてその存在を知りました。明治10年に描かれたという西南戦争の衛生隊の兵士を描いた絵、背負っている医療背嚢(リュックみたいなもの)には赤十字のマークはなく、赤い横一文字マークが。日本がジュネーブ条約に加盟したのが明治19年なので、まだ赤十字は使用されていなかったんだそうです。ほぉ~小学校で習った「赤十字の父アンリ・デュナン」をなんとなく思い出しましたわ(((・・;)


最古の臨床用エックス線装置や乃木大将が考案したという、戦傷者のための義手なども展示されているようです。


日清戦争時に日本赤十字から派遣された看護婦(今は看護師)さんたちの写真、髪をきっちり束ねてお顔もキリッ!!としています。緊張のためかもしれませんが、軍艦見学のご婦人方とは当たり前ではありますが、全く違います。


当初は、浴場など女性用の施設を設けることが困難という理由の他「名誉の負傷が女の手で汚される」という意見まで出されて反対されたそうです。徐々に彼女たちの優秀さが認められたそうですが、そういう時代だったんですよね。


今は身体も心も、手と目で護らねばなりません。ありとあらゆる「いのち」のために何ができるか、考える日でもありますね。


続きを読む

rohengram799 at 17:22コメント(12) 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ